【Yahoo! プレミアム】

【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2

【2021年5月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は21年5月に新規投稿を行った、46記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2021年5月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事 x2

① 先月の振り返り「【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事」。

4月に新規投稿を行った、29アーティスト:33枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください🙇‍♂️

【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年4月に新規投稿を行った、23アーティスト:31枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

② オピニオン記事「B’z 全曲ストリーミング配信開始!! ~大きな山が遂に動いた~

2021年5月22日。B’z 全曲のストリーミング配信が開始されました。

バックカタログにプラスで、最新曲「きみとなら」までの880曲。二人のソロプロジェクトも含むからこそ、その数は膨大。

ビックネームの参入には、サブスク改善の希望も見えますので、記事にしてみました。

B’z 全曲ストリーミング配信開始!! ~大きな山が遂に動いた~
2021年5月22日。B’z 全曲のストリーミング配信が開始されました。バックカタログにプラスで、最新曲「きみとなら」までの880曲。二人のソロプロジェクトも含むからこそ、その数は膨大。ビックネームの参入には、サブスク改善の希望も見えますので、記事にしてみました。

あいみょん

あいみょん 11枚目のシングル「愛を知るまでは/桜が降る夜は」。

先行配信曲「桜が降る夜は」に「愛を知るまでは」を加えて両A面にするだけでなく、さらにカップリングも加えた形でリリースされる1枚。

恋と愛を表現する3曲が組み合わさることで、単曲でよりも面白みが増しています💞

あいみょん:愛を知るまでは/桜が降る夜は ~3つの愛と恋の物語~
先行配信曲「桜が降る夜は」に「愛を知るまでは」を加えて両A面にするだけでなく、さらにカップリングも加えた形でリリースされる1枚。恋と愛を表現する3曲が組み合わさることで、単曲でよりも面白みが増しています。

Aqours x3

① Aqours (アクア) シングル「君のこころは輝いてるかい?」。

アニメファンならずとも、現在は知っている方が多い存在 Aqoursのデビュー曲。キラキラでパワーをくれる音は、今に聞いても健在です。

アイドルならではの元気をくれるので、聞けばニコッとしちゃいます😁

Aqours:君のこころは輝いてるかい? ~いつでも上を向いてYesでしょ~
アニメファンならずとも、現在は知っている方が多い存在 Aqoursのデビュー曲。キラキラでパワーをくれる音は、今に聞いても健在です。アイドルならではの元気をくれるので、聞けばニコっとしちゃいます。

② Aqours (アクア) シングル「恋になりたいAQUARIUM」。

デビュー作「君のこころは輝いてるかい?」のようなファーストインパクトはなくても、カップリングを含め、アイドルらしいツボをしっかりと抑えた内容。

だからこそ、聞くたびにジワジワ感がアップしていく1枚です🐠

Aqours:恋になりたいAQUARIUM ~その思いは隠さなくていいよ~
デビュー作「君のこころは輝いてるかい?」のようなファーストインパクトはなくても、カップリングを含め、アイドルらしいツボをしっかりと抑えた内容。だからこそ、聞くたびにジワジワ感がアップしていく1枚です。

③ Aqours (アクア) シングル「HAPPY PARTY TRAIN」。

ナンバリングが付き、サードシングルとしてリリースされる今作。旅と冒険と強津点がある3曲ですが、単独ではなく通した時に一体感があるのが特徴です。

見えてくる形が広がりますので、通して聞くことをオススメします🚃

Aqours:HAPPY PARTY TRAIN ~その先にあるモノを見るために~
ナンバリングが付き、サードシングルとしてリリースされる今作。旅と冒険と強津点がある3曲ですが、単独ではなく通した時に一体感があるのが特徴です。見えてくる形が広がりますので、通して聞くことをオススメします。

アクアノート

アクアノート 2枚目のシングル「愛だよね!?」。

前作から1人同事務所の別グループへ移籍。新たに新メンバーが2人加わった正統派アイドルかつ、期待の新星のデビュー作。

未完成でありながらもこのキラキラは、今後の成長が実に楽しみな存在です💘

アクアノート:愛だよね!? ~きっと君なら分かってくれるでしょ!?~
前作から1人同事務所の別グループへ移籍。新たに新メンバーが2人加わった正統派アイドルかつ、期待の新星のデビュー作。未完成でありながらもこのキラキラは、今後の成長が実に楽しみな存在です。

雨宮天

雨宮天 (あまみや そら) 11枚目のシングル「永遠のAria」。

恒例となっている「七つの大罪」のテーマソング。優しさと強い思いという、天さんならではの歌を聞かせてくれます。

また、攻めたカップリングの組み合わせが面白く、相乗効果になっているのも特徴です🎤

雨宮天:永遠のAria ~奏でるこの音が響き渡りますように~
恒例となっている「七つの大罪」のテーマソング。優しさと強い思いという、天さんならではの歌を聞かせてくれます。また、攻めたカップリングの組み合わせが面白く、相乗効果になっているのも特徴です。

X

X (エックス) 1枚目のアルバム「VANISHING VISION」。

1988年にリリースされた、X 始まりの1枚。当時のビジュアルやジャケットも衝撃的でしたが、その表現する音は更に突き刺さってくる強さがあります。

新旧関係なくバンドマンであれば、聞かない理由を探す方が難しい内容です🎸

X:VANISHING VISION ~この狂気を消えゆく存在にはさせない~
1988年にリリースされた、X 始まりの1枚。当時のビジュアルやジャケットも衝撃的でしたが、その表現する音は更に突き刺さってくる強さがあります。新旧関係なくバンドマンであれば、聞かない理由を探す方が難しい内容です。

HKT48

HKT48 (エイチケーティー フォーティーエイト) 14枚目のシングル「君とどこかへ行きたい」。

タイトル曲をW選抜として、歌唱が異なる形で収録。MVは双方目線のストーリーがリンクをすることで見ていて興味深く、いい相乗効果になっています。

カップリングも充実しているので、1枚を通して楽しめるも特徴です🚃

HKT48:君とどこかへ行きたい ~その場所がどこであっても~
タイトル曲をW選抜として、歌唱が異なる形で収録。MVは双方目線のストーリーがリンクをすることで見ていて興味深く、いい相乗効果になっています。カップリングも充実しているので、1枚を通して楽しめるも特徴です。

L.A. Rats

L.A. Rats (エル・エー・ラッツ) 配信シングル「I’ve Been Everywhere」。

新旧Rob Zombieのメンバー3人に、ニッキー・シックスが参加した新プロジェクトのファーストシングル。オリジナルではなく、大胆にアレンジをしたカバー。

Rob Zombieが好きならすっと入れますし、ギターの巧さが際立ちます✈

L.A. Rats:I’ve Been Everywhere ~俺たちはどこにでも行くぜ!~
新旧Rob Zombieのメンバー3人に、ニッキー・シックスが参加した新プロジェクトのファーストシングル。オリジナルではなく、大胆にアレンジをしたカバー。Rob Zombieが好きならすっと入れますし、ギターの巧さが際立ちます。

Official髭男dism

Official髭男dism (オフィシャルヒゲダンディズム) 配信シングル「Cry Baby」。

歌メロはポップですが、男らしい歌詞、ロックな演奏にビックリされられる曲。聞いて素直にカッコいいなと感じる方は多いではないでしょうか。

さらっと聞くも良し、ストーリーに突っ込んだり、演奏をコピーしても楽しめます🎸

Official髭男dism:Cry Baby ~頬をつたっているのは雨だぜ~
歌メロはポップですが、男らしい歌詞、ロックな演奏にビックリされられる曲。聞いて素直にカッコいいなと感じる方は多いではないでしょうか。さらっと聞くも良し、ストーリーに突っ込んだり、演奏をコピーしても楽しめます。

Olivia Rodrigo x2

① Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 配信シングル「good 4 u」。

翌週に1枚目のアルバム「SOUR」を控える中でリリースされる先行シングル。聞かせてくれるのは、既存の彼女のイメージを覆すオルタナティブ・ロック。

表現の幅を広げていることで、アルバムへの期待感を高めています🔥

Olivia Rodrigo:good 4 u ~新しい彼女とせいぜいお幸せに~
翌週に1枚目のアルバム「SOUR」を控える中でリリースされる先行シングル。聞かせてくれるのは、既存の彼女のイメージを覆すオルタナティブ・ロック。表現の幅を広げていることで、アルバムへの期待感を高めています。

② Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 1枚目のアルバム「SOUR」。

2021年の年明け早々「drivers license」で鮮烈なデビューをした彼女のデビュー・アルバム。勢いがあるだけでなく、興味深い内容の1枚になりました。

歌詞だけで見ると暗いのですが、全体ではなり過ぎない表現。今後も期待できます😜

Olivia Rodrigo:SOUR ~思っている以上に甘くなくてゴメンね~
2021年の年明け早々「drivers license」で鮮烈なデビューをした彼女のデビュー・アルバム。勢いがあるだけでなく、興味深い内容の1枚になりました。歌詞だけで見ると暗いのですが、全体ではなり過ぎない表現。今後も期待できます。

the GazettE x2

① the GazettE (ガゼット) 20枚目のシングル「REMEMBER THE URGE」。

リリースは5枚目のアルバム「TOXIC」がこの後に続きますが、未収録だった単独のシングル。その内容はカップリングを含め、異なる感情を表現した3曲。

曲数は少なくても、シングルで完結する世界感が興味深いです💥

the GazettE:REMEMBER THE URGE ~その感情はまやかし? ~
リリースは5枚目のアルバム「TOXIC」がこの後に続きますが、未収録だった単独のシングル。その内容はカップリングを含め、異なる感情を表現した3曲。曲数は少なくても、シングルで完結する世界感が興味深いです。

② the GazettE (ガゼット) 23枚目のシングル「UNDYING」。

UGLY」から2作続いた単独シングル。収録された3曲で描かれるストーリーの状況は異なっても、寂しさという共通点があるのが特徴です。

激しい音の中にある寂しさと切なさが、グサグサと突き刺さってきます💥

the GazettE:UNDYING ~永遠に消えることのない憎しみ~
「UGLY」から2作続いた単独シングル。収録された3曲で描かれるストーリーの状況は異なっても、寂しさという共通点があるのが特徴です。激しい音の中にある寂しさと切なさが、グサグサと突き刺さってきます。

楠木ともり

楠木ともり (くすのき ともり) 2枚目のEP「Forced Shutdown」。

本業の声優のみならず、アーティストとしての活動も見逃すことのできない彼女の2作目。自分の言葉だからこその表現が、興味深く聞けます。

テーマは決して軽くないのですが、重くなり過ぎないのもポイントです💫

楠木ともり:Forced Shutdown ~私が保有している選択肢~
本業の声優のみならず、アーティストとしての活動も見逃すことのできない彼女の2作目。自分の言葉だからこその表現が、興味深く聞けます。テーマは決して軽くないのですが、重くなり過ぎないのもポイントです。

Green Day x2

① Green Day (グリーン・デイ) 配信シングル「Dreaming」。

アルバム「Father of All…」に続いたのは、Blondieのカバー。オンタイムでも聞いていましたが、今改めてもナイスな選曲で、いいタイミングの提示。

敬意を含めつつ、まるで自分たちの曲のようにブラッシュアップしています🎸

Green Day:Dreaming ~誰もが夢を見るのは自由だ~
アルバム「Father of All…」に続いたのは、Blondieのカバー。オンタイムでも聞いていましたが、今改めてもナイスな選曲で、いいタイミングの提示。敬意を含めつつ、まるで自分たちの曲のようにブラッシュアップしています。

② Green Day (グリーン・デイ) 配信シングル「Pollyanna」。

延期になっていたFall Out Boy、Weezerとのジョイントツアー「Hella Mega Tour」の新たな日程の発表とともに、リリースされた新曲。

全てが大丈夫になるだろうの思いは、聞いた人の気持ちを明るくさせます😝

Green Day:Pollyanna ~今の異常はもうすぐ終わって大丈夫になるよ~
延期になっていたFall Out Boy、Weezerとのジョイントツアー「Hella Mega Tour」の新たな日程の発表とともに、リリースされた新曲。全てが大丈夫になるだろうの思いは、聞いた人の気持ちを明るくさせます。

GLAY

GLAY (グレイ) 配信シングル「FRIED GREEN TOMATOES」。

9月まで続く5カ月連続配信の第一弾。20年くらい前に原型があり、3回程デモも録っていたというお蔵入りになっていたと言う曲は、正にGLAYの王道。

時を経て今形になるというのが、歌詞も含めることで面白さが増す曲です🍅

GLAY:FRIED GREEN TOMATOES ~僕たちが譲れないモノ~
9月まで続く5カ月連続配信の第一弾。20年くらい前に原型があり、3回程デモも録っていたというお蔵入りになっていたと言う曲は、正にGLAYの王道。時を経て今形になるというのが、歌詞も含めることで面白さが増します。

Corey Taylor

Corey Taylor (コリィ・テイラー) 配信シングル「Carry On」。

アルバム「CMFT」のツアー再開とともにリリースされた、Crosby, Stills, Nash & Young のカバー。

聞けるのは変にいじるのではなく、ブラッシュアップさせた音。敬意が込められたガチな表現は、渋くてカッコいいです🎤

Corey Taylor:Carry On ~何を見て体験してきたのか、話してくれ~
2021/5/14 release Digital Single

SID

SID (シド) 36枚目のシングル「Star Forest」。

21年5月15、16日に山梨・河口湖ステラシアターで行われる「SID LIVE 2021 -Star Forest-」のテーマソング。当初会場限定の予定が、生産限定でリリース。

優しさが溢れた思いの曲は、聞いていて気持ちが安らぎます💫

SID:Star Forest ~今、僕は君と同じ星を見ている~
21年5月15、16日に山梨・河口湖ステラシアターで行われる「SID LIVE 2021 -Star Forest-」のテーマソング。当初会場限定の予定が、生産限定でリリース。優しさが溢れた思いの曲は、聞いていて気持ちが安らぎます。

鈴木雅之

鈴木雅之 (すずき まさゆき) 配信シングル「DADDY! DADDY! DO! – From THE FIRST TAKE (feat. 鈴木愛理)」。

2020年にヒットしたデュエットの、THE FIRST TAKEバージョン。オリジナル音源よりも生々しさがアップし、音が断然に前に出てきているのが特徴。

濃いけれどそれでだけではない情熱の愛。改めて聞くと興味深いサウンドです👫

鈴木雅之:DADDY! DADDY! DO! (feat. 鈴木愛理) ~ギラギラの恋を~
2020年にヒットしたデュエットの、THE FIRST TAKEバージョン。オリジナル音源よりも生々しさがアップし、音が断然に前に出てきているのが特徴。濃いけれどそれでだけではない情熱の愛。改めて聞くと興味深いサウンドです。

STARMARIE

STARMARIE (スターマリー) 配信シングル「パノプティコン」。

昨年メンバーの渡辺楓が活動終了。新たに「麻弥」が加入しての新曲第一弾。既存のイメージとは異なるサウンドであるのが、面白い曲。

それでも描かれている世界が一筋縄でないのは、従来通りです🌟

STARMARIE:パノプティコン ~全てが見えているのかは不明~
昨年メンバーの渡辺楓が活動終了。新たに「麻弥」が加入しての新曲第一弾。既存のイメージとは異なるサウンドであるのが、面白い曲。それでも描かれている世界が一筋縄でないのは、従来通りです。

The Struts

The Struts (ザ・ストラッツ) 配信シングル「We Will Rock You」。

前作「Lowkey in Love」から1カ月でリリースされるのは、Queen のカバー。少し変わっているのは、日本盤ボーナス・トラックが時を経てということ。

アルバムでよりも単曲の方が断然面白く聞こえるのが、興味深いところです🎤

The Struts:We Will Rock You ~さあ、一緒に手を叩き歌ってくれ~
前作「Lowkey in Love」から1カ月でリリースされるのは、Queen のカバー。少し変わっているのは、日本盤ボーナス・トラックが時を経てということ。アルバムでよりも単曲の方が断然面白く聞こえるのが、興味深いところです。

芹澤優

芹澤優 (せりざわ ゆう) 3枚目のシングル「EVERYBODY! EVERYBODY! / YOU YOU YOU」。

i☆Risとしても活動する彼女のソロ。今作は「芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU」名義”の通り、濃い〜お二人が楽曲に参加。

2曲どちらも今聞くと少しいなたい、デジポップなパーティソング。これが楽しいです✨

芹澤優:EVERYBODY! EVERYBODY! / YOU YOU YOU ~行っちゃえ! ~
i☆Risとしても活動する彼女のソロ。今作は「芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU」名義"の通り、濃い〜お二人が楽曲に参加。2曲どちらも今聞くと少しいなたい、デジポップなパーティソング。これが楽しいです。

センチミリメンタル

センチミリメンタル 3枚目のシングル「青春の演舞 / nag」。

一足早く先行配信された「青春の演舞」に「nag」を新たに加えた、両A面シングル。デビュー後の作品と比べると、新たな一面も聞かせてくれます。

希望と明るさもあるのに、寂しい。この独特な表現は耳から離れなくなります🎧

センチミリメンタル:青春の演舞 / nag ~私の胸の中にある感情~
一足早く先行配信された「青春の演舞」に「nag」を新たに加えた、両A面シングル。デビュー後の作品と比べると、新たな一面も聞かせてくれます。希望と明るさもあるのに、寂しい。この独特な表現は耳から離れなくなります。

竹中雄大

竹中雄大 (たけなか ゆうだい) 配信シングル「シノビーのうた」。

Novelbright のボーカリストが歌う、企画ソング。ふんわりとした楽しさは、聞けばすぐ覚えてしまうと同時に、口ずさみたくなること請け合いです。

企画だからこその作詞を含めた組み合わせは、楽しくなりますよ🥷

竹中雄大 (Novelbright):シノビーのうた ~四の五の言わず歌っちゃお~
Novelbright のボーカリストが歌う、企画ソング。ふんわりとした楽しさは、聞けばすぐ覚えてしまうと同時に、口ずさみたくなること請け合いです。企画だからこその作詞を含めた組み合わせは、楽しくなりますよ。

Doja Cat x2

① Doja Cat (ドージャ・キャット) 1枚目のEP「Purrr!」。

洋楽を聞くのであれば好き嫌いは別として、その存在を知らない人がいないであろう彼女の始まりの1枚。インストを元に、歌詞とメロディーを付けた曲たち。

現在とは異なるようでつながる表現もあり、興味深く面白いサウンドです🐈

Doja Cat:Purrr! ~都度うまく気持ちよくなってしまえばいい~
洋楽を聞くのであれば好き嫌いは別として、その存在を知らない人がいないであろう彼女の始まりの1枚。インストを元に、歌詞とメロディーを付けた曲たち。現在とは異なるようでつながる表現もあり、興味深く面白いサウンドです。

② Doja Cat (ドージャ・キャット) 配信シングル「Kiss Me More (feat. SZA)」。

2021年夏リリース予定の3枚目のアルバム「Planet Her」からのファーストシングル。そのタイトルからもですが、セクシーさが満載の曲。

女性からの求める思いということに、特に男性はドキッとしてしまいます💋

Doja Cat:Kiss Me More (feat. SZA) ~もっと温もりをちょうだい~
2021年夏リリース予定の3枚目のアルバム「Planet Her」からのファーストシングル。そのタイトルからもですが、セクシーさが満載の曲。女性からの求める思いということに、特に男性はドキッとしてしまいます。

Daughtry

Daughtry (ドートリー) ベスト・アルバム「It’s Not Over…. The Hits So Far」。

デビュー・アルバム「Daughtry」から、4枚目「Baptized」から主要曲をピックアッププラス、新曲2曲で構成されたベスト盤。

今までの振り返りと、先に進むための提示は、入門編にぴったりな内容です💫

Daughtry:It's Not Over.... The Hits So Far ~終わらない記録をここに~
デビュー・アルバム「Daughtry」から、4枚目「Baptized」から主要曲をピックアッププラス、新曲2曲で構成されたベスト盤。今までの振り返りと、先に進むための提示は、入門編にぴったりな内容です。

Novelbright

Novelbright (ノーベルブライト) 2枚目のアルバム「開幕宣言」。

Sunny drop」のデビューから、着実に成長を見せてきた彼らのデビュー・アルバム。聞けるのはインディーズ時代から、格段にパワーアップしたサウンド。

今までと異なり、1枚を通して一貫しているのは、ロックそのものです🔥

Novelbright:開幕宣言 ~僕らのストーリーを君と共有したい~
「Sunny drop」のデビューから、着実に成長を見せてきた彼らのデビュー・アルバム。聞けるのはインディーズ時代から、格段にパワーアップしたサウンド。今までと異なり、1枚を通して一貫しているのは、ロックそのものです。

美的計画

美的計画 (びてきけいかく) 配信シングル「ピーナッツバターシークレット (feat. CLR)」。

既存の曲とは少し異なる表現。その理由の1つは、お笑いコンビ・ラランドのサーヤが、CLR (クレア)として歌っていることにもありそうです。

タイトルからは内容が想像がしずらい曲。聞けば面白みにつながります🥜

美的計画:ピーナッツバターシークレット ~苦さがあっての甘さ~
既存の曲とは少し異なる表現。その理由の1つは、お笑いコンビ・ラランドのサーヤが、CLR (クレア)として歌っていることにもありそうです。タイトルからは内容が想像がしずらい曲。聞けば面白みにつながります。

H.E.R.O.

H.E.R.O. (ヒーロー) 配信シングル「Made To Be Broken」。

世界中のシャットダウンで2枚目のアルバム「Bad Blood」スケジュールが白紙に。その中で止まらずにできることをと動いたからこその、新たなる一手。

バンドの持ち味の寂しい思いが、心に突き刺さります💥

H.E.R.O.:Made To Be Broken ~ずっと側にいると思っていたのに~
世界中のシャットダウンで2枚目のアルバム「Bad Blood」スケジュールが白紙に。その中で止まらずにできることをと動いたからこその、新たなる一手。バンドの持ち味の寂しい思いが、心に突き刺さります。

Black Veil Brides

Black Veil Brides (ブラック・ベイル・ブライズ) 配信シングル「Fields of Bone」。

6枚目のアルバム「The Phantom Tomorrow」の詳細とともに、配信開始された先行シングル第2弾! タイトルの通り、寂し過ぎる思いが溢れ出た曲。

歌メロがポップだからこそ、余計にその思いが心に突き刺さります💀

Black Veil Brides:Fields of Bone ~あなたの行く着く場所~
6枚目のアルバム「The Phantom Tomorrow」の詳細とともに、配信開始された先行シングル第2弾! タイトルの通り、寂し過ぎる思いが溢れ出た曲。歌メロがポップだからこそ、余計にその思いが心に突き刺さります。

降幡愛 x2

① 降幡愛 (ふりはた あい) 1枚目のミニ・アルバム「Moonrise」。

声優で、Aqoursのメンバーでもある彼女。彼女がソロで表現するのは、シティ・ポップ。しかも既存曲ではなく、オリジナルというのが大きなポイント!

レトロ感がありながら、古さだけではない音は、すごく面白いです🚗

降幡愛:Moonrise ~夜の灯りが私を大人に変えていく~
声優で、Aqoursのメンバーでもある彼女。彼女がソロで表現するのは、シティーポップ。しかも過去の既存曲ではなく、オリジナルというのが大きなポイント!レトロ感がありながら、古さだけではない音は、すごく面白いです。

② 降幡愛 (ふりはた あい) シングル「AXIOM」。

Aqoursのメンバーでも、断トツで意外性のある音を聞かせてくれる彼女。シティ・ポップなサウンドは、面白いなと思うとともに、癖になります。

既存曲のカバーではなく、オリジナルであるというのもポイントです🪐

降幡愛:AXIOM ~あなたや私の体験する全てが必然なこと~
Aqoursのメンバーでも、断トツで意外性のある音を聞かせてくれる彼女。シティ・ポップなサウンドは、面白いなと思うとともに、癖になります。既存曲のカバーではなく、オリジナルであるというのもポイントです。

Holly Humberstone

Holly Humberstone (ホリー・ハンバーストーン) 配信シングル「The Walls Are Way Too Thin」。

次作のEP「Emotional Grim Reaper」からの、先行シングル第2弾。表現が独特で面白さのある彼女。曲調は既存とは異なっても、その傾向は変わりません。

描かれる世界を自身に重ねてみると、より共感ができるのではないでしょうか🏘

Holly Humberstone:The Walls Are Way Too Thin ~関わりたくない~
次作のEP「Emotional Grim Reaper」からの、先行シングル第2弾。表現が独特で面白さのある彼女。曲調は既存とは異なっても、その傾向は変わりません。描かれる世界を自身と重ねてみると、より共感ができるのではないでしょうか。

YOASOBI

YOASOBI (ヨアソビ) 配信シングル「もう少しだけ」。

既にタイアップ「めざましテレビ」の放送ではテーマソングとして流れていた曲が、遂にという形でリリース。聞けるのは、思いのとても優しい歌。

気持ちが穏やかになるだけでなく、できる行動をしてみようと感じさせます🌅

YOASOBI:もう少しだけ ~その幸せはめぐって広がっていく~
既にタイアップ「めざましテレビ」の放送ではテーマソングとして流れていた曲が、遂にという形でリリース。聞けるのは、思いのとても優しい歌。気持ちが穏やかになるだけでなく、できる行動をしてみようと感じさせます。

L’Arc〜en〜Ciel x5

① L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル)  ベスト・アルバム「Clicked Singles Best 13」。

2000年時点でリリース済み21枚のシングルから、ピックアップした表題曲12曲。プラス新曲が1曲収録された、バンド初のベスト・アルバム。

カタログ的な要素が強いですが、新曲「Anemone」を聞くだけでも意味があります🌈

L’Arc〜en〜Ciel:Clicked Singles Best 13 ~書き残した記憶と記録~
2000年時点でリリース済み21枚のシングルから、ピックアップした表題曲12曲。プラス新曲が1曲収録された、バンド初のベスト・アルバム。カタログ的な要素が強いですが、新曲「Anemone」を聞くだけでも意味があります。

② L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル) シングル「EVERLASTING」。

前作12枚目のアルバム「BUTTERFLY」に続いたのは、完全受注シングル。MVもないですし、その思いと不思議な音だけが聞いて耳に残ります。

必聴とは言わないですが、今聞いてみても面白いサウンドです🌈

L’Arc〜en〜Ciel:EVERLASTING ~降り続く雨のように終わらない~
前作12枚目のアルバム「BUTTERFLY」に続いたのは、完全受注シングル。MVもないですし、少し不思議な音だけが聞いて耳に残ります。必聴とは言わないですが、今聞いてみても面白いサウンドです。

③ L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル) 40枚目のシングル「Wings Flap」。

上モノの音が主体で、がっつりなバンドサウンドではないタイトル曲。その意外性を含め、曲のテーマにあっているからこそ、興味深い音に。

ふんわりとして、空を飛べそうになる感覚。聞いていて面白いです🌈

L’Arc〜en〜Ciel:Wings Flap ~新たな自由を得るために飛ぶよ~
上モノの音が主体で、がっつりなバンドサウンドではないタイトル曲。その意外性を含め、曲のテーマにあっているからこそ、興味深い音に。ふんわりとして、空を飛べそうになる感覚。聞いていて面白いです。

④ L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル) 41枚目のシングル「Don’t be Afraid」。

2016年12月のリリースですが、21年5月の時点ではバンドの最新シングル。

恐れていては何もできない。自分を信じて行動し、運命を掴み取れ! 行動するからこその先が見えてくるというのは、今だからこそ必要な強さです🌈

L’Arc〜en〜Ciel:Don't be Afraid ~恐れずに自分だけは信じて! ~
2016年12月のリリースですが、21年5月の時点ではバンドの最新シングル。恐れていては何もできない。自分を信じて行動し、運命を掴み取れ! 行動するからこその先が見えてくるというのは、今だからこそ必要な強さです。

⑤ L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル) 41枚目のシングル「ミライ」。

久しぶりとなる新曲は、バンドの30周年を自ら祝うかのよう。まだこれからも進んで行くんだ! の思いは、タイトル通りの未来を感じさせてくれます。

今の時代にもリンクしますし、まだまだ楽しませてくれそうです🌈

L’Arc〜en〜Ciel:ミライ ~あの向こう側へ一緒に行こうよ~
久しぶりとなる新曲は、バンドの30周年を自ら祝うかのよう。まだこれからも進んで行くんだ! の思いは、タイトル通りの未来を感じさせてくれます。今の時代にもリンクしますし、まだまだ楽しませてくれそうです。

Liella!

Liella! (リアラ) 1枚目のシングル「始まりは君の空」。

ラブライブ!シリーズの新たなプロジェクト「ラブライブ!スーパースター!!」から生まれた、新アイドルグループのデビューシングル。

聞けるのは初々しさと、キラキラ。今後の展開が楽しみです✨

Liella!:始まりは君の空 ~その先を見るために手をつないで飛ぶ~
ラブライブ!シリーズの新たなプロジェクト「ラブライブ!スーパースター!!」から生まれた、新アイドルグループのデビューシングル。聞けるのは初々しさと、キラキラ。今後の展開が楽しみです。

Rainych

Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Kaibutsu (feat. A V I a N D)」。

前作から早いタイミングでリリースされるのは、今までも何曲か行っているYOASOBIのカバー。本家ikuraとは歌の表現が異なるのが、ポイント!

原曲を聞いている方も、違いがあるからこそ興味深く聞けると思いますよ🐺

Rainych:Kaibutsu (feat. A V I a N D) ~心にあるのは純粋な気持ち~
前作から早いタイミングでリリースされるのは、今までも何曲か行っているYOASOBIのカバー。本家ikuraとは歌の表現が異なるのが、ポイント! 原曲を聞いている方も、違いがあるからこそ興味深く聞けると思いますよ。

あとがき

21年5月にレビューを行った結果は、以下の通り。

1,000記事に到達したというのが、大きな出来事。数さえあればいいというものでもありませんが、桁数が上がるというのは感慨深いものもありました。

100、200であればさほどであっても、1000となると異なる記事数。自分は好き勝手に書いているだけですが、自然と積み重なったという感じです。

また、開設は18年8月15日ですが、途中休憩を挟んで19年5月22日に再開したこのブログ。丸2年欠かさずに更新するということも達成できました。

連続更新はいつか止まる時が突然くるかもしれませんが、まだまだ可能な限り積み重ねていきたいと考えています。なんせ正直書くネタは無限大にあるので…。

加えて、もっと読みやすく伝えられるように、日々改善もしていきます。

 

以上、『【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2』でした。

2021年5月音楽レビュー 関連記事

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2021年4月音楽レビュー】28アーティスト:32枚 + まとめ記事

・【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2 ←今ココ

【2021年6月音楽レビュー】33アーティスト:33枚 + まとめ記事

【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事

【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2

【2021年9月音楽レビュー】27アーティスト:31枚 + まとめ記事

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント