【Yahoo! プレミアム】

Motionless In White:Somebody Told Me ~まだチャンスがある~

Motionless In White:Somebody Told Me洋楽レビュー
洋楽レビュー

Motionless In White (モーションレス・イン・ホワイト) 配信シングル「Somebody Told Me」。

5枚目のアルバム「Disguise」から1年3カ月。翌月「Creatures X: To The Grave」控えたなかでリリースされたのはThe Killersのカバー。

これがバンドの雰囲気も相まって、ドハマりな形のカバーとなっています。

Somebody Told Me 概要

The Killers「Somebody Told Me」はシングル、かつ2004年にリリースのデビューアルバム「Hot Fuss」にも収録された曲。

バンド名じゃないですが、正にという言葉がぴったりなキラーソング!

とはいえ最初は思うような注目を集められす、微妙に異なる形でリリースしたというのも、今となっては興味深い経緯をもったと曲でもあります。

いい曲であればいいのではなく、そのタイミングも重要。難しいとことですね。

その上でまた再度時間をおき、モーションレス・イン・ホワイトがバンドに合わせたブラッシュアップした形でカバーするというのも興味深い!

大きくは変わっていませんが、その表現を聴き比べてみても面白いですよ。

Somebody Told Me

The Killersのカバー「Somebody Told Me」。

恋の歌なのですが、複雑な状況。一般的ではないですが、恋には自由度があるからこそ、興味深い世界。自分はいたって”ド”が付くノーマルですが…。

Well, somebody told me you had a boyfriend
Who looked like a girlfriend

「誰かがあなたには彼氏がいるといっていた。彼女のように見えた人」。サビの印象的なメロディーと、歌詞。通常であれば、最初はビックリすることです。

それでも、すぐに思い浮かべたことが、ちょっと変わっていました。

That I had in February of last year

「去年の2月に待っていたこと」。季節はバレンタインデーのこと。日本だと女性から男性のチョコをあげるのが主流ですが、異なる海外。

どちらからもあるし、恋が生まれる場面でもあります。友チョコなんていうのもありますが、海外のように限定されないほうが面白いかもしれません。

It’s not confidential, I’ve got potential

「これは機密じゃなく、可能性がある」。これは興味深い。相手の秘密を知った上で、また可能性があると思ってしまう。ある意味で本当の恋かも…。

考え方によっては、同性でなければライバルでもなく、恋愛感情は異なるということですから。感覚的に分かり得ない部分もありますが、興味深いです。

あとがき

通常バンドが表現するものとは異なる恋の歌。たまたまランダムで聞いていて、歌詞にも出てきますが、2月というのも大きく関係する曲、

ここと逃すと書くタイミングが飛んでしまうなと思ったので、このナイスなカバーを取り上げてみました。原曲が良いのは当然ですが、良いカバーなので。

また、今作の翌月には続きを描いた「Creatures X: To The Grave」をリリース。新たのアルバムも製作中だというバンド。今後が楽しみです。

 

以上、『Motionless In White:Somebody Told Me ~まだチャンスがある~』でした。



『Motionless In White』をApple Musicで

Motionless In White 関連記事

2017/5/5 release 4th Album
Motionless In White:Graveyard Shift ~感情が永遠に回り続ける~

2019/6/7 release 5th Album
Motionless In White:Disguise ~どの自分が本当なのかは知っている~

2020/9/9 release Digital Single
Motionless In White:Somebody Told Me ~まだチャンスがある~ ←今ココ

2020/10/23 release Digital Single
Motionless In White:Creatures X: To The Grave ~今度は俺がする側に~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント