次回新着記事予定:検討中
【DMM英会話】

岡咲美保:インフィニット ~私たちが未来で見られる笑顔は~

岡咲美保:インフィニット邦楽レビュー
邦楽レビュー

岡咲美保 (おかさき みほ) 配信シングル「インフィニット」。

前作「ペタルズ」から8カ月。22年8月17日にリリースが決まったファースト・アルバム「BLOOMING」からの先行シングル。

迷うなんて言葉は知らない、無限のない可能性。聞いているとつい笑顔になってしまいます。

インフィニット 概要

「インフィニット」は、アルバム「BLOOMING」の最終トラック。「infinite = 無限」、「Blooming = 花開く」ですから、納得してしまうものがあります。

特に1枚目のアルバムで、かつ明るさが全開の彼女。まだアルバムを聞いていなくても、これ以上のタイトルと組合せはないのかもしれません。

現時点でそう思わせてしまう彼女。色がはっきりしているのもあるでしょうね。

インフィニット

テレビアニメ「Extreme Hearts」オープニングテーマ「インフィニット」。

自ら限界を決めるのではなく、無限大の可能性を目指して! 常に前しか見ていない姿勢は、聞いている人にも元気を与えてくれます。

私らしく あなたらしく
無限大 次の彼方 目指して

歌いだしの言葉。一番の伝えたい意思を頭に持ってくるのは、実に分かりやすい表現。だからこそ、その後の行動や思考へとつながってくる形です。

私らしく居るために”ぎゅっと”
無我夢中

一生懸命だったら嘘くさくもなるのですが、無我夢中。意味合いとしては同じであっても、伝わり方が異なる言葉。選択のセンスの良さを感じさせてくれます。

また、私らしくいるために無我夢中というのがいいですね。彼女が今までに表現していることも見ると、その通りだねと思わせるのも相乗効果になっています。

最高の笑顔咲く未来へ

少しではなく、最高の花咲く未来へ。叶えられる常に最上級を目指すんだ! というのは、その取り組み方としていい思考ではないでしょうか。

この程度、順番を決めているようでは、「infinite = 無限」じゃないですから。

また、曲の方向性は同様でも「ハピネス」「ペタルズ」の頃よりも、表現力が上がっているように聞こえる歌。彼女自身も無限を持ち合わせていそうです。

あとがき

持ち前の明るさもあるのでしょうけれど、良い意味で声優アーティストのイメージそのままの音を、コテコテな感じて聞かせてくれる彼女。

このことで言えば、今はその他の声優さんのアーティスト活動が様々な形へと変化してきているからこそ、逆に新鮮に聞こえるというのも面白い部分です。

アルバムでも同様のサウンドを聞かせてくれると思いますが、恐らく単にそれだけでもないはず。と思わせつつ、そのまま突き抜けるのを目指すかもですが…。

トラックリストを見ると、後者のような気もします。実際は聞いてみるまでのお楽しみですが、初のアルバム。どんな表現が聞けるのか、期待をしています。

 

以上、『岡咲美保:インフィニット ~私たちが未来で見られる笑顔は~』でした。

岡咲美保 関連記事

2021/9/15 release 1st Single
岡咲美保:ハピネス ~一回だけじゃ満足なんてしないんだから! ~

2021/11/3 release 2nd Single
岡咲美保:ペタルズ ~鮮やかでかつ、みんなで賑やかに行こうよ~

2022/7/1 release Digital Single
岡咲美保:インフィニット ~私たちが未来で見られる笑顔は~ ←今ココ

「岡咲美保」をApple Music で聴く

Amazon【岡咲美保】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント