Novelbright:SKYWALK ~道の広がりとともに手がつながっていく~

Novelbright:SKYWALK邦楽レビュー
邦楽レビュー

Novelbright (ノーベルブライト) 1枚目のミニ・アルバム「SKYWALK」。

バンドの結成は2013年。ライブ会場限定の自主制作盤はいくつか発表していますが、現体制に限りなく近い形、全国流通では初となる音源。

不完全さはありますが、聞けば光る原石の状態であるのが分かる内容です。

【楽器買取専門店 タカミツ楽器】
楽器買取専門店 タカミツ楽器楽器買取専門店 タカミツ楽器

SKYWALK 収録曲概要

「SKYWALK」収録曲は以下の通り。

  1. Walking with you
  2. Morning Light
  3. ヒカリへ
  4. Count on me
  5. また明日
  6. My Savior
  7. We are calling you

Wikipediaで見ると、自主制作盤の曲も含まれているこのミニ・アルバム。2017年にバンドがほぼ現体制となり、新たにという感じじゃないでしょうか。

バンドとは進化していくもの。単純に過去の作品をそのまま全国流通にするのではなく、新しい形でさらにというのは、向上心の強さも感じさせてくれます。

とはバンドとしては、よく聞かなくてもまだまだ荒削り。そこがまた気になってしまう要素となるから、音楽は面白く感じずにはいられません。

Walking with you

オープニング曲「Walking with you」。(1曲目)

この曲でバンドの知名度を上げたというのも、聞けば納得。これを路上で歌われていたら、多くの人が足を止めて見入ってしまうのは当然かも…。

英詩の部分が日本語の部分にはないクセが感じられるのが、聞いていて面白い。よい変化になっているので、他の曲でも生きてくることでしょう、

数え切れないほどの想いを
いつまでも贈り続けていくんだ

君といつまでも歩いていくからこその想い。男性だからこその強さを感じる部分は、女性がキュンとくる部分かなと。…。というよりも、そうであってほしい。

ファーストインパクトも強く、まずこの曲は聞いてみることをオススメします。

Morning Light

収録されている曲の中で一番ロックな「Morning Light」。(2曲目)

今が1番輝いているのではなく、これからという思い。ロックは輝いてこそですから、バンドの未来像を見ている感じにも聞こえます。

諦めないでよ 描いた未来を現実に証明

憧れたからこそ同じように始め、動きだす。夕方に向けて消えていくのではなく、「Morning Light = 朝の光」。向かっていく姿勢も、ロックです。

ヒカリへ

理想で終わらせるのではなく、変わっていこうという思い「ヒカリへ」。(3曲目)

鍵盤がメインになっていて、他とは少し印象が異なる曲。歌い方も言葉を一言ずつ言い聞かせる形で、優しさが強いです。

涙の意味を尋ねても
強がり 苦い笑顔出す

表情で分かって部分だからこそ、変えていきたい部分なのでしょう。泣いている姿も見たくないし、笑顔であれば強がりではなく、本物が見たい。

気持ちがとても優しい曲。それだけに、意志の強さも感じます。

Count on me

男性ならではの優しさが聞ける「Count on me」。(4曲目)

決して強い男ではない。それでもあなたとならば乗り越えられるし、負けずに諦めないでいられる。だからこそ「Count on me = 頼りにして」なのでしょう。

ありがとう 今度は僕が君を支えるから

強くたくましくなければならない理由。守るものがあるからこそ、今までの自分ではなく、進化していく。例え強がりであったとしても、男性ならではの思い。

不器用であっても負けない意志。ギターソロでなく、口笛ソロが印象的です。

また明日

イントロの口笛が印象的な「また明日」。(5曲目)

ボーカルの竹中 雄大たけなか ゆうだい。彼は口笛の世界大会で二度の優勝経験があるというから、納得。バンドサウンドに含まれることが少ないからこそ、興味深い!

また明日って言えることがこんなにも幸せなんだと
気づかせてくれたのはあなただった

思いが恋から愛へと変わっていく瞬間。何気ないことが本当に幸せなんだと気づけるのは、大人の階段を登っているできごとでもありますよね。

サウンドとしてもっとやれるだろうと不完全さがあるからこそ、気持ちが伝わってくるのかもしれません。どう変化していくのか、興味深い曲でもあります。

We are calling you

ラストを飾る「We are calling you」。(6曲目)

アルバムのタイトルと一番結びつく曲。だからこそ最後での収まりもよく、ライブの最後にも似合いそう。終わりではなく、未来への続きを感じさせます。

叫べ 僕とあなたで
ただ歳を重ね生きるより
この世に生まれた喜び

ストレートな言葉だからこそ、歌声となり、思いが強くなる。現時点が最高ではなく、今日までにありがとうと、未来はもっと輝くものになるのでしょう。

単純に曲として聞くと、歌の入っていな部分。特にアウトロはもっといい形にできたでしょ! と、惜しさを感じる曲でもあります。

あとがき

今をときめく「YOASOBI」もですが、知らなかったNovelbright の存在を教えてくれたのは、アイドルグループ「dela」のメンバー ふぅちゃん (神田風音)。

彼女はいろいろな音楽が好きな子ですし、世代が異なるのが多きな要因になっていると思いますが、アンテナの貼り方が面白く感じています。

このバンドの大きな特徴は、ボーカル竹中 雄大の歌のうまさ。1度聞いたら羨ましくなるような、歌声の持ち主。大きなキーですよね。

突出したものがあるからこそ逆に、曲の未完成な部分。演奏の弱さが気になるのも事実。他のメンバーの成長がこのバンドの将来を決めそうです。

特に勢いで乗り切れる曲と、そうではない場合の差が大きいかも…。適切な判断のできるプロヂューサー、アレンジャーがついたら、このバンドは化けますよ。

全国流通としてもう1枚のミニ。先日フルアルバムがリリース。こちらはまだよく聞いていないですが、どんな変化が感じさせてくれるでしょうか。

不完全だからこそ、伸びていく要素は十分なNovelbright。面白いバンドになっていくのを期待したいと思います。きっといい感じな変化を聞かせてくれるはず!

 

以上、『Novelbright:SKYWALK ~道の広がりとともに手がつながっていく~』でした。


『Novelbright』をApple Musicで

コメント