Metallica:S&M2 ~20年の時を経てオーケストラとメタルが再び融合~

Metallica:S&M2洋楽レビュー
洋楽レビュー

Metallica (メタリカ) ライブ・アルバム「S&M2」。

サンフランシスコ交響楽団 (San Francisco Symphony)と共演し、1999年にリリースし、グラミー賞を受賞したライブ・アルバム「S&M」の第2弾。

リリース20周年を記念し、2019年9月にサンフランシスコに新設の多目的アリーナ チェイス・センターのこけら落としで行われた2公演を収録したアルバム。

生のオーケストラとメタルの融合。今作も変わらずしびれてしまう内容です。

S&M2 収録曲概要

「S&M2」収録曲は以下の通り。

  1. The Ecstasy Of Gold
  2. The Call Of Ktulu
  3. For Whom The Bell Tolls
  4. The Day That Never Comes
  5. The Memory Remains
  6. Confusion
  7. Moth Into Flame
  8. The Outlaw Torn
  9. No Leaf Clover
  10. Halo On Fire
  11. Intro to Scythian Suite
  12. Scythian Suite, Opus 20 II: The Enemy God And The Dance Of The Dark Spirits
  13. Intro to The Iron Foundry
  14. The Iron Foundry, Opus 19
  15. The Unforgiven III
  16. All Within My Hands
  17. (Anesthesia) – Pulling Teeth
  18. Wherever I May Roam
  19. One
  20. Master Of Puppets
  21. Nothing Else Matters
  22. Enter Sandman

前作とのかぶりは11曲。これが多い、少ないと取るかは聞く人次第ですが、「S&M」以降にリリースされた3枚のアルバムからも曲が選出されています。

ベーシストがロバート・トゥルージロにチェンジしていますし、聞こえてくる音もより濃密になった感じに自分には聞こえました。変化はしっかりとあります。

J-Popで以前に簡易オーケストラのような形が流行はやったことがありますが、似ているようで非なるもの。控えめにいっても格の違いを聞かせてくれます。

前作のラストでハイライトになっていた「Battery」が選曲からもれているのは、ちょっとだけ意外でした。逆にあえての部分もあるのかもd…。

For Whom The Bell Tolls

2枚目「Ride the Lightning」から「For Whom The Bell Tolls」。(3曲目)

「S&M」にも収録。ヘビーな曲がより激しくなっています。

For whom the bell tolls
Time marches on

「誰のために鐘は鳴る。時が流れていく」。歌詞を含めても、再演で演奏する意味を感じます。オリジナル時は意図はないでしょうから、面白いですよね。

MVで見られる、Metallicaがよく行う円形ステージ。スポーツと同じくどこからも見てもらえるようにが理由でしょうけれど、やっぱり迫力があります。

本来は音の関係で難しい形。当たり前のよう表現するが、格の違いですね。

Moth Into Flame

10枚目「Hardwired… to Self-Destruct」から「Moth Into Flame」。(7曲目)

オリジナルから聞いていてゾクゾクとする曲でしたが、緊張感が増した形に。テンポが大きく変わる曲は、まるでオーケストラとバトルをしているよう。

You’re falling, but you think you’re flying high

「あなたは落ちているのに、高く飛んでいると思っている」。おかしくなっている頭の中が強調されていて、思いの他に大きな変化となっています。

心地のよい緊張感が増していて、カッコいいなと感じずはいられません。

No Leaf Clover

「S&M」から「No Leaf Clover」。(9曲目)

前作での新曲。通常のライブではまず披露されないからこそ、期待に応えてくれました。聴き比べると、バンドの音が変化しているのに気付きます。

特にカーク・ハメットの出す音がギター・ソロを含めて変わりました。

Then it comes to be, yeah

「そうなってくるんだ」。もともとが寂しさを持っていた曲が、さらに物語が先に進んだという感じ。歌詞を見ながら聞くと、情景が浮かんでくるようです。

All Within My Hands

8枚目「St. Anger」から「All Within My Hands」。(16曲目)

パンクなオリジナルとは大きく形を変えた曲。歌詞とメロディーで分かりますが、中には「新曲?」 と思ってしまう人もいるかも…。

Love is control, I’ll die if I let go

「愛はコントロール。手放したら死ぬ」。コントロールができたからこそ、今の形に変化したと思うと、興味深さが増していきます。

自分もですが、オリジナルよりも好きという人は多そう。この曲が「S&M2」で一番のハイライトといっても、過言ではありません。

Nothing Else Matters

5枚目「Metallica」から「Nothing Else Matters」。(21曲目)

「S&M」にも収録された、オーケストラとの相性がとてもいい曲。基本形は変わっていないのですが、それがまたいい感じ。

変化をしたのは、ジェイムズ・ヘットフィールドの円熟味を増した歌声。退化ではなく、進化なのですから、すごい人だなと改めて感じさせてくれます。

Because I know

「俺が知っているから」。歌詞が変わった部分。オリジナルは「But I know、And I know」が混在。「S&M」では「And I know」。

知っているという、言葉の意味では同じ。それでも聞いていると大きな違いを感じずにはいられません。時代とともに変化する思いが興味深い。

気付いてしまうと、Metallicaはヤバい! と感じること請け合いです。

あとがき

前作「S&M」は、個人的に間違いなく最も繰り返して聞いたライブ・アルバム。記憶が古く曖昧ですが、Metallicaを聞くきっかけにもなった1枚のはず。

最高の物を作ったからこそ頻繁になると別ですが、20周年とかだとありですよね。逆にもう作られることはないのかも? と思っていました。

公開されているMV、リリース前にWOWOWで放送を見ましたが、どうしても気になったのはスマホの撮影。ライブの持つ雰囲気をブチ壊しています。

日本は特殊な場合も除いて撮影は不可な場合がほとんどですが、海外はヤバいですね。スマホで撮影なんてしてたら、ライブをしっかりと楽しめないのに…。

個々でいろいろ思いはあるでしょうが、特別な時間がもったいないなと。

Blu-rayで映像としてもリリースされている「S&M2」。見れば多くの人がスマホが邪魔だと思うのは必然ですので、音のみで聞くのを強くオススメします。

耳に集中するからこそ聞こえる音もありますし、断然に楽しめますよ。次が20年後だといろいろ問題がありそうなので、10年後に「S&M3」を期待します!

 

以上、『Metallica:S&M2 ~20年の時を経てオーケストラとメタルが再び融合~』でした。


『Metallica』をApple Musicで

Metallica 関連記事

2016/11/18 release 10th Album
Metallica:Hardwired…To Self-Destruct ~破壊へと突き進む道しるべ~

2020/8/28 release Live Album
Metallica:S&M2 ~20年の時を経てオーケストラとメタルが再び融合~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント