Motley Crue:Theatre of Pain ~この痛みをあなたに癒やしてほしい~

Motley Crue:Theatre of Pain洋楽レビュー
洋楽レビュー

Motley Crue (モトリー・クルー) 3枚目のアルバム「Theatre of Pain」。

前作「Shout at the Devil」から約1年9カ月ぶりとなる、1985年にリリースされました。サウンドがグラム・ロックよりになっているのが特徴。

要素はどのアルバムでも感じますが、一番強く感じる内容になっています。

Theatre of Pain 収録曲概要

「Theatre of Pain」収録曲は以下の通り。

  1. City Boy Blues
  2. Smokin’ in the Boys Room
    Mötley Crüe, Michael Lutz, Cub Koda, Randy Nicklaus & Michael Preston
  3. Louder Than Hell
  4. Keep Your Eye on the Money
  5. Home Sweet Home
  6. Tonight (We Need a Lover)
  7. Use It or Lose It
  8. Save Our Souls
  9. Raise Your Hands to Rock
  10. Fight for Your Rights
  11. Home Sweet Home (Demo)
  12. Smokin’ in the Boys Room (Alternate Guitar Solo-Rough Mix)
  13. City Boy Blues (Demo)
  14. Home Sweet Home (Instrumental)
  15. Keep Your Eye on the Money (Demo)
  16. Tommy’s Drum Piece from Cherokee Studios

10曲目までが本来の形で、以降は再発時に追加されたボーナストラック。基本はデモでコレクター向けな曲ですから、本編以外は聞かなくてもいいかも…。

本作はリリース前年のヴィンス・ニールが飲酒運転で起こした事故により死亡した、ハノイ・ロックスのドラマー ラズルに捧げられたアルバムです。

City Boy Blues

オープニング曲「City Boy Blues」。(1曲目)

「Shout at the Devil」で聞けたハードロックとは異なるんだと、感じさせてくれる曲。完全にグラム・ロックよりになっています。

I got the city boy blues x4

「シティーボーイブルースを手に入れた」。重要な部分の歌詞を繰り返すのは変わっていませんが、曲調の変化で印象が大きく異なります。

最初は微妙に感じるかもですけれど、徐々に入り込んできます。

Smokin’ in the Boys Room


ブラウンズヴィル・ステーションのカバー「Smokin’ in the Boys Room」。(2曲目)

オリジナルを知らない方であれば、モトリー・クルーの曲だとしか思わないかも…。マリリン・マンソン「Sweet Dreams 」のような感じですね。

Everybody knows that smokin’ ain’t allowed in school

「誰もが喫煙は学校でしちゃダメなのは知っている」。だからこそ、悪ぶってみたい反抗期として、男の部屋で喫煙するという情景が面白い。

喫煙が問題視される現代社会では生まれなかってあろう曲は、時代の背景を感じさせます。個人的にタバコは大嫌いでも、この曲は大好きです。

Louder Than Hell

ミディアム・テンポのハードロック「Louder Than Hell」。(3曲目)

「Shout at the Devil」の流れをくむ曲は、好きな人が多いかも…。ヴィンス・ニールの歌声が生かされていて、カッコいい!

Some like the violence
Some like submission

「暴力が好き。服従のようなもの」。最後に地獄よりも好きと言っちゃうのが、よりハードロックな感じを強めています。

タメのあるリフは、古めかしさはあってもギタリストはきっと好きなはず!

Home Sweet Home

美しいロックバラード「Home Sweet Home」。(5曲目)

モトリー・クルーといえば、まず思い浮かべる方も多い名曲。優れた曲を多く持っているバンドですが、特に優れた色あせることのない代表曲。

Take me to your heart

「あなたに寄り添いたい…」。この思いがあるからこそ、甘く温かい家に帰りたくなる。曲がカッコいいだけでなく、思いも優しい。

バットボーイズなモトリー・クルーが歌うからこそ映えますね。印象的なピアノのフレーズは、鍵盤を弾いていると弾きたくなります。

X 「ENDLESS RAIN」を好きな方は、間違いなく気にいりますよ。

今のMVにも通じる、前置きのあるストーリーが見られるPV。先に背景があるからこそより曲を引き立てているので、見ることをオススメします。

Use It or Lose It

アルバムの中で一番ハードな「Use It or Lose It」。(7曲目)

古いタイプのハードロックですが、疾走感があり、カッコいい! 今の形でアレンジをし直したら、もっといい感じに変わりそうな曲です。

You better use it don’t throw it away, hey

「うまく変わるから捨てないで」。少しだけ弱い男の部分を見せるからこそ、より興味深く聞こえます。

捨てないで! の思いの通り、生まれ変わることを期待しちゃう曲。埋もれているかもですが、展開次第で面白くなりそうであるのは間違いありません。

あとがき

メンバー全員が薬物、アルコール中毒の問題を抱えた中で制作され、あまり納得のいく作品ではないとニッキー・シックスが語ったアルバム。

確かに全体像でみると、中途半端であるようにも聞こえます。「Home Sweet Home」がなかったら、ちょっとやばかったも…。

通して聞いて、ベストな1枚とあげる方は少ないかもしれません。それでも今も続く名曲が含まれているというのが、興味深く感じます。

楽器を弾く人が「自分だったらこうアレンジするな」という感じ聞くのが、最も楽しめる形かもしれません。駄作と決めつけるのは、まだ早い!

全体を通して聞くのは必聴でなくても、欠かせないアルバムです。

 

以上、『Motley Crue:Theatre of Pain ~この痛みをあなたに癒やしてほしい~』でした。


『Motley Crue』をApple Musicで

Motley Crue 関連記事

1981/11/10 release 1st Album
Motley Crue:Too Fast for Love ~華麗に舞い降りたクルーたち~

1983/9/26 release 2nd Album
Motley Crue:Shout at the Devil ~一緒に叫ばずにはいられない~

1985/6/21 release 3rd Album
Motley Crue:Theatre of Pain ~この痛みをあなたに癒やしてほしい~ ←今ココ

1987/5/25 release 4th Album
Motley Crue:Girls, Girls, Girls ~俺には男としてイカした時間が必要だ~

1989/9/1 release 5th Album
Motley Crue:Dr. Feelgood ~永遠に続かないからこそ変化の時~

2019/3/22 release Soundtrack Album
Motley Crue:The Dirt Soundtrack ~終焉を迎えても輝きは消えない~

1993/4/16 release 1st Album
Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~

1995/9/1 release 2nd Album
Vince Neil:Carved In Stone ~記録として残すもう1人の自分~

2010/6/21 release 3rd Album
Vince Neil:Tattoos & Tequila ~迷いを全て捨てて戻ってきたぜ~

2019/9/27 release Digital Single ※ニッキー・シックス別バンド
SIXX:A.M.:Talk to Me ~君は1人で孤独なんかじゃない~

2020/8/21 release Digital Single ※ニッキー・シックス別バンド
Sixx:A.M.:Maybe It’s Time ~時の流れは誰でも同じだから変えられる~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント