綾野ましろ:GET OVER / confession / GLAMOROUS SKY ~トリプルA面? ~

綾野ましろ:GET OVER邦楽レビュー
邦楽レビュー

綾野ましろ (あやの ましろ) 8枚目のシングルである「GET OVER / confession / GLAMOROUS SKY」。

綾野ましろは北海道出身の、ライブと音源と聞いた時の差が少ない歌唱力の高いアーティストです。今作でも変わらず、高い歌唱力を聞かせてくれています。

両A面としてリリースするシングルは珍しくありませんが、トリプルA面という少し珍しいリリースの方法をしたのが、今回のシングルです。

どの曲も自信があるからこそのタイトルなのでしょうけれど、タイトル曲の分散は焦点がブレますから、逆に見た時のインパクトを下げている感じがしました。

内容は悪くないのに、少しリリース方法がもったいないシングルです。

GET OVER / confession 収録曲概要

「GET OVER / confession / GLAMOROUS SKY」の収録曲は以下の通りです。

  1. GET OVER
  2. confession
  3. GLAMOROUS SKY
  4. GET OVER – instrumental-
  5. confession – instrumental-

トリプルA面だから当たり前なのですが、収録曲はそのままですね…。インスト曲はありますけれど、トリプルA面は内容でも焦点がぶれている感じがします。

「GET OVER」をタイトル曲でリリースしていたら、違った印象になったのは間違いありません。トリプルA面というのは、諸刃の剣ですね。

2枚目のアルバムに「GET OVER」、「confession」は収録されますので、このシングルのリリース自体がなくても良かった気もします。

GET OVER

テレビアニメ「パズドラ」のエンディングテーマである「GET OVER」。(1曲目)

3曲の中でも唯一の明るい曲で印象が強くなる、自分への応援歌です。

後ろに振り返るのではなく、一歩でも前に進むためにジャンプしていくんだよ! という歌詞は、メジャーキーの明るい曲調にぴったりです。

躊躇(ちゅうちょ)して立ち止まってしまっている人の、背中を押してくれるような曲になっています。弱い自分のままではダメよという感じ…。

サビ始まりの曲で、最後までテンションを落とさずに聞けていい感じです。

confession

Elements Gardenのプロデュース曲である「confession」。(2曲目)

この曲は「Get up! Get up! Get out! Get out! 」と誰でも参加できるシンプルな掛け声があるので、ライブで盛り上がりそうな曲です。

「confession = 告白」ですが、自分の気持ちを弱さを隠さず告白するということに合わせて、疾走感のある曲がうまくまとまっています。

Elements Gardenは音楽クリエイター集団で、思い浮かぶのは水樹奈々ちゃんです。彼女の最新シングル「METANOIA」もElements Gardenの曲です。

Elements Gardenの曲は歌うには難しい曲が多いのですけれど、難なく歌ってしまうのは、綾野ましろの実力の高さ分かる曲でもあります。

これからの彼女のライブのキーポイントになりえる曲です。

GLAMOROUS SKY

中島美嘉が「NANA starring MIKA NAKASHIMA」名義でリリースしたカバー曲の「GLAMOROUS SKY」。(3曲目)

このシングルのためにというわけではなく、昨年の18年10月26日に配信限定としてリリースがされたそのままの曲の、再収録です。

正直な感想をいえば、収録の必要があったのか? と疑問があります。

  • 自身の曲ではない
  • 最初のリリースから時間がたっている
  • カバー曲の壁をこえていない

歌唱力だけいったら中島美嘉よりも圧倒的にうまいのですけれど、この曲を聞いた人がどちらを選ぶかといったら、中島美嘉の方ではないでしょうか?

たんにカバー曲であってオリジナリティがあるわけではないので、トリプルA面の1曲にするには、同配慮しても弱いと言わざるしかありません。

元ViViDのボーカルであったSHINも同じく同じ「GLAMOROUS SKY」をカバーしていますけれど、こちらの方が断然にいい仕上がりになっています。

逆に「GLAMOROUS SKY」を収録しないほうが、シングルとしてよりいい物になっていたと感じました。悪くはないですけれど、普通でしかありません。

アピールを欲張り過ぎてしまったのが、もったいないことをしています。

何回も聞いてみても「GET OVER」 、「confession」の2曲でシングルとして成り立っているので、「GLAMOROUS SKY」は完全に余分ですね。

色を違うものをお得だと思って足してみたら、いらなかったみたいな…。おそらく聞くきっかけになればという判断の収録だと思いますが、ガチでいらんです。

あとがき

収録方法に苦言はありますが、綾野ましろはいいアーティストですよ。以前渋谷駅の東急線の階段をあがったスペースで、フリーライブをやっていたんです。

確か、彼女のデビュー当時のGWだったと思います。日替わりでアイドル他が出演していて、歌声が聞こえてきて思わず場所に駆け寄ってしまいました。

歌唱力だけでなく、人を引きつける声の持ち主です。彼女を知ったきっかけになったフリーライブですが、そこからずっとチェックをして聞いていますから…。

伸びるべきアーティストにムダが見えからこそ、もったいないという感じです。

聞こえ方に個人差はあっても、強調の分散は焦点がぶれます。このシングルを聞く時は「GET OVER」、「confession」の2曲だけを聞くのをオススメします。

聞き終わった時の感覚が、きっと違うと思いますよ。

音楽は聞き流しされてしまうからこそ、不要なものはない方がいいですね。タイトルの表記方法、収録内容でもったないことをしているシングルです。

 

以上、『綾野ましろ:GET OVER / confession / GLAMOROUS SKY ~トリプルA面? ~』でした。

綾野ましろ 関連記事

2016/10/4 release 1st Album
綾野ましろ:WHITE PLACE ~まだ染まる前の始まりの景色~

2019/7/17 release 8th Single
綾野ましろ:GET OVER / confession / GLAMOROUS SKY ~トリプルA面? ~ ←今ココ

2019/9/25 release 2nd Album
綾野ましろ:Arch Angel ~痛みではなく強いからこそ泣くんだ~

コメント