ももいろクローバーZ:おどるポンポコリン ~楽しくみんなでおかわり~

ももいろクローバーZ:おどるポンポコリン 邦楽レビュー

ももいろクローバーZの19枚目のシングルである「おどるポンポコリン」。

言わずと知れた「ちびまる子ちゃん」の主題歌。オリジナルのBBクィーンズに始まり、いろいろなアーティストに歌われたきた曲のももクロ版です。

アニメの放送では少し前に変わっていたオープニングテーマですが、音源としては少し遅れてのリリースとなりました。

何気ない日常の平和

「おどるポンポコリン」の収録曲は以下の通りです。

  1. おどるポンポコリン
    ももいろクローバーZ feat. まるちゃんと仲間たち
  2. ありがとうのうた
    百田夏菜子、玉井詩織、高城れに feat. まるちゃんと仲間たち
  3. 私を選んで!花輪くん
    佐々木彩夏&みぎわさん feat. 花輪くん
  4. おどるポンポコリン (off vocal ver.)
  5. ありがとうのうた (off vocal ver.)
  6. 私を選んで!花輪くん (off vocal ver.)

「おどるポンポコリン」は歌い手、アレンジが変わっても曲は分かりますから、気になるのはカップリング曲ですよね。

特に「私を選んで!花輪くん」は曲名からしたインパクトがありますが、聞くとさらにインパクトのある曲になっていますよ。

タイトル曲もですが、カップリング曲の2曲が肝となる今回のシングルです。

サンバでレッツゴー!

ももクロ流にアレンジされた「おどるポンポコリン」。

年代性別問わずおなじみのこの曲も、サンバのリズムになっていて楽しさが倍増した形になっています。いろんなアレンジができる曲ですよね。

曲中にたくさんのちびまる子ちゃんのキャラクターが登場するのですが、中でも活躍しているのは小杉くんです。食いしん坊キャラは強いですね。

小杉くんという憎めないキャラが、最後「おかわり〜! 」で締めるというのが、すごく平和であり、楽しい曲の象徴になっています。

楽しいアレンジになっているの少しネガティブキャラの永沢、藤木、前田さんが出てこないのは分かりますが、山田が出ないのは少し意外でした。

はまじも出てくるのはおじいちゃんですから、キャラ選択が面白いですね。

言葉に出しづらい気持ち

家族への感謝の気持ちを歌った「ありがとうのうた」。

かんたんな言葉だけれど、なかなか言えない「ありがとう」。ちびまる子ちゃんに登場するキャレクターを使って、言ってみたらどう? と言っているようです。

誰もが一人では生きて生きていくことはできないから、まずは家族から「ありがとう」という言葉を伝えてみてはいかがでしょうか?

言った人も、言われた人も幸せになれる言葉が「ありがとう」です。

さらっと聞けてしまう曲ですが、メッセージ性は強い曲になっています。

一途な乙女の恋心

あーりんとみぎわさんで花輪くんへの恋心を歌った「私を選んで!花輪くん」。

みぎわさんの良さですが、アイドルであるあーりんに一切自分が劣っていたにどころか、優位に立っているというのが面白いです。

みぎわさんの自身はどこからくるのか不明ですが、見習いたい感じのポジティブさですよね。それでいて花輪くんへの一途な恋心が分かる曲になっています。

お金持ちでカッコよくて、レディーファーストな紳士な花輪くん。字が汚いという意外な側面を持っていても好きといのが、みぎわさん本当の恋ですよね。

みぎわさんが、なぜかかわいく思えてきてしまう曲ですよ。本当に純粋。

おどるポンポコリン あとがき

誰もがおなじみの曲でメロディー自体は変えられない曲ですが、歌い手とアレンジが異なると違って聞こえてくる。原曲の良さがあらためて分かります。

他の曲であれば「おどるポンポコリン」ほどアーティストが異なったり、アレンジされてリリースされる曲は少ないですから、聞いていて面白い曲です。

前任のゴールデンボンバーがとてもよかったですから、難しい部分も合ったと思いますが、ももクロ流の「おどるポンポコリン」になっているのが面白いです。

音楽の面白さを、いろいろと感じさせてくれる曲ですよね。変わったばかりで気が早いですが、次はどんなアーティストで、どんな感じになるのか楽しみです。

 

以上、『ももいろクローバーZ:おどるポンポコリン ~楽しくみんなでおかわり~』という記録でした。

コメント