Maroon 5:Nobody’s Love ~誰にこの愛を届けますか? ~

Maroon 5:Nobody's Love洋楽レビュー
洋楽レビュー

Maroon 5 (マルーンファイヴ) 配信シングル「Nobody’s Love」。

前作「Memories」から10カ月。前月にベーシスト ミッキー・マデンがDV容疑で逮捕、一時離脱するという一悶着あった中でのリリース。

美しいバラードは多くの観点と、愛についての深さがある曲です。

Nobody’s Love 概要

「Nobody’s Love」は、現在も続くパンデミック。ジョージ・フロイド死亡事件に触発された曲。だからこその、メッセージの強さがあります。

誰もが手にすることができるはずの平和と、行ってしまったことの反省。

また、MVではマリファナ所持法について、メッセージが込められたもの。この部分は賛否両論がありそうですが、今あえてしたという感じでしょうか。

MVラストのメッセージを見てもらうというのが1番ですが、日本のアーティストではできない部分まで踏み込んでいるのは、興味深いところです。

Nobody’s Love

Apple Music Movie IconNobody’s Love
フルMVをApple Musicで観る

恋ではない人を愛するということ「Nobody’s Love」。

愛を問いかけるからこそですが、「Love」が63回も出てくるという多さ。それでも数えてみて、そんなにあるんだという感じになっているのも特徴です。

If my love ain’t your love
It’s never gonna be nobody’s love

「俺の愛が君のの愛でなければ、誰の愛にもならない」。ときめきの恋ではなく、特別な人だからこその愛。自分にとっても、君にとっても大切な人。

素直に思いを伝えることが、愛に取って必要なことなのかもしれません。

And if you ever leave, then I’m never gon’ want
Nobody, nobody’s love

「もし、君が去ってしまったら欲しくないよ。誰も、誰の愛も」。特別な人がいれば、相手の気持ちも分かるというもの。一方通行ではありません。

自分には知らない、または関係がなかったとしても、その人に特別な存在がいる。当たり前のことに気付くことで、人は傷付けることはなくなりそうです。

MVの丸刈りもですが、最後のメッセージとともにマリファナ所持法に対してというのは、やっぱりインパクトがありますね。

あとがき

音のみで聞くと、美しいバラード。ここに至る経緯と、MVに込められたメッセージを知ると、少し違った聞こえ方になってくるのも印象的です。

結果としては争いをなくし、平和でありたいということなのでしょうけれど、問題提議を曲の中に含めてくるのは興味深く感じました。

ただ、意図を知らなくても楽しめますし、分かってから聞くと深さのあるものになる。音楽だからこそできる部分が含まれた、意欲作ではないでしょうか。

ジャケットのカラーも印象的なこの曲。いろいろな面から見て、聞いてみることをオススメします。

 

以上、『Maroon 5:Nobody’s Love ~誰にこの愛を届けますか? ~』でした。


Amazon【Maroon 5】関連商品

Maroon 5 関連記事

2019/9/20 release Digital Single
Maroon 5:Memories ~この先も君のことをずっと忘れない~

2020/7/24 release Digital Single
Maroon 5:Nobody’s Love ~誰にこの愛を届けますか? ~ ←今ココ

2021/3/3 release Digital Single
Maroon 5:Beautiful Mistakes ~あなたはもう僕の元にはいない~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント