【Amazonアプリストア】

【2021年10月音楽レビュー】25アーティスト:30枚 + まとめ記事

【2021年10月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は21年10月に新規投稿を行った、31記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2021年10月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事

先月の振り返り「【2021年9月音楽レビュー】27アーティスト:31枚 + まとめ記事」。

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年9月に新規投稿を行った、27アーティスト:31枚、振り返りについてまとめた記事。

どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

【2021年9月音楽レビュー】27アーティスト:31枚 + まとめ記事
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年9月に新規投稿を行った、27アーティスト:31枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

Ashnikko x2

① Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Panic Attacks in Paradise / Maggots」。

どちらも彼女いわく、落ち込んでいる時に書いたという共通点のある2曲。その表現は自分に対してのある意味で慰めと、相手に向けた純粋な怒り。

元々表現が面白い子でしたが、より深みにハマる方も多そうです👿

Ashnikko:Panic Attacks in Paradise / Maggots ~どちらもが私~
どちらも彼女いわく、落ち込んでいる時に書いたという共通点のある2曲。その表現は自分に対してのある意味で慰めと、相手に向けた純粋な怒り。元々表現が面白い子でしたが、より深みにハマる方も多そうです。

② Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Halloweenie IV: Innards」。

今年もやっぱりあった、彼女のハロウィンソング第4弾。多くの方が知っているであろうメロディーに載せられるのは、闇が描かれた世界。

怪物と人との混じり合うことのない感覚は、怖さを感じてしまいます🎃

Ashnikko:Halloweenie IV: Innards ~あなたを私の一部にしたい~
今年もやっぱりあった、彼女のハロウィンソング第4弾。多くの方が知っているであろうメロディーに載せられるのは、闇が描かれた世界。怪物と人との混じり合うことのない感覚は、怖さを感じてしまいます。

AS I LAY DYING

AS I LAY DYING (アズ・アイ・レイ・ダイング) 配信シングル「Roots Below」。

Nick Hipaがバンドを脱退。新たに4人の新体制になったことをアナウンスしてから、間を開けることなくリリースされた新たな提示。

タイミングと内容的に、もう止まらないというバンドの大きな意思を感じさせます🔥

AS I LAY DYING:Roots Below ~自分を知った上で今できること~
Nick Hipaがバンドを脱退。新たに4人の新体制になったことをアナウンスしてから、間を開けることなくリリースされた新たな提示。タイミングと内容的に、もう止まらないというバンドの大きな意思を感じさせます。

Adele

Adele (アデル) 配信シングル「Easy On Me」。

21年11月19日にリリース、4枚目のアルバム「30」からのファーストシングル。彼女だからこその寂しげな歌が、一気に聞き手の心に染み渡ります。

失敗をしたからこそ、生まれる感情。繰り返して聞きたくなること請け合いです🎧

Adele:Easy On Me ~必要以上に気をはらなくてもいいから…~
21年11月19日にリリース、4枚目のアルバム「30」からのファーストシングル。彼女だからこその寂しげな歌が、一気に聞き手の心に染み渡ります。失敗をしたからこそ、生まれる感情。繰り返して聞きたくなること請け合いです

Arch Enemy

Arch Enemy (アーチ・エネミー) 配信シングル「Deceiver, Deceive」。

後から考えるとアルバムの配信が解禁されたりと予兆はありましたが、突如という言葉が相応しい新曲。畳み掛けるサウンドは、正にArch Enemy。

華があるMVもかっこよく、聞き手をドキドキさせてくれます🎸

Arch Enemy:Deceiver, Deceiver ~それは誰もがなり得る存在~
後から考えるとアルバムの配信が解禁されたりと予兆はありましたが、突如という言葉が相応しい新曲。畳み掛けるサウンドは、正にArch Enemy。華があるMVもかっこよく、聞き手をドキドキさせてくれます。

ABBA

ABBA (アバ) 配信シングル「Just A Notion」。

21年11月5日にリリースされる9枚目のアルバム「Voyage」からの、サードシングル。楽しげで優しい考え方の歌は、正にABBAという形。

アルバムへのブーストと同時に、ABBA自体のことを表現したようにも聞こえる曲です💫

ABBA:Just A Notion ~人は少しづつ異なるからこそ楽しいんだ~
21年11月5日にリリースされる9枚目のアルバム「Voyage」からの、サードシングル。楽しげで優しい考え方の歌は、正にABBAという形。ブーストと同時に、ABBA自体のことを表現したようにも聞こえる曲です。

indigo la end

indigo la end (インディゴ ラ エンド) 配信シングル「ラブ (feat. pH-1)」。

フィーチャリングとして韓国人ラッパー pH-1が参加した恋の歌。一緒にいる時間が長くなるからこそ、次第に忘れていってしまう思い…。

既存曲とは少し違った感覚で聞ける曲は、大人ほど興味深く聞けますよ🤔

indigo la end:ラブ (feat. pH-1) ~君を愛する方法を教えて~
フィーチャリングとして韓国人ラッパー pH-1が参加した恋の歌。一緒にいる時間が長くなるからこそ、次第に忘れていってしまう思い…。既存曲とは少し違った感覚で聞ける曲は、大人ほど興味深く聞けますよ。

AKB48

AKB48 (エーケービー フォーティーエイト) 58枚目のシングル「根も葉もRumor」。

1年半ぶりのシングルは、2010年12月リリースの19枚目「チャンスの順番」以来のグループ単独によるもの。これは本来の形に戻ったと言えるかも…。

バラエティにとんだ内容は、カップリングの方が断然にオススメです💫

AKB48:根も葉もRumor ~目の前にいる私を見て判断をして~
1年半ぶりのシングルは、2010年12月リリースの19枚目「チャンスの順番」以来のグループ単独によるもの。これは本来の形に戻ったと言えるかも…。バラエティにとんだ内容は、カップリングの方が断然にオススメです。

King Gnu

King Gnu (キングヌー) 配信シングル「BOY」。

テレビアニメ「王様ランキング」オープニングテーマ。バンドのイメージからすると恐らく多くの人にとって意外性のあるポジティブで明るい曲。

とはいえイメージから離れすぎずに間口を広げたのは、聞くほどに興味深くなります👦

King Gnu:BOY ~君にもこんな純粋な時代があったでしょ~
テレビアニメ「王様ランキング」オープニングテーマ。バンドのイメージからすると恐らく多くの人にとって意外性のあるポジティブで明るい曲。とはいえイメージから離れすぎずに間口を広げたのは、聞くほどに興味深くなります。

GLAY

GLAY (グレイ) 17枚目のアルバム「FREEDOM ONLY」。

ロック度は控えめで、その多くは強く優しさが詰まっています。大人だからこそ表現ができたであろうその音は、じっくりと聞きたい1枚。

止まらずに、今の状況だからこその内容。時を経てから聞いても楽しめそうです✨

GLAY:FREEDOM ONLY ~あなたにそのリミットは要らない~
ロック度は控えめで、その多くは強く優しさが詰まっています。大人だからこそ表現ができたであろうその音は、じっくりと聞きたい1枚。止まらずに、今の状況だからこその内容。時を経てから聞いても楽しめそうです。

GRANRODEO

GRANRODEO (グランロデオ) 32枚目のシングル「Treasure Pleasure」。

音楽性の幅が広く、かつクオリティを持って表現するユニットだからこその内容のシングル。ファンクとレトロな組み合わせが実に面白いです。

曲調はそれぞれで異なりますが、どちらも鼻歌で歌いたくなっちゃいます🥊

GRANRODEO:Treasure Pleasure ~俺がずっと戦い続ける理由~
音楽性の幅が広く、かつクオリティを持って表現するユニットだからこその内容のシングル。ファンクとレトロな組み合わせが実に面白いです。曲調はそれぞれで異なりますが、どちらも鼻歌で歌いたくなっちゃいます。

KEIKO

KEIKO (ケイコ) 配信シングル「通り雨」。

もう私のすぐ隣にはいないあなた。ずっと一緒だと思っていたのに、まるで通り雨の様にさっと現れて、すっと去っていってしまった…。

もっとできたことがあったの思いが、より切なさを感じさせます☂

KEIKO:通り雨 ~私から過ぎ去っていったあなたはまるで…~
もう私のすぐ隣にはいないあなた。ずっと一緒だと思っていたのに、まるで通り雨の様にさっと現れて、すっと去っていってしまった…。もっとできたことがあったの思いが、より切なさを感じさせます。

センチミリメンタル

センチミリメンタル 配信シングル「とって」。

優しく温かいラブソング。ただそのまま完全に幸せだというのではなく、聞く人の捉え方によってはそれだけに収まらない歌。

描かれている世界観を自分に当てはめてみると、より興味深くなるであろう歌です💍

センチミリメンタル:とって ~どちらにも当てはまりますように~
優しく温かいラブソング。ただそのまま完全に幸せだというのではなく、聞く人の捉え方によってはそれだけに収まらない歌。描かれている世界観を自分に当てはめてみると、より興味深くなるであろう歌です。

Nicori Light Tours

Nicori Light Tours (ニコリライトツアーズ) 1枚目のEP「Trigger」。

ファーストツアーを控える中での、先行シングルを含めた5曲。元Janne Da Arcの2人が作った新しいバンドは、色の濃い〜名刺を繰り出してきました。

タイトル「Trigger = 引き金」の通り、何か始まりを予感させます🔫

Nicori Light Tours:Trigger ~きっかけはここに解き放たれた~
ファーストツアーを控える中での、先行シングルを含めた5曲。元Janne Da Arcの2人が作った新しいバンドは、色の濃い〜名刺を繰り出してきました。タイトル「Trigger = 引き金」の通り、何か始まりを予感させます

BAND-MAID

BAND-MAID (バンドメイド) 8枚目のシングル「Sense」。

タイアップのTV.verが先行配信されていましたが、フルでカップリングをプラスしてのリリース。少しひねくった音使いが耳に残ります。

SAIKI初のフル作詞曲が入ったりなど、変化の1枚になりそうです🎤

BAND-MAID:Sense ~何はともかく、だたひたすら前へ進め~
タイアップのTV.verが先行配信されていましたが、フルでカップリングをプラスしてのリリース。少しひねくった音使いが耳に残ります。SAIKI初のフル作詞曲が入ったりなど、変化の1枚になりそうです。

Bullet for My Valentine

Bullet for My Valentine (ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン) 配信シングル「Rainbow Veins」。

当初の予定よりも2週間遅れの21年11月5日リリースされる、セルフタイトルの7枚目「Bullet for My Valentine」からのフォースシングル。

怪しげな音と、なぜ「Rainbow Veins」となる表現を面白く感じること請け合いです🩸

Bullet for My Valentine:Rainbow Veins ~犯された俺の血液~
当初の予定よりも2週間遅れの21年11月5日リリースされる、セルフタイトルの7枚目「Bullet for My Valentine」からのフォースシングル。怪しげな音と、なぜ「Rainbow Veins」となる表現を面白く感じること請け合いです。

H.E.R.O.

H.E.R.O. (ヒーロー) 配信シングル「Gravity」。

既にレコーディングが終了済み、3枚目のアルバムからのセカンドシングル。自身のパーソナルな経験を元にした曲は、音以上にある重さ。

自ら断ち切ったけれど、寂しさ残るのは特別なつながりがあったからこそでしょうか🩸

H.E.R.O.:Gravity ~自分の意思で断ち切る選択をしたんだ~
既にレコーディングが終了済み、3枚目のアルバムからのセカンドシングル。自身のパーソナルな経験を元にした曲は、音以上にある重さ。自ら断ち切ったけれど、寂しさ残るのは特別なつながりがあったからこそでしょうか

hiroko

hiroko (ヒロコ) 配信シングル「Everything’s better」。

元mihimaru GTの彼女のソロ活動再開後の第二弾! 強制的に無理やりにではなく、肩をはらない前向きな思いは、きっと成るように成るよと。

ポジティブソングではありますが、よくあるものとはい異なる形で聞こえます🎧

hiroko:Everything's better ~成るように日は時を刻んでいくよ~
元mihimaru GTの彼女のソロ活動再開後の第二弾! 強制的に無理やりにではなく、肩をはらない前向きな思いは、きっと成るように成るよと。ポジティブソングではありますが、よくあるものとはい異なる形で聞こえます。

堀江由衣

堀江由衣 (ほりえ ゆい) 配信シングル「虹が架かるまでの話」。

君への思いを素直に表現するまでの過程を描いた、ラブソング。恋をしたことがある方ならば、きっと情景が聞いていて思い浮かぶのではないでしょうか。

透明感のある歌声が、いい感じの歌詞をより素敵な歌にしています🌈

堀江由衣:虹が架かるまでの話 ~君にだけには素直になりたい~
君への思いを素直に表現するまでの過程を描いた、ラブソング。恋をしたことがある方ならば、きっと情景が聞いていて思い浮かぶのではないでしょうか。透明感のある歌声が、いい感じの歌詞をより素敵な歌にしています。

Måneskin x3

① Måneskin (マネスキン) 1枚目のEP「Chosen」。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活きがよい、男女混合のロックバンドのデビュー作。カバーが多いのですが、全て自分たちの曲として完全に消化。

粗さはありますが、当時10代でこの音を奏でているというのは、末恐ろしい…🎸

Måneskin:Chosen ~あなたはきっと耳を傾けたくなるよ~
今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活きがよい、男女混合のロックバンドのデビュー作。カバーが多いのですが、全て自分たちの曲として完全に消化。粗さはありますが、当時10代でこの音を奏でているというのは、末恐ろしい…。

② Måneskin (マネスキン) 2枚目のアルバム「Teatro d’Ira – Vol. I」。

リリース後に収録曲「ZITTI E BUONI」でユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝。多くの注目と、バンドの転機になったであろう1枚。

勢いだけでない部分も見せているので、ここから聞き始めるにもぴったりです。✨

Måneskin:Teatro d'Ira - Vol. I ~ずっとこのままではいないから~
リリース後に収録曲「ZITTI E BUONI」でユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝。多くの注目と、バンドの転機になったであろう1枚。勢いだけでない部分も見せているので、ここから聞き始めるにもぴったりです。

③ Måneskin (マネスキン) 配信シングル「MAMMAMIA」。

リスナー、レコード会社にも大きな期待と注目を集めている若いバンド。結果的に3枚目のアルバムのファースとシングルになるであろう新曲。

ロックの持つ怪しさとかっこよさが満載で、くせになってしまうものがあります💋

Måneskin:MAMMAMIA ~その壁は超えるために存在する~
リスナー、レコード会社にも大きな期待と注目を集めている若いバンド。結果的に3枚目のアルバムのファースとシングルになるであろう新曲。ロックの持つ怪しさとかっこよさが満載で、くせになってしまうものがあります。

水樹奈々

水樹奈々 (みずき なな) 41枚目のシングル「Get up! Shout!」。

お子さんが生まれてママさんとなってから初の作品は、タイトルから既存の通りの力強い曲。ですが作曲者が初採用の方で、変化も聞かせてくれます。

リメイクの「花、星、空 -reunion-」も含まれ、聞き所の多いシングルです🎧

水樹奈々:Get up! Shout! ~未来に恐れることなく今ここで! ~
お子さんが生まれてママさんとなってから初の作品は、タイトルから既存の通りの力強い曲。ですが作曲者が初採用の方で、変化も聞かせてくれます。リメイクの「花、星、空 -reunion-」も含まれ、聞き所の多いシングルです。

Morfonica

Morfonica (モルフォニカ) 3枚目のシングル「ハーモニー・デイ」。

歩みはゆっくりでありながら、続けるのは着実な積み重ね。加えて他のバンドリのグループとは少し表現の異なる音に、興味を誘われます。

展開次第では想像している以上に、面白い存在になるかもしれません🎵

Morfonica:ハーモニー・デイ ~その手はつながっていく~
歩みはゆっくりでありながら、続けるのは着実な積み重ね。加えて他のバンドリのグループとは少し表現の異なる音に、興味を誘われます。今後の展開次第では想像している以上に、面白い存在になるかもしれません。

YOASOBI x2

① YOASOBI (ヨアソビ) 配信シングル「ツバメ」。

無理することなく、今できることをする。恩着せがましいなと変な狙いがなく、継続ができる優しさこそが、世界を変えて行けそうです。

既存の曲とは大きく異るMV。印象が大きく変わるのが面白く思ってしまいます🤝

YOASOBI:ツバメ ~小さくても大きな幸せを運んできてくれる~
無理することなく、今できることをする。恩着せがましいなと変な狙いがなく、継続ができる優しさこそが、世界を変えて行けそうです。既存の曲とは大きく異るMV。印象が大きく変わるのが面白く思ってしまいます。

② YOASOBI (ヨアソビ) 配信シングル「Blue」。

恒例となってきた既存曲のEnglish Ver. 今作のオリジナルは「群青」。日本語ならではのメロディーの曲を、違和感なくすごくうまい形で表現しています。

English Ver.のみのEP「E-SIDE」のリリースも決まり、楽しみが増えました😄

YOASOBI:Blue ~私の心に深く染み込んだ色~
恒例となってきた既存曲のEnglish Ver. 今作のオリジナルは「群青」。日本語ならではのメロディーの曲を、違和感なくすごくうまい形で表現しています。English Ver.のみのEP「E-SIDE」のリリースも決まり、楽しみが増えました。

Liella!

Liella! (リエラ) シングル「常夏☆サンシャイン / Wish Song」。

キラキラな希望を描くのは、正にアイドル。アニメ発端ですが、リアルを含めても今一番うまく表現できているのが、彼女たちかもしれません。

カップリングもよく、しっとりとしたバラード「瞬きの先へ」にも注目です☀

Liella!:常夏☆サンシャイン / Wish Song ~希望はずっと輝いてる~
キラキラな希望を描くのは、正にアイドル。アニメ発端ですが、リアルを含めても今一番うまく表現できているのが、彼女たちかもしれません。カップリングもよく、しっとりとしたバラード「瞬きの先へ」にも注目です。

Rainych x2

① Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Haru Wo Tsugeru」。

オリジナルとほぼ同一のアレンジですが、聞こえる印象の違いが面白く感じるカバー。加えて大きく成長したことを聞かせてくれます。

今までの経験があるからこそ、できたであろう表現。面白くなってきました🎤

Rainych:Haru Wo Tsugeru ~そこに誰もいないくても~
オリジナルとほぼ同一のアレンジですが、聞こえる印象の違いが面白く感じるカバー。加えて大きく成長したことを聞かせてくれます。今までの経験があるからこそ、できたであろう表現。面白くなってきました。

② Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Nyanpasu」。

カバーといってもガチな形が多かった彼女だからこそ、声質的にあっていても意表を付く選曲。ぶっ飛んでいるけれど、くせになります。

ちょっと落ちている時に聞くと、悔やんでもしょうがないと思わせてくれそうです🖖

Rainych:Nyanpasu ~聞けばつい楽しくなってしまう挨拶~
カバーといってもガチな形が多かった彼女だからこそ、声質的にあっていても意表を付く選曲。ぶっ飛んでいるけれど、くせになります。ちょっと落ちている時に聞くと、悔やんでもしょうがないと思わせてくれそうです。

One Morning Left

One Morning Left (ワン・モーニング・レフト) 配信シングル「Beat It」。

4枚目のアルバム「Hyperactive」に続いたのは、マイケル・ジャクソンの名曲のカバー。リスペクトとともに、このバンドだからこその色を入れる。

ふざけているようで、マジな形は聞いていて面白いです💃

One Morning Left:Beat It ~常に我が道を行く~
4枚目のアルバム「Hyperactive」に続いたのは、マイケル・ジャクソンの名曲のカバー。リスペクトとともに、このバンドだからこその色を入れる。ふざけているようで、マジな形は聞いていて面白いです。

あとがき

21年10月にレビューを行った結果は、以下の通り。

ボリュームと内容を問わず、1日1記事。なんかしら複数記事を書く日が含まれるのが多かったので、何気に初めてのことかもしれません。

恐らくその大きな理由となっているのは、書き始めてはいるもののストックとなっている記事。特にアルバムが多く溜まっていることにあります。

公開後に見返して修正が入ることはありますが、大きな追記はしていないのが現状。だからこそ、出せずに溜まっていっていました。

これらをうまく時間を作ってちゃんとまとめ、放出できていったらいいなと思っています。新譜も旧譜も結構な感じであるんですよね。

気になる新譜も続々とリリースが決定していますので、公開のバランスをトリながら、うまいこと進めていければと考えています。

溜まっているストックの放出ができる、2021年の2ヶ月でありますように!

 

以上、『【2021年10月音楽レビュー】25アーティスト:30枚 + まとめ記事』でした。

2021年8月音楽レビュー 関連記事

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2021年4月音楽レビュー】28アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2

【2021年6月音楽レビュー】33アーティスト:33枚 + まとめ記事

【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事

【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2

【2021年9月音楽レビュー】27アーティスト:31枚 + まとめ記事

・【2021年10月音楽レビュー】25アーティスト:30枚 + まとめ記事  ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント