次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【DAZN for docomo】

Motionless In White:Slaughterhouse ~永遠に貴様を祟ってやる~

Motionless In White:Slaughterhouse洋楽レビュー
洋楽レビュー

Motionless In White (モーションレス・イン・ホワイト) 配信シングル「Slaughterhouse (feat. Bryan Garris)」。

前作「Masterpiece」から1カ月。22年6月10日にリリースされる6枚目のアルバム「Scoring The End Of The World」からのサードシングル。

怒りを抱えながらその先にある場所…。死して恨みを残す激しい思いです。

Slaughterhouse (feat. Bryan Garris) 概要

ハードコアバンド Knocked Looseのボーカル Bryan Garrisをフィーチャリングした今曲。小音量でも耳が痛くなるような、突き刺さる激しいサウンド。

まるでバンドの初期に戻ったかのよう。演奏力が足りず、行いたいであろう表現ができていなかった時とは同じ激しいであっても、大きな差がありますが…。

それにしても何故ここまで怒りを持つ激しい表現になるのか。歌詞を見れば一目瞭然ですが、タイトル「Slaughterhouse = 屠畜場とちくじょう」でも同様ですね。

いわゆる食肉処理場、食肉解体施設。自分がそこで解体される立場であると知れば受け入れることは難しいですし、激しい怒りとなるのは必然でしょう。

Slaughterhouse (feat. Bryan Garris)

もう俺たちに残された選択肢は”死”のみ「Slaughterhouse (feat. Bryan Garris)」。

不適合者が権力を持ち、己の利欲のためだけにその他の人を犠牲にする。実際に歴史の中でも行われてきたことでありますが、そこには消えることのない痛み。

その上で生きるという形は失っても自然と恨みを残す思いは、正に祟りです。

You made a deal with the devil in a bloodbath

「あんたは大量殺人で悪魔と契約した」。俺たちを犠牲として差し出し、悪魔と契約する。そこに人の心というものは、存在しないのではないでしょうか。

自分が良ければ何が起こってもいい。姿形はそうであっても、もはや人ではないのかもしれませんね。

Whatcha gonna buy with all your money in hell?

「地獄で全財産を使って何を買うつもりなんだ?」。地獄の沙汰も金次第とは言いますが、自ら得たものではなく、そこにあるのは他の人を犠牲にして…。

狂ってしまっているからこそ、判断がおかしくなっているのでしょう。目的のためにではなく、過程のためにする必要のないことをしているような形です。

判断力が欠落というか、おかしいからこそ、頭が狂っているのですが…。

You won’t survive in your slaughterhouse
DIE

「屠畜場では生き残れない、死ぬ」。ラスト部分ですが、この叫びの後に聞こえるのは終焉の音。死する寸前の最後の言葉は、大きな怒りを感じさせます。

まだこの先を歩みたいという意思があるのに、不適切な権力者によって明日を突然奪われてしまう…。怒りと恨みが生まれるのは必然ではないでしょうか。

それにしても激しい歌。どんな事が歌われているのか知った方が、なぜこの形の表現になっているのか分かると思いますよ。

あとがき

今曲のリリースのタイミング的に、6枚目のアルバム「Scoring The End Of The World」からの先行配信されうラストシングルでしょう。

それにしてもタイトルから痛みのあるものだとは想像がつくとはいえ、先行シングルで描いた切なさと痛みは、アルバムとなった時はもっと強くありそうです。

表現することの焦点も定まっていますし、彼らのターニング・ポイントとなるべく1枚になることを予想しています。全体として聞けるのが楽しみです。

 

以上、『Motionless In White:Slaughterhouse ~永遠に貴様を祟ってやる~』でした。

Motionless In White 関連記事

2017/5/5 release 4th Album
Motionless In White:Graveyard Shift ~感情が永遠に回り続ける~

2019/6/7 release 5th Album
Motionless In White:Disguise ~どの自分が本当なのかは知っている~

2020/9/9 release Digital Single
Motionless In White:Somebody Told Me ~まだチャンスがある~

2020/10/23 release Digital Single
Motionless In White:Creatures X: To The Grave ~今度は俺がする側に~

2021/5/14 release Digital Single
Motionless In White:Voices: Synthwave Edition ~僕だけに聞こえる声~

2021/8/20 release Digital Single
Motionless In White:Timebomb ~もう俺の頭の中が破裂しそう…~

2022/3/11 release Digital Single
Motionless In White:Cyberhex ~未来? それってなんですか? ~

2022/4/14 release Digital Single
Motionless In White:Masterpiece ~それは過ちから作られた~

2022/5/13 release Digital Single
Motionless In White:Slaughterhouse ~永遠に貴様を祟ってやる~ ←今ココ

「Motionless In White」をApple Music で聴く

Amazon【Motionless In White】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント