【Amazonアプリストア】

西川くんとキリショー:1・2・3 ~何度でも前へと歩き出すよ~

西川くんとキリショー:1・2・3邦楽レビュー
邦楽レビュー

西川くんとキリショー (ニシカワくんとキリショー) 配信シングル「1・2・3」。

音楽ファンでなくてもその存在は知っている方が多いT.M.Revolution 西川貴教と、キリショーことゴールデンボンバー 鬼龍院翔がタッグを組んだ楽しい曲。

聞けば、くじけているヒマなんてない! 前に進むしかないんだと感じさせてくれます。

1・2・3 概要

「1・2・3」は、TVアニメ「ポケットモンスター」オープニングテーマ。ゲームとしても白黒時代のゲームボーイからありますし、アニメとしても長い番組。

自分のようにピカチューぐらいしか名前が一致しなくても、ポケモンという名前は老若男女で知っているもの。そこに人気者同士がタッグというのがいい感じ!

今までも水樹奈々ちゃん、LUNA SEAのJなど、多くの人とコラボをして曲をリリースしている西川貴教兄さん。その中でも楽しさは1番ではないでしょうか。

個人的にはLuis-Maryの頃から好きだたったので、未だに灰猫 (HAINE)呼びの方がしっくりときますが、カッコよくありながら楽しい活動もしてくれる人です。

1・2・3

テレビアニメ「ポケットモンスター」オープニングテーマ「1・2・3」。

個人的にポケモンをよく知らないので想像の部分もありますが、冒険は決して楽なものではなくても、前に進む勇気さえあれば未来が見えてくる内容。

1人でなく、一緒に進む仲間と一緒に冒険。まだ見ぬ出会いも今後に待ち構えているんだというのは、めっちゃポジティブ。無理矢理感もないのもいい感じ!

Bメロでワルツになるのがいい形でのフックになり、曲の構成としても面白い! ポジティブでポップな曲に引っかかる部分は、クオリティーを上げています。

いつも思い出はどれも
全部ボールの中に

多分ポケモンボールってやつのことですかね。捕まえるというだけでなく、思い出も。ポケモンならではの表現は、聞いていて興味深いです。

何度も歩き出す隣
キミに決めた!

一緒に信頼して冒険ができる仲間がいる。1人で歌うのではなく、コラボをする意味も強くなっていきます。4分56秒の曲は、時間の長さを短く感じますよ。

ポケモンをあまり知らなくても楽しめる曲。さらに馴染みがある人であれば、想像できる範囲が広がるからこそ、もっと楽しんで聞けるのではないでしょうか。

MVがめちゃくちゃ面白いのもポイント! T.M.Revolution「HOT LIMIT」の衣装であったり、「女々しくて」の振りや、MVの撮影現場も再現。

ゴールデンボンバーのメンバーもこれでもかと、華を添えています。それにしても兄さんのたくましい体が凄い! 年齢をいうものを感じさせない人です。

あとがき

Luis-Maryのシングルとしては最後となった「DRIVE ME MAD」。

夢だけは 離さない 速すぎる今に 置き去りにされても

サビの頭の歌詞。当時から大好きな曲で今もたまに聞くのですが、曲調としては全く異なっても、共通点があるように感じました。思い出しちゃいましたし…。

Luis-Maryはバンドとして売れはしなくても、本当カッコよかった。確かJusty-Nastyからのつながりで聞いたんだと思いますが、めっちゃハマりましたね。

また、楽しく勇気をくれる曲「1・2・3」でのコラボは、想像していた以上に面白い! もう少しキリショーが前に出てきたら、異なる形にもなりそうです。

今回のコラボは企画物ではありますが、単発で終わるかといえば絶対ではありません。過去にも水樹奈々ちゃんとは2枚のシングルをリリースしてますし…。

1度だけではもったいないタッグだと思いますので、またそう遠くない時期に新たな曲を聞くことができたらいいなと思っています。

底抜けに明るさと勇気をくれる曲は、ポケモンを知らない人にも与えてくれるものがありそう。この突き抜けた感は、そうそう聞けるものではないですよ。

 

以上、『西川くんとキリショー:1・2・3 ~何度でも前へと歩き出すよ~』でした。


Amazon【西川貴教】関連商品

西川くんとキリショー 関連記事

2020/9/30 release Digital Single
西川くんとキリショー:1・2・3 ~何度でも前へと歩き出すよ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
ゴールデンボンバー

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント