乃木坂46:しあわせの保護色 ~手を伸せば届く近くにあったんだね~

乃木坂46:しあわせの保護色邦楽レビュー
邦楽レビュー

乃木坂46 (のぎざか フォーティーシックス) 25枚目のシングル「しあわせの保護色」。

前作「夜明けまで強がらなくてもいい」から約7カ月ぶりとなるシングルは、収録曲全体に優しさを感じる内容になっていました。

聞いているとタイトル曲の曲名に含まれているように、しあわせな思いを感じてしまうシングルです。

【Enjoy Your Sound】
Enjoy Your SoundEnjoy Your Sound

しあわせの保護色 収録曲概要

「しあわせの保護色 (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. しあわせの保護色
  2. サヨナラ Stay with me
  3. じゃあね。
  4. アナスターシャ
  5. 毎日がBrand new day
  6. I see…
  7. ファンタスティック3色パン

Special Editionとなっているのは、Type-A〜Dと通常盤の曲がまとまっていることにあります。配信日もCD発売よりも早いという、少しだけ特殊ですね。

配信日だけ見るとAKB48「失恋、ありがとう」と同日です。あえてぶつけてきたのか思いましたが、配信のみ先行と考えると納得してしまいます。

収録内容に目を向けると1期生 白石麻衣ちゃんの卒業シングルであるのが、大きな特徴です。 卒業だからもあるのか、気持ちの優しい曲が詰まっています。

しあわせの保護色

シングル・タイトル曲「しあわせの保護色」。(1曲目)

しあわせについて歌った曲は、思いがとても優しい曲です。

幸せはいつだって近くにあるんだ
保護色のようなもの 気付いていないだけ

探そうとするから見つからないけれど、何気ないところにしあわせはあるものです。俗にいう灯台下暗しを保護色のようなものとは、面白く興味深い表現です。

MVが最初はメンバーそれぞれで服の色が違いますが、後半は全員が同じ色の衣装が一人だけアピールしない保護色のようで、面白く感じました。

「卒業するメンバーを乃木坂46として”プロム”で見送るとしたらこうなるのでは?」というコンセプトを元に、撮影をしたこの曲のMV。

最初は知らずに見ましたが、「プロム = 学年の最後に開かれるフォーマルなダンスパーティー」と考えると、白石麻衣ちゃんを送り出すのにいいMVですね。

気持ちが優しい曲をタイトル曲にできる乃木坂46は、興味深いです。

サヨナラ Stay with me

ブルボン フェットチーネグミ「迷ったら、ハズむほう。」編 CMソングで、対極にある思いが重なった「サヨナラ Stay with me」。(2曲目)

サヨナラなのに、一緒にいてなんていうのは、思いが興味深いです。サヨナラなのは頭の中で分かっていても、もっと一緒にいたいという気持ちも分かります。

永遠分の一を私にください

二でも三でもなく、”一”であることに、意味を感じずにはいられません。もう二度と会えないサヨナラではないからこそ、爽やかな曲になった曲の気がします。

寂しすぎるサヨナラではなく、新しい始まりを感じさせるサヨナラです。

じゃあね。

白石麻衣ちゃんの卒業ソングであり、自身で作詞も行ったソロ曲「じゃあね。」。(3曲目)

自身で作詞をしたということで、普段の秋元さんの歌詞ではないような部分も感じられます。字あまりであったり、表現に少し不器用な部分がありますよね。

それでも不器用な部分が、白石麻衣という人を表しているようで、歌詞を見ていていいなと思ってしまいました。うまいのが必ずいいのではないんです。

さよならをありがとう

この言葉が最後に言えるのは、ステキですよね。

きれいなお姉さんであるのは当然知っていましたが、回想しているMVはいい子であるのが伝わってくるし、頭に描いたいた印象以上にキレイに見えましたよ。

アナスターシャ

今回の収録曲で乃木坂46のイメージとぴったりする方が多いであろう曲「アナスターシャ」。(4曲目)

「アナスターシャ = アナスタシア」。ヨーロッパでは女性の名前。ギリシア語では「目覚めた女/復活した女」。歌詞とともに、興味を引く曲名です。

歌詞からも聞く人によって、いろいろな解釈ができる曲ですよね。

ごめん アナスターシャ
君はまだ若すぎて
止められなかった

この曲でいうアナスターシャとは誰か特定の女性のことではなく、過去の自分に向けた思いではないかなと、個人的に聞いていて感じました。

「君はまだ若すぎて 止められなかった」は誰かに対していうのであれば、超上から目線ですが、過去の自分に対してであればしっくりときちゃいます。

実際はどういう思いかは分かりませんが、想像ができる曲は聞いていて興味深いです。

毎日がBrand new day

ポジティブさが前面に出た「毎日がBrand new day」。(5曲目)

365日の毎日が新しい1日。ポジティブ以外の言葉が見当たらない曲です。

ダメだったら やり直せばいい
ずっと ずっと 僕がついてるよ

単にダメだったらやり直せばいいじゃん! ではなく、僕がついているよとうのが優しい思いです。明日がくること、新しい毎日が楽しくなってしまいます。

この曲がかもし出す気持ちがとても優しい曲は、アイドルならではの曲じゃないでしょうか。シンガー・ソングライターでも、バンドでも出せない雰囲気です。

I see…

4期生初主演ドラマ dTVオリジナル「サムのこと」主題歌で、ファンクの要素が入った曲が楽しい「I see…」。(6曲目)

MVでもメンバーの笑顔がいっぱいですが、聞いていて笑顔になってしまう曲です。男女の愛情ではなく、友だちへの愛情を感じる曲でもあります。

大事なのは 一つだけ WOW WOW WOW
君のことが好きだ

「I see = 知ってる、分かってる」。好きなのが分かるっていいですね。気持ちの優しさが分かると、より聞いていて笑顔にならずにはいられない曲です。

ファンタスティック3色パン

映画映「像研には手を出すな!」主題歌「ファンタスティック3色パン」。(7曲目)

今回のシングルで圧倒的にインパクトのある曲です。タイアップはついていますが、3人のユニット曲だとしてもカップリング曲では惜しい気がしました。

乃木坂46がこんな楽しい曲もするんだ! と、驚きを感じさせてくれる曲です。

どれか好きか 人それぞれね
1つ選べないなら まとめてしまえハッピー

「ファンタスティック = 架空」ですから、面白くもあり、理にかなった歌詞です。3食パンのように良さは人それぞれだから、まとまっちゃえばいんです。

一人よりも3人。それぞれの良さが出て、強くもなれちゃいます。間違いなく盛り上がるアゲアゲの曲は、ライブで見てみたい曲です。

あとがき

乃木坂46の功労者 白石麻衣ちゃんの卒業シングル。優しががたくさん詰まった内容のシングルです。快く送り出そうという感じでしょうか。

寂しさはもちろんあるでしょうけれど、春の始まりであり優しい風を聞いていて感じてしまう内容は、人柄も含めての内容になっている気がしました。

どの曲も優しさがあふれている中に「ファンタスティック3色パン」のようなインパクトのある曲もある。全体を通して聞いていて、興味深かったです。

このシングルの7曲は、どの曲も外せない。必要のある曲に感じました。アイドルが好きな人はもちろんのこと、誰にでも乃木坂46は興味深く面白いですよ。

 

以上、『乃木坂46:しあわせの保護色 ~手を伸せば届く近くにあったんだね~』でした。


『乃木坂46』をApple Musicで

乃木坂46 関連記事

2019/5/22 release 23rd Single
乃木坂46:Sing Out! ~自分に迷ってしまう前に大声で歌ってみよう~

2019/8/28 release 24th Single
乃木坂46:夜明けまで強がらなくてもいい ~光と笑顔は手の届く場所に~

2020/3/18 release 25th Single
乃木坂46:しあわせの保護色 ~手を伸せば届く近くにあったんだね~ ←今ココ

コメント