麻倉もも:Peachy! ~君への純度100%の恋する思いを聞いてほしいな~

麻倉もも:Peachy!邦楽レビュー
邦楽レビュー

麻倉もも (あさくら もも) 1枚目のアルバム「Peachy!」。

4枚のシングルを含む、ソロデビューからの集大成といえる内容。これでもかとポップな内容に、圧倒されることは間違いありません。

リミッターを振り切った楽しさが、このアルバムにあります。

【スカパー!】
スカパー!スカパー!

Peachy! 収録曲概要

「Peachy!」収録曲は以下の通り。

  1. Good Job!
  2. 明日は君と。
  3. Run for you
  4. トラベリータイム
  5. 恋のプレリュード
  6. ずっと君のことが好きなんです。
  7. 花に赤い糸
  8. パンプキン・ミート・パイ
  9. トクベツいちばん!!
  10. Fanfare!!
  11. No Distance
  12. 星空を想えば
  13. カラフル

曲名だけを見ても、ポップさしか感じません。名前が”もも”で、アルバム・タイトルも「Peachy!」。直球だからこそ、気持ちがよくなります。

曲の聞くとさらにど真ん中なのですから、多くの男性はキュンとせずにはいられないかも…。きっと、ずっと目を見つめられているような感覚になりますよ。

Good Job!

オープニング曲「Good Job!」。(1曲目)

イントロのないサビ始まりで、一気に引き込まれる曲。曇っていた空が一気に晴れ渡るような感覚さえ感じる、ポップさがあります。

ココロのシャッターを押そう

実際の写真ではなく、ココロというのがいいですね。トクメク瞬間、幸せの思い出が増えていけば、いつも楽しくなる。

「Good Job = いいよ」。が自分自身からの言葉のようで、励みになります。ポップ全開の曲は、聞いていて楽しくなります。

明日は君と。


恋する女の子の思いが聞ける「明日は君と。」。(2曲目)

相手が名前も知らない人というのが、甘酸っぱい恋を感じさせます。いつも見かけるだけで恋をしてしまうことはありますし、思い自体がかわいらしい。

「私私…君の名前が知りたい」
好きなんです

相手のことを知らないからこそ、純度100%の恋。大人になると人となりを知ってから好きになることが多いですから、思い出してしまうような恋です。

ときめくような思い。純粋だからこそできる、恋じゃないでしょうか。

恋のプレリュード

ときめくからこそのいろいろな思いが聞ける「恋のプレリュード」。(5曲目)

短いオールゴールの音色で始まり、一気に世界感を変える曲。アルバムの中で必要な流れである部分を、うまく表現できています。

ポップ度が高いアルバムだからこそ、この曲が印象に残るという人も多いはず。

ふれ合うたびに この胸 キュンとしめつけられる
この想い ホンモノなの?

本気で恋するからこその想い。かわいらしいと感じないほうが無理かも…。

5曲目から3曲続くしっとりとした曲の中、「プレリュード = 前奏曲」だからこそ、聞いていて特に印象に残ります。

パンプキン・ミート・パイ

4枚目のシングル「パンプキン・ミート・パイ」。(8曲目)

自分をシンデレラに見立てた恋の歌。それでも本来の話とは異なる点が多く、興味深くなります。迎えにいったり、ミート・パイというのが面白い!

初めてのデート
張り切っちゃった

想像だけのことが現実になるからこそ、妄想とかがいろいろと混ざっている。女の子だからこそのロックな曲も含めて、面白く興味深い。

軽音楽部でガールズバンドを組んでいる子に、特にオススメな1曲。曲を知らなくても楽しめますし、ライブで盛り上がっているのが想像できます。

トクベツいちばん!!

2枚目のシングル「トクベツいちばん!!」(9曲目)

演奏もシンプルですし、思いが純粋であるからこそ、あっという間に聞き終わる曲。勢いで押し切られてしまう、キミへの好きな思いが聞けます。

思ったことは口に出ちゃうよ
ウソはつけない

冒頭の歌詞。最初にあるからこそ、この曲が伝えたいことがギュッとくる。同時に鼓動が早くなるテンポだからこそ、聞いていてドキッとしてしちゃいます。

ゆっくりでも、これ以上早くでも分からなくなる絶妙なテンポですね。

星空を想えば

気持ちの優しい歌「星空を想えば」。(12曲目)

一言一言を大切に歌っているからこそ、気持ちがより伝わってくる曲。彼女の声質にあっているのも、ポイントです。

ひとりじゃない 同じメロディ
心に 奏でられるよ

君と私でもない、みんなであるからこそ優しさが増していきます。同じメロディというのが、またいい感じ!

聞いていると、ライブでペンライトが揺れている姿が想像できます。

カラフル

3枚目のシングルでアルバムを飾る「カラフル」。(13曲目)

音使いが懐かしく感じる曲。使われている音数が多いのも、歌詞の内容も含めてカラフルな感じがあがっています。音がぶつかっているからこそ、面白い!

色とりどりな世界(カラフルだね)
みんなと一緒が いいよね

明るくありたい思い。一人でなく、みんなというのがよりカラフルに思えます。色と指定するのではないからこそ、人それぞれで想像できるのもいいですね。

シングルタイトル曲がアルバムラストは地雷だったりするのですが、曲に込められた思いとともに、流れの中でしっくりとはまっているのもポイントです。

あとがき

雨宮天ちゃん、夏川椎菜ちゃんとのユニット「TrySail」でも活動中の彼女。それぞれのソロ活動でダントツのポップさがあるのが、麻倉ももちゃん。

しかも振り切っているからこそ、聞いていて興味深く感じます。同じユニットであっても変化があるから三者三様に楽しめていいですよ。

底抜けに明るくポップなアルバム。元気がない時や悩んでいる時に聞けば、自然と解決してくれそうな力を持っています。特に男性は効果てきめんかも…。

 

以上、『麻倉もも:Peachy! ~君への純度100%の恋する思いを聞いてほしいな~』でした。


『麻倉もも』をApple Musicで

麻倉もも 関連記事

2018/10/3 release 1st Album
麻倉もも:Peachy! ~君への純度100%の恋する思いを聞いてほしいな~ ←今ココ

2020/4/8 release 2nd Album
麻倉もも:Agapanthus ~私からそっと君へと送るラブレター~

2020/1/22 release 10th Single
TrySail:Free Turn ~あなたが”ただいま”を言える場所はここにあるよ~

2020/3/11 release 11th Single
TrySail:ごまかし/うつろい ~一歩前に進むことを私たちは覚えたんだ~

コメント