【アクセストレード】
アフィリエイトのアクセストレード

OTMGirls:きゅんきゅん世界 ~スポットライトは自ら得る物~

OTMGirls:きゅんきゅん世界邦楽レビュー
邦楽レビュー

OTMGirls (オーティーエムガールズ) 配信シングル「きゅんきゅん世界」。

前作「アグレッシブガール」から1年3カ月。センターのマナカ、癒やし系のミギー、ヒダリーからなる3人の地下アイドル久しぶりの楽曲。

地上に上がり”きゅんきゅん”になるためのキラキラを聞かせてくれます。

きゅんきゅん世界 収録曲概要

「きゅんきゅん世界」収録曲は以下の通り。

  1. きゅんきゅん世界
  2. This Kyun-Kyun World (English version)

前作「アグレッシブガール」と同様に、English ver.も収録。サンリオのキャラークターということで、地下アイドル設定ながら幅広さのある活動。

アニメはNetflixで現在も展開されていますから、日本のみならず海外を含められる活動をすることにしっかりと意味があるのでしょう。

また今作はアグレッシブ烈子が含まれないからこそ、怒りではないキラキラが溢れ出るための表現であるのが特徴です。

きゅんきゅん世界

私たちが目指すのは「きゅんきゅん世界」。(1曲目)

今は”きゅんきゅん世界”の住人ではない私たち。今すぐには届かないとしても、実際に存在する世界だからこそ、見ぬふりをするのではなく目指したい。

そのために何が必要なのか知り、向かっていくキラキラを感じさせてくれます。

届かぬ想い ただ隠し続けていた
踏み出す勇気

地上地下を含め飽和状態のアイドル業界。ふれあいが重要素となる場合が多かったからこそ、ここ数年の自粛状況というのは大打撃!

解散するグループも多かったですし、迷いを生んでしまう時でもありました。それでも表に不安を見せずに前と進んだ時こそ、見えてくることがありそうです。

素直になれない日も
笑顔になれるように
ケーキ食べいこーよ

大変な時は間違いなくあるもの。それでもキラキラであるために、自分にご褒美を与えてみる。少しの時間でも喜びが得られるのは、いい感じです。

表の顔では笑顔でいたいからこその行動。夢を与えるアイドルならではかも。

そんな君も君で(美しい)
自身持って ばちくそでいい

とても、ものすごいの意味を持つ”ばちくそ”。魅せられる自信を持った上で、今できる全力で歌でありダンスをするのがアイドルの良さでもあります。

トップアイドルになるために必要な、キラキラ。それぞれが持つ素材の差はあっても、大きく輝くかは意思と行動によって変わってくるのではないでしょうか。

曲も歌詞も短いですが、描かれている世界観は面白いものがあります。余計な説明がない分、聞こえてくる音以上に深さを感じさせます。

それでも表面上はキラキラが溢れた形。これはアイドルソングですね。

This Kyun-Kyun World (English version)

「きゅんきゅん世界」English ver.「This Kyun-Kyun World (English version)」。(2曲目)

English ver. といってもそのままそのまま英語に置き換えたのではなく、メロディーに合わせた変換をしているため、少し表現が変わっているのが特徴。

YOASOBI のEnglish ver. もですが、表現の違いを比較すると面白いですよ。細かな変更点はあっても、核となる内容は変わっていないのも特徴です。

Confidence in yourself
That’s all you need really
Just take that one step in this Kyun-kyun world we live in

「自信を持つこと。それだけあればいい。きゅんきゅんな世界で一歩を踏み出そう」。きゅんきゅんな世界で輝くためには、自分自身がそうであること。

自意識過剰になれ! ではなく、こんなのどうですか? ではステージを見ている人たちには思いが伝わりません。必要なのは、表現するための勇気ですね。

この曲で表現しているのはアイドルですが、行うべき行動については他の多くのことにも当てはめることができそうです。

あとがき

Netflixでアニメは続々と展開されてはいますが、久しぶりの音源。アイドルを表現するのにあたって曲は必須ですから、出るべくしてということでしょう。

また、2021年もいくつかのアイドルのオンラインフェスで、オープニング・アクトとして出演していたOTMGirls。現在の所は下積み期間といえそうです。

加えてアイドルがよく付けがちなファンネームは「ATM」に。ただ「automatic teller machine」ではなく、「aggressive team member」の略。

それでも多くの方がイメージする形を連想させるギリギリを攻めていて、面白いなと思ってしまいます。リアルアイドルであれば、叩かれてしまいそう…。

アニメもあり、リアル声優でも活動するOTMGirls。通常のライブが当たり前のようにできるようになった時、その進化が発揮されることになりそうです。

またアグレッシブ烈子を含めた活動を含め、今後の動向が気になります。

 

以上、『OTMGirls:きゅんきゅん世界 ~スポットライトは自ら得る物~』でした。


Amazon【OTMGirls】関連商品

OTMGirls 関連記事

2020/8/28 release 1st Singel
OTMGirls:アグレッシブガール ~私たちはイイ子を演じてでも地上へ行く~ ←今ココ

2021/12/16 release Digital Single
OTMGirls:きゅんきゅん世界 ~スポットライトは自ら得る物~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント