【2020年10月音楽レビュー】29アーティスト:48枚 + まとめ記事

【2020年10月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は20年10月に新規投稿を行った、49記事分。どんな追加更新がされてきたのか、ご覧ください。

2020年10月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事

9月の振り返り「【2020年9月音楽レビュー】26アーティスト:32枚 + まとめ記事」。

9月に新規投稿を行った、26アーティスト:32枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください🙇‍♂️

【2020年9月音楽レビュー】26アーティスト:32枚 + まとめ記事
September 2020 Music Review

Amaranthe

Amaranthe (アマランス) 6枚目のアルバム「Manifest」。

レーベルを移籍しての、力の入った1枚。バンドの持つ勢いに、重みが加わることで、メタル度が増した内容。

強く主張するわけではないですが、性質上で半ばバックバンドとなっていた楽器隊がかなり頑張ってます! 🎸

Amaranthe:Manifest ~我々がここで行う宣言を聞け! ~
2020/10/2 release 6th Album

嵐 (あらし) 配信シングル「Party Starters」。

17枚目のアルバム「This is 嵐」を直前に控える中でリリースされる、ポップでポジティな思いがあふれた曲。楽しい時間が待っていることを、予感させます。

聞いていると思わず、体を揺らしたくなりますよ😄

嵐:Party Starters ~さあ一緒に一晩中踊ろうか! ~
2020/10/30 release Digital Single

Ava Max x2

① Ava Max (エイバ・マックス) 配信シングル「Alone, Pt. II」。

自身の曲の「Pt. II」ではなく、制作には参加していてもAlan Walkerの曲のいう珍しい形であり、かつ面白い手法。「Pt. I」も合わせるとで、より楽しめます。

「Alone」がつながり完結するのは、実に興味深いです👰

Ava Max:Alone, Pt. II ~あなたを1人にはさせないから…~
2019/12/27 release Digital Single

② Ava Max (エイバ・マックス) 配信シングル「Christmas Without You」。

アルバム「Heaven & Hell」の熱がさめるヒマもないうちにリリースされるのは、クリスマス・ソング。これがまた、クオリティが高い!

レトロな雰囲気がありつつ、今の歌。今後の定番になりえるかも…🎄

Ava Max:Christmas Without You ~あなたがいるからこそ特別な日~
2020/10/15 release Digital Single

X JAPAN x3

① X JAPAN (エックスジャパン) 配信シングル「Scarlet Love Song -BUDDHA MIX」。

X JAPANの大きな魅力の1つである、美しいバラード。君を思う気持ちが優しさを持ちながら強く、聞いていて心が安らぐ歌。

目をつぶりながら、音に集中して聞くのをオススメします🎶

X JAPAN:Scarlet Love Song ~君のために永遠に音を奏でるよ~
2011/6/7 release Digital Single

② X JAPAN (エックスジャパン) 配信シングル「JADE」。

ヘビーな重さと、美しさを併せ持った曲。聞くだけでも楽しめますが、「JADE = 翡翠」の込められた思いを知ると、より深くなっていきます。

2011年リリースと時間は経ていても、改めて聞き直すと新たな発見がありますよ✨

X JAPAN:JADE ~そのままであなたは美しい~
2011/7/13 release Digital Single

③ X JAPAN (エックスジャパン) 配信シングル「Born to be free」。

誰もが自由のもとに生まれ、前と突き進める思い。2015年リリースと時間は経っていますが、今の状況にもリンクする現時点での最新シングル。

負けないではない、折れない心を感じさせてくれます💫

X JAPAN:Born to be free ~生きてその道を突き進め! ~
2015/11/6 release Digital Single

Erii

Erii (エリイ) 3枚目のシングル「恋ゴコロ」。

Erii名義で声優の山崎エリイちゃんが活動する、第3弾。ジャケットと曲名通りで、聞けばキュンとしてしまうタイトル曲。

切ない恋心を歌ったカップリングの組み合わせであるからこそ、強く印象に残ります💞

Erii:恋ゴコロ ~私の中で君に生まれた感情~
2020/9/30 release 3rd Single

鬼頭明里

鬼頭明里 (きとう あかり) 3枚目のシングル「キミのとなりで」。

鬼滅の刃のヒロイン竈門禰豆子役を演じ、注目度が上がっている彼女。アルバム「STYLE」を経て、提示するのは自然体で爽やかな3曲。

一聴のインパクトは強くないからこそ、繰り返して聞きたくなります。ジワジワきますよ👫

鬼頭明里:キミのとなりで ~いつも通りの存在になれますように~
2020/10/28 release 3rd Single

Queen + Adam Lambert

Queen + Adam Lambert (クイーン + アダム・ランバート) ライブ・アルバム「Live Around the World」。

現在までに行った42カ国、218公演からベストテイクを収録したライブ盤。3人が出す音がこれでもかと強力で、これからをも感じされるのもポイント!

他のバンドでは再現が難しい独自な音があります🎬

Queen + Adam Lambert:Live Around the World ~旅はまだ続くよ~
2020/10/2 release Live Album

工藤晴香

工藤晴香 (くどう はるか) 2枚目のミニ・アルバム「POWER CHORD」。

前作「KDHR」の延長線上の音を、さらに進化させたサウンド。今作では全作詞にプラスして、1曲を作曲。進化の過程を聞かせてくれます。

決してストレートではない、ちょっとひねくれた音が実に面白い! 🎸

工藤晴香:POWER CHORD ~これが私ならではの濁りがない音~
2020/10/7 release 2nd Mini Album

ClariS x2

① ClariS (クラリス) 2枚目のベスト・アルバム「ClariS 10th Anniversary BEST – Pink Moon」。

「- Green Star -」と同時リリース。記念であっても、それだけに終わらないベスト盤。過去というよりも、今の音を閉じめた形。

同発の2枚を比較すると、これから聞き始める方に最適です🌛

ClariS:ClariS 10th Anniversary BEST - Pink Moon - ~今現在の空~
2020/10/21 release 2nd Best Album

② ClariS (クラリス) 3枚目のベスト・アルバム「ClariS 10th Anniversary BEST – Green Star –」。

「- Pink Moon -」と同時リリース。記念でありながら、それだけに終わらないベスト盤。これからの未来を感じさせる音であるのがポイント!

同発の2枚を比較すると、既存のファン方に最適です⭐

ClariS:ClariS 10th Anniversary BEST - Green Star - ~これからの空~
2020/10/21 release 3rd Best Album

Greta Van Flee

Greta Van Fleet (グレタ・ヴァン・フリート) 配信シングル「My Way, Soon」。

鳴りを潜めていたバンドが、遂に動き出した1曲。彼らの持ち味のオールドロックに、バンドの進むべき道、意思を示した思い。

当初の予定よりも遅れているアルバムへの期待感が高まります🎸

Greta Van Fleet:My Way, Soon ~俺たちが進む道は決まっている~
2020/10/9 release Digital Single

Corey Taylor

Corey Taylor (コリィ・テイラー) 1枚目のアルバム「CMFT」。

Slipknot、Stone Sourのボーカリスト 初のソロ。ロックでありながら、どちらのバンドとも異なるサウンド。

今できる最高の物を提供するというのが興味深く、既存ファンには新鮮。新たなるファンも生み出しそうです🥊

Corey Taylor:CMFT ~君たちに送る俺からの挑戦状~
2020/10/2 release 1st Album

Justin Bieber

Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー) 配信シングル「Lonely」。

前作「Holy」からは一転して、切ない思いの歌。孤独は1つではなく、別の形があることも教えてくれます。短い尺の中に、多くの感情が含まれた曲。

夜に1人になりたい時に聞くと、涙が出てくるかも…😭

Justin Bieber:Lonely ~誰もが知っていても僕は孤独だった~
2020/10/16 release Digital Single

The Struts x5

① The Struts (ザ・ストラッツ) 1枚目のEP「Kiss This EP」。

アルバム「Everybody Wants」のプロローグ的でありながら、バンドの始まりとなる1枚。未完成さはあっても、光る部分も感じさせてくれる内容。

必聴ではなくても、聞いた方がよりザ・ストラッツ楽しめます🎸

The Struts:Kiss This EP ~あの最後のキスを僕は忘れない~
2014/4/7 release 1st EP

② The Struts (ザ・ストラッツ) 1枚目のアルバム「Everybody Wants」。

バンドの始まりの1枚ということで粗も多く、ビジュアルもロック好きのお兄ちゃんの域を越えていませんが、原石として光るものも感じさてくれます。

完全に化けた現在との変化を聴き比べても面白い1枚です🎸

The Struts:Everybody Wants ~俺たちはその存在になるぜ! ~
2014/7/28 release 1st Album

③ The Struts (ザ・ストラッツ) 2枚目のアルバム「Young & Dangerous」。

一気に垢抜けた音。1曲のみではなく、アルバム全体なのですから、驚かされます。表現に迷いのなくなったロックンロールはカッコいい!

完全にバンドのターニングポイントになっているアルバムです🎸

The Struts:Young & Dangerous ~突き抜けた音を聞かせてあげる~
2018/10/26 release 2nd Album

④ The Struts (ザ・ストラッツ) 配信シングル「Dancing In The Street」。

今までも多くのアーティストによって行われてきた「Martha and the Vandellas」のカバー。完全に自分たちのものにした形のロックンロールに!

踊るまでいかなくても、聞けば体を揺らしたくなります💃

The Struts:Dancing In The Street ~さぁ、一緒に踊ろうか~
2019/1/28 release Digital Single

⑤ The Struts (ザ・ストラッツ) 3枚目のアルバム「Strange Days」。

10日で10曲全てをレコーディングと、時間がかけられる中であえての選択をした1枚。派手さを抑えているのも、意図がありそう。

今だからの音を閉じ込めたアルバム。いろいろな意味でロックです🎸

The Struts:Strange Days ~この変わった日々だからこそ残す音~
2020/10/16 release 3rd Album

高槻かなこ

高槻かなこ (たかつき かなこ) 1枚目のシングル「Anti world」。

Aqours、BlooDyeとしても活動する彼女の、デビュー・シングル。力強さの中に、かわいらしさが見えるのが、興味深い1枚。

表現の幅の広さも、面白い存在だなと感じさせてくれます🌏

高槻かなこ:Anti world ~私の選択はもう決まっている~
2020/10/14 release 1st Single

DIAURA

DIAURA (ディオーラ) 19枚目のシングル「最果てに降る雪」。

雪の意味を知ると、より強く寂しさが増す2曲。悪夢でありながらその先をも想像させる曲が重なり、1つの形となる1枚。

曲と歌詞に込められた思いを想像しながら聞くことをオススメします❄️

DIAURA:最果てに降る雪 ~消えゆくことが怖いんじゃない~
2020/10/14 release 19th Single

Dua Lipa

Dua Lipa (デュア・リパ) 配信シングル「Levitating (feat. DaBaby)」。

2枚目のアルバム「Future Nostalgia」収録曲にフィーチャリングを加え、再構築した形でのリカット。

思いが1人から2人の物となり、印象が変わって聞こえます。興味深い表現の形です💖

Dua Lipa:Levitating (feat. DaBaby) ~思いがさらに高まっていく~
2020/10/1 release Digital Single

Daughtry x3

① Daughtry (ドートリー) 5枚目のアルバム「Cage to Rattle」。

ベスト・アルバムを間に挟みましたが、久しぶりのリリースとなった1枚。大人なロックな表現で、歌がメインの内容。

コンパクトな1枚ですが、思いの他に深さがありますよ✨

Daughtry:Cage to Rattle ~型にはまるのかそれとも…~
2018/7/27 release 5th Album

② Daughtry (ドートリー) 配信シングル「Alive」。

オリジナルではなく、SIA のカバー。ファンならずとも知っている人も多い名曲を、ドートリーならではのロックなアレンジで表現。

歌詞同じでも、想像できることや、聞こえ方が違います。比較して聞くとより楽しめますよ💜

Daughtry:Alive ~俺は今ここで生きているんだ~
2019/12/18 release Digital Single

③ Daughtry (ドートリー) 配信シングル「World On Fire」。

21年にリリース予定の6枚目のアルバム「Nothing Lasts Forever」からのファーストシングル。激しいロックに、寂しさが漂う曲。

アコースティックやポップでない、初期のドートリーが戻ってきました🔥

Daughtry:World On Fire ~この状況に天使さえも涙する~
2020/8/13 release Digital Single

Tremonti x3

① Tremonti (トレモンティ) 1枚目のアルバム「All I Was」。

ALTER BRIDGECreedではギタリスト マーク・トレモンティ ソロ・プロジェクトの1枚目。激しさに中にある哀愁。

ギターだけでなく、歌のうまさにはびっくりさせられます。メタルなギタリストは必聴です🎸

Tremonti:All I Was ~過去の思いはここに置いていく~
2012/7/17 release 1st Album

② Tremonti (トレモンティ) 3枚目のアルバム「Dust」。

2枚目「Cauterize」と同時にレコーディングされたアルバム。前作が怒りだとすれば、今作は寂しさ。激しい音の中に哀愁があるのが特徴です。

ギタリストはもちろんですが、カッコいいロックが聞きたい人にもオススメ! 🎸

Tremonti:Dust ~終わりを迎えることで先に見えたもの~
2016/4/29 release 3rd Album

③ Tremonti (トレモンティ) 4枚目のアルバム「A Dying Machine」。

今までのソロ活動を、さらに進化させた形。単曲でも楽しめますが、コンセプト・アルバムと言っていい形であるのもポイント!

ギター、歌の巧さ、ソングライティング。参考になる点も多いので、特にメタルなギタリストは必聴です🎸

Tremonti:A Dying Machine ~朽ちていくのか、それとも…~
2018/6/8 release 4th Album

西川くんとキリショー

西川くんとキリショー (ニシカワくんとキリショー) 配信シングル「1・2・3」。

西川貴教 & 鬼龍院翔がタッグを組んだ、前しか向いていないポジティブソング。この突き抜けた明るさは、聞いて楽しくなるなという方が無理かも…。

勇気と友情。やり切るってみるのもいいもんです✨

西川くんとキリショー:1・2・3 ~何度でも前へと歩き出すよ~
2020/9/30 release Digital Single

Novelbright

Novelbright (ノーベルブライト) 配信シングル「bad guy」。

言わずとしれたBillie Eilish 代表曲のカバー。YouTube Music Foundry Festに選出されたのがきっかけですが、バンドの色も加えた形で提示。

カバーであっても、出す音の変化と意味を持つ曲になりそうです🌟

Novelbright:bad guy ~本性をあなただけに見せてあげる~
2020/10/23 release Digital Single

HYDE

HYDE (ハイド) 配信シングル「HALLOWEEN PARTY (プペル Ver.)」。

オリジナルは「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」のハロウィン定番ソングが、映画の主題歌になるということで、また新たな形に。

おどろおどろしくもあるのに、聞いていてると楽しくなります🎃

HYDE:HALLOWEEN PARTY (プペル Ver.) ~いたずらしちゃうぞ~
2020/10/16 release Digital Single

美的計画

美的計画 (びてきけいかく) 配信シングル「だからラブ (feat. 相沢 & 映秀。)」。

川谷絵音の作る曲を、異なるボーカリストに歌ってもらうプロジェクトの第4弾。3弾までとは少し趣向が異なり、男女デュエットで愛を語る切ない歌。

プロジェクトとしても、可能性を広げる曲です👩‍❤️‍👨

美的計画:だからラブ (feat. 相沢 & 映秀。) ~君と落ちて行きたい~
2020/10/16 release Digital Single

BABYMETAL

BABYMETAL (ベビーメタル) 配信シングル「From Dusk Till Dawn」。

2枚目のアルバム「METAL RESISTANCE」の洋盤のみに収録されていた曲。しれっと配信が始まっていました。

既存の曲でありながら、これから変化していく未来を感じされてくれるのもポイント! 面白くなりそうです🌁

ClariS:ClariS 10th Anniversary BEST - Green Star - ~これからの空~
2020/10/21 release 3rd Best Album

Bon Jovi x3

① Bon Jovi (ボン・ジョヴィ) 2枚目のアルバム「7800º Fahrenheit」。

突出する曲はなくても、全体の平均点が高めの1枚。1度完全燃焼をして、次作「Slippery When Wet」の大ヒットにつなげる。

今は必聴ではないかもですが、特にプレイヤーは思いの他に楽しめる1枚です💥

Bon Jovi:7800º Fahrenheit ~姿を変えるためへの目前の状態~
1985/3/27 release 2nd Album

② Bon Jovi (ボン・ジョヴィ) 3枚目のアルバム「Slippery When Wet」。

世界トータルで2,800万枚オーバーセールスの、モンスターアルバム。誰もが知っていいる重要な曲が多く含まれていると同時に、全体が優れている内容。

聞けば一緒に歌いたくならずにはいられない1枚です🎤

Bon Jovi:Slippery When Wet ~キュンとする音を聞かせてあげる~
1986/8/18 release 3rd Album

③ Bon Jovi (ボン・ジョヴィ) 15枚目のアルバム「2020」。

派手さはなくても歌に込められた言葉と、大人の深みが聞けるロックな1枚。一人でヘッドホンかイヤホンで聞くのをオススメします。

曲は暗く重くあるのに、歌声に優しさと光を感じるのもポイント! 🎧

Bon Jovi:2020 ~今この時を明日の教訓に変えていくよ~
2020/10/2 release 15th Album

水樹奈々

水樹奈々 (みずき なな) 40枚目のシングル「FIRE SCREAM / No Rain, No Rainbow」。

13枚目のアルバム「CANNONBALL RUNNING」から本筋での新たなる一手であり、節目となるシングル。

変わるのではなく、”らしい”音を表現することに隠された意味がありそうです🎤

水樹奈々:FIRE SCREAM / No Rain, No Rainbow ~今を行くんだ! ~
2020/10/7 release 40th Single

millennium parade x6

① millennium parade (ミレニアムパレード) 配信シングル「Veil」。

プロジェクトの名称が短縮され、新たな始まりとなった曲。不思議な音でありながら、言葉に面白さが多く含まれています。

分からないからといって全てを人に聞くというのは何かと、考えさせられますよ👂

millennium parade:Veil ~ねぇ、それが何か私に教えてよ~
2019/5/22 release Digital Single

② millennium parade (ミレニアムパレード) 配信シングル「Plankton」。

生態系の最下層にあるプランクトン。短い歌詞、曲の中に他でああまり聞けない要素が多く含まれていて、聞くほどに深くなります。

聞き手によって受け取り方が変わってきそうであるのも、面白い! 🌏

millennium parade:Plankton ~一瞬でもいいから輝きたい~
2019/6/28 release Digital Single

③ millennium parade (ミレニアムパレード) 配信シングル「Stay!!! 」。

ジャケット、MV、音と歌詞の全てが面白い曲。重なることで、より大きくなります。一つでも気になったら、触れてみることをオススメします。

今作の歌い手であるCharaが、どハマりしているのもいい感じ! 🙅

millennium parade:Stay!!! ~入ってきちゃダメな場所もあるのよ~
2019/9/27 release Digital Single

④ millennium parade (ミレニアムパレード) 配信シングル「lost and found」。

最後の時を迎えることを知っているからこそ、切ない曲。テンポの速さはもうすぐ鼓動が止まってしまうからこその、最後の力だと思うと寂しくなります。

切ないなからこそ、くせになる曲。心が引かれます🔥

millennium parade:lost and found ~もう1度だけでいいから…~
2019/12/6 release Digital Single

⑤ millennium parade (ミレニアムパレード) 配信シングル「Fly with me」。

浮遊感の漂う曲は、聞いているとまるで浮かんでいるような気持ちにさせてくれます。派手な音が多くあっても、嫌味がないのも特徴。

ライブバージョン、リミックスで浮遊感に変化があるのも面白いです💫

millennium parade:Fly with me ~さあ一緒にあっちへ行こうか~
2020/4/22 release Digital Single

⑥ millennium parade (ミレニアムパレード) 配信シングル「Philip」。

見ることも、会うこともできないのは寂しいけれど、だからこそ思いのこもった優しい思い。いつになってもいいから、届いてほしい気持ちを感じさせます。

MVを含めての表現が、見ていて興味深いです🐕

millennium parade:Philip ~俺からの君に送る手紙~
2020/10/2 release Digital Single

Rina Sawayama

Rina Sawayama (リナ・サワヤマ) 1枚目のアルバム「SAWAYAMA」。

イギリスを拠点として活動する日本人シンガー。EP「RINA」 でも興味深い音を聞かせてくれましたが、さらに進化させた形。

彼女の表現する世界が面白く、歌メロも分かりやしいので、洋楽初心者にもオススメです🎧

Rina Sawayama:SAWAYAMA ~私がこれから作っていく音~
2020/4/17 release 1st Album

伶 (れい) 配信シングル「Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ」。

E-girls、Flowerのメンバーとして活動してきた、鷲尾伶菜ソロプロジェクト第1弾。どちらもが伝えたい思いを考えると、聞こえる印象が変わってくる2曲。

ソロとしても興味深い音楽活動を、変わらず続けていってくれそうです🎤

伶:Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ ~前しか見ていない私~
2020/10/2 release Digital Single

和氣あず未

和氣あず未 (わき あずみ) 3枚目のシングル「イツカノキオク / 透明のペダル」。

かわいらしい思いと、内に秘めている感情。4曲が2対2になっている感じは、A面B面の雰囲気があるかも…。

単に4曲があるシングルではなく、意味があり、制作側も楽しんいるように聞こえるのもポイントです🐻

和氣あず未:イツカノキオク / 透明のペダル ~表と心の中の感情~
2020/10/7 release 3rd Single

あとがき

20年10月にレビューを行った結果は、以下の通り。

サイト上の大きな変化として、トップページを10月8日の時点で作成。以前から興味はあったのですが、手間とイメージが浮かばなかったんです。

後から微調整があっても、作り始めたら小一時間という感じで終わってしまったので、もっと早くに作成すればよかったなと。完全に手間の見積もり誤り…。

以前のトップページにアクセスすると全体の新着順がただ並んでいるよりも、どんなページなのかというのは分かりやすくなった気がしています。

あと自分で気になるのは、アーティスト別のディスコグラフィーの歯抜けと、特に初期の頃に書いた記事のクオリティの低さ…。これもなんとかしていきます。

一気にやろうとするから「うが〜ぁ」となるので、徐々に補填とリライトですね。せっかくなら少しでも良いものにしたいので、善処していきますよ。

主にするつもりはないですが、過去記事を現在に準ずる形でのリライトプロジェクトは地味に進行中! 古いものほど、内容が以前と変わっているかも…。

歯抜けは1つ書いたら漏れている場合は、もう1つは続ける形で、補っていければいいなと思っています。記事が連発するのは、個人的な集中アーティスト!

たくさん抜けがある場合は書いていて自分に新鮮さがなくなるので、一旦ストップして次の機会に回しますが、行ける時は一気にですね。

また、投稿記事数が若干増えたのは超頑張ったのではなく、単純に書く時間が短縮したから。一気に全てをではなく、パートごと着手したのが功を奏しました。

ブロクを書くのに時間がかかる人は、同時進行で複数着手。迷ったり手が止まったりした場合は、別の物に移すと新鮮さがあって結果的に早く書けますよ。

 

以上、『【2020年10月音楽レビュー】29アーティスト:48枚 + まとめ記事』でした。

2020年10月音楽レビュー 関連記事

【2020年1月音楽レビュー】24アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2020年2月音楽レビュー】22アーティスト:31枚

【2020年3月音楽レビュー】28アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2020年4月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2020年5月音楽レビュー】24アーティスト:30枚 + まとめ記事

【2020年6月音楽レビュー】26アーティスト:29枚 + まとめ記事

【2020年7月音楽レビュー】24アーティスト:30枚 + まとめ記事

【2020年8月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2020年9月音楽レビュー】26アーティスト:32枚 + まとめ記事

・【2020年10月音楽レビュー】29アーティスト:48枚 + まとめ記事 ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント