【スキマ】
スキマ

Novelbright:フェアリーテール ~夢のままでは終わらせない~

Novelbright:フェアリーテール邦楽レビュー
邦楽レビュー

Novelbright (ノーベルブライト) 配信シングル「フェアリーテール」。

前作「ツキミソウ」から2カ月。「Sunny drop」でのデビューから着実にステップを踏んできたバンドにとっての2021年始まりは、大きな広がりのある曲。

曇っている空さえも、突き抜けていくような強さがあります。

フェアリーテール 収録曲概要

「フェアリーテール = Fairytale = おとぎ話」。ノーベルブライトはちょいちょい行っていますが、英語でもいいのにカタカナ表記であるのが興味深い。

見た目上の変化だけでなく、何か意味がありそうな気がしますよね。

また、曲を聞き歌詞を見ていると”おとぎ話”というだけではなく、「夢のような」の意味も当てはまる気がします。1つで複数の意味がある英語ならでは。

そう考えるとインタビューなどはちょっとまだ見ていないですが、タイトルのやっぱりカタカナ表記には何が意味がありそうです。

フェアリーテール

バーティカルシアターアプリ「smash.」テレビCMテーマソング「フェアリーテール」。

突き抜けた音は、バンドの意思を表現しているような曲。思いの強さも相まって、あっという間に駆け抜けていきます。いかにもシングルらしい曲。

押し寄せる 無謀だと笑う声が

何かを新しいことをしようとすると、聞こえてくる声。どんなことでもやってみなければわからないのだからこそ、可能性を信じた方が楽しめます。

結果がうまくいくがどうかなんて、後になってから見ればいいんです。

夢に刻んだ フェアリーテ–ル

“夢”をそのまま取るか、”心”と見るかでも変わってきそうな部分。フェアリーテールも含めて、いろいろな見方ができるのはいい感じです。

また、おとぎ話は想像上の物語だからではなく、夢は夢のままでは終わらせる意思でないというのが、この後に続きます。

さあ未来へ 飛び込もう
これ以上ないくらいの生きた証を咲かそう

数多くがデビューしていく以上に突然消える、フェイド・アウトしていくバンド。生きた証となると、そうなってはいけない。消えない意思でしょうか。

思いと同時に、行動で示していくのはロックであり、カッコいいです。

あとがき

多く表現してきた恋愛ではなく、バンドそのもの思いを表現したような曲。歌だけでなく、支える楽器隊がすごく頑張っているのも印象的です。

上モノの音はあってもきれいにまとめることはせず、生々しい音が実にバンドらしい。歌詞にもある「生きた証」を咲かすために、絶対的に必要なこと。

デビュー後以降の進捗というか、進化は目を見張るものがあります。伸ばすべき場所を分かってらっしゃるというか、いい感じになってきています。

ロックバンドとして、どんどん面白くなってきました。

 

以上、『Novelbright:フェアリーテール ~夢のままでは終わらせない~』でした。


『Novelbright』をApple Musicで

Novelbright 関連記事

2018/10/3 release 1st Mini Album
Novelbright:SKYWALK ~道の広がりとともに手がつながっていく~

2019/9/4 release 2nd Mini Album
Novelbright:「EN.」 ~形は変わっても君に恋したのは必然だった~

2020/5/27 release 1st Album
Novelbright:WONDERLAND ~この景色はまだ始まりでしかない~

2020/8/17 release Digital Single
Novelbright:Sunny drop ~今は隠れていてもそこに太陽はあるんだ~

2020/10/23 release Digital Single
Novelbright:bad guy ~本性をあなただけに見せてあげる~

2020/11/18 release Digital Single
Novelbright:あなたを求めただけなのに ~もっとを望んでしまうよ~

2020/12/11 release Digital Single
Novelbright:ツキミソウ ~僕はあなたがずっと好きだったんだ…~

2021/2/19 release Digital Single
Novelbright:フェアリーテール ~夢のままでは終わらせない~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント