【GMOとくとくBB】
GMOとくとくBBGMOとくとくBB

≠ME:超特急 ≠ME行き ~君はこの列車に乗り遅れちゃダメ!~

≠ME:超特急 ≠ME行き邦楽レビュー
邦楽レビュー

≠ME (ノットイコールミー) 1枚目のミニ・アルバム「超特急 ≠ME行き」。

単独もありましたが、その多くは=LOVEのシングルに間借りする形で音源を発表してきた彼女たちの、本当の意味での始まりの1枚。

まさにアイドルという、キラキラした音を聞かせてくれます。

超特急 ≠ME行き 収録曲概要

「超特急 ≠ME行き Special Edition」収録曲は以下の通り。

  1. Overture
  2. 「君の音だったんだ」
  3. 「君と僕の歌」
  4. クルクルかき氷
  5. 空白の花
  6. P.I.C.
  7. 自分賛歌
  8. ポニーテール キュルン
  9. てゆーか、みるてんって何?
  10. 秘密インシデント
  11. ≠ME

CDでは7曲目が異なる初回限定盤、通常盤、ノイミー盤と、3形態でのリリース。配信ではSpecial Editionの名の通り、全てがまとめられています。

盤の9曲の状態でもですが、特に配信になると曲数的にも完全にアルバム。それでも名義上はミニ・アルバム。戦略が何かあるのでしょうけれど、面白い選択。

また、既存5曲に、インスト「Overture」。音源になっていなかった「クルクルかき氷」。5曲の新曲を含め、現在の≠MEがてんこ盛りな内容。

断片ではなくそのものですから「超特急 ≠ME行き」とは、その通りのタイトルではないでしょうか。既存ファンのみならず、新規の導入にもいい感じです。

クルクルかき氷

待望の音源化「クルクルかき氷」。(4曲目)

スカのリズムも含めて、楽しさがいっぱいのタオル曲。音源で聞く以上にライブで楽しくなるのは、間違いありません。

タオルをブンブンとくるくるも重なりますし、いいですね。つまんないことがあったとしても、忘れさせてくれるパワーを持っています。

冷やした肌に 君はもうメロンメロン

その通りだよという感じ。ダジャレのようにするのがより楽しさを増しているのですから、表現として面白いです。

聞けば夏が待ち遠しくなりますし、先行してかき氷が食べたくなってしまいます。

自分賛歌

君はちっぽけなんかじゃない「自分賛歌」。(7曲目)

頑張っても結果にならない、うまくいかないなんてのは、日常茶飯事のこと。それでも諦める必要なんてないよと、背中を押してくれる歌。

心についた その傷
サプリじゃ治らない

きっかけにはなっても、飲むだけじゃ変わらない。さらに動けるから何かが先にあると言いたいのかも。これは実際でもそうですね。

今日の君だって 頑張っていた
僕はずっと褒めるよ

うまくいかなったからといって、頑張っていなかったんじじゃない。君はすごかったよと言ってもらえるのは、サプリ以上の効果がきたいできそうです。

自分讃歌。タイトルが面白いですよね。ただ気になったのは、エンディングがシンプル過ぎること。アウトロが合ったほうが、もっといい感じになったかも…。

ポニーテール キュルン

君が好きなのは分かっている「ポニーテール キュルン」。(8曲目)

確かにキュルンって感じのポニーテール。加えて女の子がいちだんと可愛く見える髪型でもあります。毎日でなく、たまにだと余計にですね。

ゆるく巻いて キュッとする
これが好きなんでしょ?

はい、その通りですという感じ。私がポニーテールをするのは、君のことが好きだから。だからもっと振り向いてほしいというのが、かわいらしい思いです。

ポニーテールに加えて、恋する女の子はキレイになりますし、その姿を見た君がキュンとしてしまうのは、必然かもしれません。勝負の髪型ですから…。

てゆーか、みるてんって何?

本田珠由記ソング「てゆーか、みるてんって何?」。(9曲目)

メンバー曲と言えば、=LOVE「手遅れcaution」に収録「樹愛羅、助けに来たぞ」。姉妹グループであるからこそ、遅かれ早かれ必然だったと言えます。

1度聞けば覚えてしまうメロディーは、このリズムからでしょう。パターンとしてはよく使われることで耳馴染みがあるからこそ、覚えてしまうのかも…。

いろいろなジャンルで使われていて、対照的なのでいうとSlipknotの代表曲の1つ「(Sic)」も、リズムのパターンとしては一緒。

曲の表現していることは全く異なるのに、共通点がある。音楽の面白さです。

加えて、楽しいけれどアイドルだからこそ成立するであろう、歌詞がいい感じ!

教えてあげない♡
「にゃ!!」

よく分からないからこそ、知りたい。それでも不明なことがあるからこそ、魅力が増すアイドル。オブラート部分があり、分からないからこそいいんです。

みるてんの妹にしたい感じもいいですし、中毒性のある曲です。

秘密インシデント

Apple Music Movie Icon秘密インシデント
フルMVをApple Musicで観る

「超特急 ≠ME行き」リード曲「秘密インシデント」。(10曲目)

他の人は知らない、君の秘密のできごと。距離が縮まって、さらに深くなっていく瞬間。この曲があるなしでは、印象が大分変わっていたことでしょう。

きっと僕だけじゃない
君もインシデント

僕だけではない、君との秘密の出来事。これからもっと楽しくなることを予感させます。MVのメンバーの笑顔とリンクする感じなのは、いい相乗効果。

ただ、個人的に気になったのは、ラスト約6秒の無音。何かしら意味はあると思うのですが、単独で聞いた時は特に気になりますね。これはなんなんでしょう?

MVで何か描かれているかと言えば、そうでもない。すごく気になります。「なんだこれ?」と気にならせるためだとしたら、完全にしてやられてますね。

あとがき

内容と関係なく興味深かったのが、ソニーからキングレコードにレーベルが変わっていること。その経緯は知らないですが、これで変わることがあります。

=LOVEは変わらずソニーですから、今までのスプリット盤の形は基本的になくなるということ。気が早いですが、今作に続くのは≠ME単独での音源でしょう。

テレビ番組などは一緒に行うのが新たに始まりますし、姉妹関係であるのは変更がなくても、いい意味でのライバル関係へと変わっていきそうです。

≠ME、=LOVEのどちらにも、いい刺激となるのではないでしょうか。キラキラしたアイドルは笑顔を生みますから、今後の活動も楽しみです。

 

以上、『≠ME:超特急 ≠ME行き ~君はこの列車に乗り遅れちゃダメ!~』でした。


Amazon【≠ME】関連商品

≠ME 関連記事

2019/8/4 release Digital Single
≠ME:≠ME ~ずっと同じではない変化を確かめて~

2019/10/30 release 6th Single ※「君の音だったんだ」収録
=LOVE:ズルいよ ズルいね ~でも君にありがとうと想っているんだ~

2020/4/15 release MV
=LOVE/≠ME:次に会えた時 何を話そうかな ~想いを温めておいて~

2020/7/8 release 7th Single ※「君と僕の歌」収録
=LOVE:CAMEO ~私がいつも同じだと思ったら違うんだから!~

2020/7/8 release Digital Single
≠ME:空白の花 ~学名はなくてもそこに確実に存在していた~

2020/11/25 release 8th Single ※「P.I.C.」収録
=LOVE:青春”サブリミナル” ~私がする恋は君だからいいんだ~

2021/4/7 release 1st Mini Album
≠ME:超特急 ≠ME行き ~君はこの列車に乗り遅れちゃダメ!~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
=LOVE (イコールラブ)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント