乃木坂46:夜明けまで強がらなくてもいい ~光と笑顔は手の届く場所に~

乃木坂46:夜明けまで強がらなくてもいい 邦楽レビュー

乃木坂46の24枚目のシングルである「夜明けまで強がらなくてもいい」。

前作「Sing Out! 」からは約3カ月ぶり、4月には4枚目のアルバム「今が思い出になるまで」をリリースしていますから、今年はハイペースのリリースです。

シングルの2枚は他のアーティストと違って曲数も多いですから、大変だろうなという感じとともに、今年にはとても勝負をかけてきている感じがします。

一人だけで頑張らないで

「夜明けまで強がらなくてもいい (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. 夜明けまで強がらなくてもいい
  2. 僕のこと、知ってる?
  3. 路面電車の街
  4. 図書室の君へ
  5. 時々 思い出してください
  6. ~Do my best~じゃ意味はない
  7. 僕の思い込み

Special Editionとなっているのは、配信限定のバージョンだからです。CDではType-A〜Dまでの4種類の発売ですが、配信では曲がまとまっています。

また、CDの発売日は9月4日発売ですが、配信開始は8月28日に配信が開始という違いもあります。曲として聞くには、配信バージョンが断然にお得ですね。

48グループは配信がバージョン別なのですが、46グループはSpecial Editionとして配信する曲をまとめてくれるので、すごく聞きやすいです。

レコード会社が異なりますが、よい部分は一緒にしてくれればいいのに…。なんて思ってしまうのは、聞き手側の少しぜいたくな願いなのでしょうか?

探している光の場所へ

シングルのタイトル曲の「夜明けまで強がらなくてもいい」。

タイトル曲には初選抜の遠藤さくらちゃんがセンターの曲というのは、乃木坂46は攻めてきている感じが強くします。MVを見たら人選の選択に納得でした。

この曲は誰でもある不安や迷いがある中で、カッコ悪くても自分らしく生きていく。夜明けという光を探していくという、メッセージ性の強い曲です。

乃木坂46はあまり深く聞いていなかったので、「おいでシャンプー」とかのイメージで止まっていたのですが、こんな曲も歌えるんだとビックリしました。

アイドルグループとはいえ、ポップや勢いだけではない曲を歌えるというのは、やっぱり違いが出てきますよね。聞いていなかった期間を聞き直してみます。

曲を聞いただけだと分かりませんでしたが、MVを見ると遠藤さくらちゃんをこの曲のセンターにしたというのが、分かる気がする曲です。

他の曲だとまだセンターには弱い気がしますが、この曲では適任かなと。迷いの中で光を探していくには、別のイメージがまだない彼女がよく似合います。

ずっと忘れることはない

桜井玲香ちゃんのソロ曲であり、乃木坂46の卒業曲である「時々 思い出してください」。

今回のシングルの収録曲の中でも他の曲とは違って聞こえる、少し特別な曲です。創立メンバーでキャプテンの卒業曲だから、違うのは当然ですよね。

振り返りながら、今の自分があるのは過去があるからというのが、これでもかと聞いていて伝わってくる曲です。大変だからこそ、楽しかったんだろうなと。

MVを見ていてもすごくいい子で、キャプテンだったんだろうなというのが伝わってきます。乃木坂46は卒業はしてしまいますが、忘れる人はいないですよ。

卒業は終わりではない、新しいことの始まりですから活躍を期待しています。

笑顔の中に見つけた喜び

シングルのラストを飾る「僕の思い込み」。

メッセージが強い曲が多い今回のシングルの収録曲の中で、とても優しさを感じる曲です。「君の笑顔に癒やされるんだ」なんて、すごくいいなと感じました。

普段の通勤や通学で見かける特定の名前も知らない人の笑顔を見かけるだけで、なぜか自分も笑顔になるなんてことは多くの人があることですよね。

アイドルというと、ファンの思い込みが強いです。乃木坂46までグループが大きいと自分の存在は気付いていなくても、笑顔に癒やされることはよくあります。

自分もアイドルも好きなので、情景が思い浮かんでくるようです。あまりよくないイメージもありますが、笑顔になる思い込みはいい思い込みですよね。

「僕の思い込み」。すごく良い曲名だと思いました。この曲には現時点でMVがないですけれど、見られるなら見てみたいですね。

ギター1本で歌っても成立するような、シンプルでとてもよい曲です。

夜明けまで強がらなくてもいい あとがき

さらっとなんとなくは曲がリリースされるたびに聞いていましたが、乃木坂46はちゃんと聞いてみると想像していた以上にいいですね。

今の乃木坂46にはアイドルとしてのポップな曲や勢いだけの曲ではない、聞いて楽しめるグループになっていることが分かりました。

聞いて楽しめるからといって、アイドルではなくアーティストです! となっていないところは、すごく聞いていて好感が持てましたよ。

活動が長くなってきたアイドルグループがよく失敗するのが、過度なアーティスト化を狙ったことにある場合がほとんどですから、うまいバランスだなと。

周りでアイドルが特に好きではないのに、乃木坂46を聞いている人たちがいるのですが、なんとなく理由が今回のシングルを聞いて分かった気がします。

 

以上、『乃木坂46:夜明けまで強がらなくてもいい ~光と笑顔は手の届く場所に~』という記録でした。

コメント