次回新着記事予定:検討中
【Amazon ミュージック】

【2022年3月音楽レビュー】28アーティスト:30枚 + まとめ記事

【2022年3月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は22年3月に新規投稿を行った、31記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2022年3月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事

先月の振り返り「【2022年2月音楽レビュー】21アーティスト:27枚 + まとめ記事」。

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。22年2月に新規投稿を行った、21アーティスト:27枚、振り返りについてまとめた記事。

どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

【2022年2月音楽レビュー】21アーティスト:27枚 + まとめ記事
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。22年2月に新規投稿を行った、21アーティスト:27枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

あいみょん

あいみょん 配信シングル「双葉」。

今作はNHK「あいみょん18祭」テーマソング。18歳世代(17〜20歳)の喜怒哀楽を素直に表現した想いを聞き、制作された楽曲。

同じ時期を実際に経験してきた大人からの、愛が溢れた応援ソングです🌱

あいみょん:双葉 ~君たちがどう咲くのか楽しみにしてるよ~
今作はNHK「あいみょん18祭」テーマソング。18歳世代(17〜20歳)の喜怒哀楽を素直に表現した想いを聞き、制作された楽曲。同じ時期を実際に経験してきた大人からの、愛が溢れた応援ソングです。

麻倉もも

麻倉もも (あさくら もも) 10枚目のシングル「彩色硝子」。

全体的にふんわりとしているけれど、芯となる部分は抜けていない、実に彼女らしい内容の1枚。幸せを得るには、欠けてはいけないのでしょう。

だからこそさらっと横に流れそうで、実際はそうならない面白い音が聞けます🌞

麻倉もも:彩色硝子 ~幸せとともに穏やかな彩りを君に~
全体的にふんわりとしているけれど、芯となる部分は抜けていない、実に彼女らしい内容の1枚。幸せを得るには、欠けてはいけないのでしょう。だからこそさらっと横に流れそうで、実際はそうならない面白い音が聞けます。

麻倉もも・雨宮天 ・夏夏川椎菜

麻倉もも (あさくら もも)・雨宮天 (あまみや そら)・夏夏川椎菜 (なつかわ しいな) アルバム 「シャッフル -Bright 3 Waves-」。

ミュージックレインCDコレクション企画の3弾。TrySailの3人がそれぞれのソロをシャッフルし、カバーをしたアルバム。

想定内、外の選曲がうまく絡み合い、聞き慣れた曲が思いの他に変化。想像以上に楽しめる内容です🎧

麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜:シャッフル -Bright 3 Waves- ~変化
ミュージックレインCDコレクション企画の3弾。TrySailの3人がそれぞれのソロをシャッフルし、カバーをしたアルバム。想定内、外の選曲がうまく絡み合い、聞き慣れた曲が思いの他に変化。想像以上に楽しめる内容です。

indigo la end

indigo la end (インディゴ ラ エンド) 配信シングル「春は溶けて」。

ほどなくして始まるツアー「Helpless」に先駆けて配信される新曲。春を迎えての経験と、少しだけ大人になっていく姿は成長と言えそう。

切なさはあるけれど、その種類がいつも異なる表現が興味深く聞こえます🌸

indigo la end:春は溶けて ~経験という糧として中に入ってくる~
ほどなくして始まるツアー「Helpless」に先駆けて配信される新曲。春を迎えての経験と、少しだけ大人になっていく姿は成長と言えそう。切なさはあるけれど、その種類がいつも異なる表現が興味深く聞こえます。

Ed Sheeran

Ed Sheeran (エド・シーラン) 配信シングル「Sigue/Forever My Love」。

今回はコロンビアのシンガーソングライターJ. バルヴィンとのコラボ。恐らく今までにはしてこなかった試みは、音としてすごく新鮮に聞こえます。

リリースが続くだけでなく、興味深いことをしてくる方です💓

Ed Sheeran:Sigue/Forever My Love ~君のために僕は存在する~
今回はコロンビアのシンガーソングライターJ. バルヴィンとのコラボ。恐らく今までにはしてこなかった試みは、音としてすごく新鮮に聞こえます。リリースが続くだけでなく、興味深いことをしてくる方です。

Camila Cabello

Camila Cabello (カミラ・カベロ) 配信シングル「Bam Bam (feat. Ed Sheeran)」。

22年4月8日にリリースされる、3枚目のアルバム「Familia」からセカンドシングル。エド・シーランとのコラボは、聞けば楽しくなる歌。

何はともかく踊り続けようの思いは、明るさが満載です💃

Camila Cabello:Bam Bam ~とにかく踊り続けてみようよ~
22年4月8日にリリースされる、3枚目のアルバム「Familia」からセカンドシングル。エド・シーランとのコラボは、聞けば楽しくなる歌。何はともかく踊り続けようの思いは、明るさが満載です。

King Gnu

King Gnu (キングヌー) 配信シングル「カメレオン」。

このバンドの魅力の1つである少し切なくて、聞く人それぞれで体験したことに置き換えることもできる物語。描かれるのは人の弱さと、対応する適応力。

目を閉じて聞くと、想像が膨らみます🦎

King Gnu:カメレオン ~色を変えることで今を生き抜いてきた~
このバンドの魅力の1つである少し切なくて、聞く人それぞれで体験したことに置き換えることもできる物語。描かれるのは人の弱さでもあり、対応する適応力。目を閉じて聞くと、想像が膨らみます。

楠木ともり

楠木ともり (くすのき ともり) 配信シングル「山荷葉」。

22年6月1日にリリースされる、4枚目のEPからの先行シングル。聞こえてくるのは幻想的でありながら、なんとも聞き心地の良い歌。

EPへの期待感を高めるとともに、彼女への興味が深くなります🏵️

楠木ともり:山荷葉 ~見え隠れするのは幸せでありたいから~
22年6月1日にリリースされる、4枚目のEPからの先行シングル。聞こえてくるのは幻想的でありながら、なんとも聞き心地の良い歌。EPへの期待感を高めるとともに、彼女への興味が深くなります。

Creepy Nuts×Ayase×幾田りら

Creepy Nuts×Ayase×幾田りら (クリーピーナッツ×アヤセ×いくた りら) 配信シングル「ばかまじめ」。

Creepy NutsとYOASOBIの2人によるコラボソングは、オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」テーマソング。

そのコラボから楽しんで制作したのが分かる曲は、底抜けな明るさがあります😆

Creepy Nuts×Ayase×幾田りら:ばかまじめ ~愛すべき同士たち~
Creepy NutsとYOASOBIの2人によるコラボソングは、オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」テーマソング。そのコラボから楽しんで制作したのが分かる曲は、底抜けな明るさがあります。

cluppo

cluppo (クルッポ) 1枚目のEP「hatofull」。

cluppoはBAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクト。今作は彼女の名前に因んだ「ミク = 3月9日」にリリースされる、最初の集大成。

BAND-MAIDの時とはまた異なる、別の彼女の魅力が詰まっています🐦

cluppo:hatofull ~ただ無心に目指したのは世界平和っぽ! ~
cluppoはBAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクト。今作は彼女の名前に因んだ「ミク = 3月9日」にリリースされる、最初の集大成。BAND-MAIDの時とはまた異なる、別の彼女の魅力が詰まっています。

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバー 配信シングル「Hey Yo!(仮)」。

22年に入ってから連続リリースで止まることのない勢いを続けている彼らから提示されたのは、実にライブ向きな楽曲。

よく分からずとも叫べば迷いが解放されて楽しくなれるぜ! と思わせてもくれます📣

ゴールデンボンバー:Hey Yo!(仮) ~当然まだまだ行けんだろ? ~
22年に入ってから連続リリースで止まることのない勢いを続けている彼らから提示されたのは、実にライブ向きな楽曲。よく分からずとも叫べば迷いが解放されて楽しくなれるぜ! と思わせてもくれます。

James LaBrie

James LaBrie (ジェイムス・ラブリエ) 配信シングル「Devil in Drag」。

多くの方がご存知の通り、Dream Theaterのボーカリストのソロ。今作は4枚目のアルバム「Beautiful Shade Of Gray」からのファーストシングル。

ソングライティング・パートナーを変更し、既存のソロとは異なる音を予感させます👿

James LaBrie:Devil in Drag ~元から持ち合わせていたもの~
多くの方がご存知の通り、Dream Theaterのボーカリストのソロ。今作は4枚目のアルバム「Beautiful Shade Of Gray」からのファーストシングル。ソングライティング・パートナーを変更し、既存のソロとは異なる音を予感させます。

SHISHAMO

SHISHAMO (シシャモ) 配信シングル「春に迷い込んで」。

春は新たな出会いもですが、その反対で別れも多くなる季節。この曲で描かれるのは、後者の別れについて。寂しいけれど、もう戻ることのない関係。

それを知っているからこそ、より切なく感じてしまいます🌸

SHISHAMO:春に迷い込んで ~あの人への思いがまだ残ってる~
春は新たな出会いもですが、その反対で別れも多くなる季節。この曲で描かれるのは、後者の別れについて。寂しいけれど、もう戻ることのない関係。それを知っているからこそ、より切なく感じてしまいます。

Stone Sour

Stone Sour (ストーン・サワー) 配信シングル「The Dark」。

コリィ・テイラーが映画 Fear Clinicに出演することにより、制作されたカバー。きっかけはともかく、この後のリリースに続くきっかけともなる曲。

オリジナルに敬意を表しつつ、聞こえ方が異なるのがメタルの面白さです👿

Stone Sour:The Dark ~俺がくることを待ち構えている~
コリィ・テイラーが映画 Fear Clinicに出演することにより、制作されたカバー。きっかけはともかく、この後のリリースに続くきっかけともなる曲。オリジナルに敬意を表しつつ、聞こえ方が異なるのがメタルの面白さです。

Def Leppard

Def Leppard (デフ・レパード) 配信シングル「Kick」。

まさかの新曲は、22年5月27日にリリースされる12枚目のアルバム「Diamond Star Halos」からのファーストシングル。

“らしさ”満載で冒険はないけれど、安定の音を聞かせてくれます。& 受け取り方次第で、別の面白さが…💥

Def Leppard:Kick ~やめることなんてできやしない~
まさかの新曲は、22年5月27日にリリースされる12枚目のアルバム「Diamond Star Halos」からのファーストシングル。"らしさ"満載で冒険はないけれど、安定の音を聞かせてくれます。& 受け取り方次第で、別の面白さが…。

Dua Lipa

Dua Lipa (デュア・リパ) 配信シングル「Sweetest Pie」。

直近で行われるツアーで共演する、Megan Thee Stallionとのコラボソング。挑発を含む刺激的でありカッコいい、彼女ならではの表現が聞けます。

1度味わってしまったら、虜になって抜け出せなくなるかも…🥞

Dua Lipa:Sweetest Pie ~あなたは味わったことがあるかしら? ~
直近で行われるツアーで共演する、Megan Thee Stallionとのコラボソング。挑発を含む刺激的でありカッコいい、彼女ならではの表現が聞けます。1度味わってしまったら、虜になって抜け出せなくなるかも…。

26時のマスカレイド

26時のマスカレイド (にじゅうろくじのマスカレイド) 2枚目のミニ・アルバム「トルマリン」。

不思議な構成で妙にクセになる曲が多い彼女たちからの提示は、グループよりも個がメインとなる内容。実に面白いことをしてきます。

今も進行過程であり、次の1枚に今回の経験がどう反映がされるのか楽しみです✨

26時のマスカレイド:トルマリン ~ずっと強く繋がってる~
不思議な構成で妙にクセになる曲が多い彼女たちからの提示は、グループよりも個がメインとなる内容。実に面白いことをしてきます。今も進行過程であり、次の1枚に今回の経験がどう反映がされるのか楽しみです。

野宮真貴

野宮真貴 (のみや まき) 配信シングル「スウィート・ソウル・レヴュー (duet with Rainych, feat. evening cinema)」。

デビュー40周年ニューアルバム「New Beautiful」からの、先行シングル。レイニッチ、evening cinemaとのコラボにより、少し異なる形に変化。

それでも不変なのは、時を経ても新鮮な楽曲。つい口ずさみたくなります👄

野宮真貴:スウィート・ソウル・レヴュー ~楽しい時が始まる~
デビュー40周年ニューアルバム「New Beautiful」からの、先行シングル。レイニッチ、evening cinemaとのコラボにより、少し異なる形に変化。それでも不変なのは、時を経ても新鮮な楽曲。つい口ずさみたくなります。

Mia Rodriguez

Mia Rodriguez (ミア・ロドリゲス) 配信シングル「Shut Up」。

少しレトロでポップなメロディーに乗せて描かれるのは、自分を少しでも良く見せようと無駄に口数の多い男性に向けた皮肉と言える思い。

その場では言葉にぜずとも、多くの女の子が感じている感情でありそうです😡

Mia Rodriguez:Shut Up ~ちょっと黙ってくれないかな? ~
少しレトロでポップなメロディーに乗せて描かれるのは、自分を少しでも良く見せようと無駄に口数の多い男性に向けた皮肉と言える思い。その場では言葉にぜずとも、多くの女の子が感じている感情でありそうです。

パラディーク

パラディーク 配信シングル「ちゅ♡ちゅ♡ちゅ♡ぱにぱっ♡」。

元Pimm’s 新谷真由を中心に、元dela 近藤真琴、神田風音(ふぅちゃん)と岩澤美潤、阿久津友理により、2021年3月27日に結成されたアイドルグループ。

グループ初のMVが作成された楽曲は、変わっているけれど楽しいです😘

パラディーク:ちゅ♡ちゅ♡ちゅ♡ぱにぱっ♡ ~ぎゅ〜っとして~
元Pimm's 新谷真由を中心に、元dela 近藤真琴、神田風音(ふぅちゃん)と岩澤美潤、阿久津友理により、2021年3月27日に結成されたアイドルグループ。グループ初のMVが作成された楽曲は、変わっているけれど楽しいです。

美的計画

美的計画 (びてきけいかく) 配信シングル「まだ浅はか (feat. 和ぬか)」。

川谷絵音の作る曲を、異なるボーカリストに歌ってもらうプロジェクトの第7弾。今作は遂にリリースが決定したアルバム「BITEKI」からの、先行配信曲。

ふわふわしているけれど芯のある楽曲は、聞くたびに面白さが増していきます🎤

美的計画:まだ浅はか (feat. 和ぬか) ~やっぱりというか私って…~
川谷絵音の作る曲を、異なるボーカリストに歌ってもらうプロジェクトの第7弾。今作は遂にリリースが決定したアルバム「BITEKI」からの、先行配信曲。ふわふわしているけれど芯のある楽曲は、聞くたびに面白さが増していきます。

Hinano

Hinano (ひなの) 1枚目のEP「nocturne」。

「DEEMO THE MOVIE」歌姫オーディショングランプリを受賞した高島一菜(15)。彼女がアーティスト名をHinanoとしてリリースすをるデビュー作。

高い歌唱力と、今後の活躍を期待してしまう一片を聞かせてくれます✨

Hinano:nocturne ~今は小さくとも暗闇の中で輝く光~
「DEEMO THE MOVIE」歌姫オーディショングランプリを受賞した高島一菜(15)。彼女がアーティスト名をHinanoとしてリリースすをるデビュー作。高い歌唱力と、今後の活躍を期待してしまう一片を聞かせてくれます。

hiroko

hiroko (ヒロコ) 配信シングル「Praying」。

元mihimaru GTの彼女。復帰3作目はどんなに強がっても一人では生きていけない人間だからこそ、距離は離れても幸せであって欲しい思い。

大切な人に向けてであるからこそ、暖かな優しさが強いです✨

hiroko:Praying ~遠く離れた場所からでもずっと…~
元mihimaru GTの彼女。復帰3作目はどんなに強がっても一人では生きていけない人間だからこそ、距離は離れても幸せであって欲しい思い。大切な人に向けてであるからこそ、暖かな優しさが強いです。

Holly Humberstone

Holly Humberstone (ホリー・ハンバーストーン) 配信シングル「I Would Die 4 U」。

音源としてリリースされるのは「Fake Plastic Trees」以来のカバー。オリジナルは、プリンスのアップテンポのダンスナンバー。

これが彼女ならではのアレンジで、新たな感覚で聞ける楽曲となりました🎤

Holly Humberstone:I Would Die 4 U ~あなたのためになら喜んで~
音源としてリリースされるのは「Fake Plastic Trees」以来のカバー。オリジナルは、プリンスのアップテンポのダンスナンバー。これが彼女ならではのアレンジで、新たな感覚で聞ける楽曲となりました。

Motionless In White

Motionless In White (モーションレス・イン・ホワイト) 配信シングル「Cyberhex」。

22年6月10日にリリースされる6枚目のアルバム「Scoring The End Of The World」からのファーストシングル。

デジタルなリズムが冷たく、希望がない寂しさが心に突き刺さってきます🌑

Motionless In White:Cyberhex ~未来? それってなんですか? ~
22年6月10日にリリースされる6枚目のアルバム「Scoring The End Of The World」からのファーストシングル。デジタルなリズムが冷たく、希望がない寂しさが心に突き刺さってきます。

YOASOBI

YOASOBI (ヨアソビ) 配信シングル「あの夢をなぞって (Ballade Ver.)」。

タイトルに含まれている通り、20年1月にリリースされた「あの夢をなぞって」のバラードバージョン。自然と耳に入ってきやすくなった言葉。

お馴染みのメロディーはそのままに、伝えたい思いがより優しくなりました🎧

YOASOBI:あの夢をなぞって (Ballade Ver.) ~君に伝えたい言葉~
タイトルに含まれている通り、20年1月にリリースされた「あの夢をなぞって」のバラードバージョン。自然と耳に入ってきやすくなった言葉。お馴染みのメロディーはそのままに、伝えたい思いがより優しくなりました。

Liella! x2

① Liella! (リエラ) アルバム「リエラのうた」。

通常とは視点を変え、特別パートとしてリリースされたコンピレーションアルバム。その内容はメンバー個々が見えるのに加え、Liella!の奥深さが伺える形。

しっとりとした歌で構成されているからこそ、子守唄のようでもあります🎤

Liella!:リエラのうた ~この思いを実際の形へと変えていく~
通常とは視点を変え、特別パートとしてリリースされたコンピレーションアルバム。その内容はメンバー個々が見えるのに加え、Liella!の奥深さが伺える形。しっとりとした歌で構成されているからこそ、子守唄のようでもあります。

② Liella! (リエラ) 1枚目のアルバム「What a Wonderful Dream!!」。

21年4月「始まりは君の空」のデビューから駆け抜けてきた彼女らの一区切り。とはいえ集大成とは形が異なる提示てあるのが、面白いところ。

これからも続く期待とともに、その他を掘り下げたくなる内容です✨

Liella!:What a Wonderful Dream!! ~夢を私たちの手で現実に~
21年4月「始まりは君の空」のデビューから駆け抜けてきた彼女らの一区切り。とはいえ集大成とは形が異なる提示てあるのが、面白いところ。これからも続く期待とともに、その他を掘り下げたくなる内容です。

Red Hot Chili Peppers x2

① Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) 配信シングル「Poster Child」。

22年4月1日にリリースされる12枚目のアルバム「Unlimited Love」からのセカンドシングル。ファンキー音に描かれるのは、少し淋しげな物語。

初期インパクトではないジワジワ感は、アルバムへの期待を高めてくれます💬

Red Hot Chili Peppers:Poster Child ~過程として必要とあれば~
22年4月1日にリリースされる12枚目のアルバム「Unlimited Love」からのセカンドシングル。ファンキー音に描かれるのは、少し淋しげな物語。初期インパクトではないジワジワ感は、アルバムへの期待を高めてくれます。

② Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) 配信シングル「Not the One」。

22年4月1日にリリースされる12枚目のアルバム「Unlimited Love」からのサードシングル。シンプルだからこそ、描かれたその思いが心へと響いてきます。

考え方が変わる瞬間。理解度を高めるためにも事前に、聞いておきたい楽曲です💙

Red Hot Chili Peppers:Not the One ~君と僕に愛も~
22年4月1日にリリースされる12枚目のアルバム「Unlimited Love」からのサードシングル。シンプルだからこそ、描かれたその思いが心へと響いてきます。考え方が変わる瞬間。理解度を高めるためにも事前に、聞いておきたい楽曲です。

あとがき

22年3月にレビューを行った結果は、以下の通り。

22年もつい最近始まったばかりだと思いきや、既に第1四半期が終了。時の流れが早く感じることにびっくりしています。

また、趣味のジョギング時に感じるのは、少しづつ暖かくなってきた気候。ジョギングコースに行くまでが寒かったのですが、大分和らいで楽になりました。

日中は買い出しか、作るのがめんどくさくて外食しに行く以外あまり外出をしないので、完全に暗くなった夜に気候の変化を感じるのは自分らしいですが…。

この気候の変化というのは体感だけでなく、各アーティストが表現する音にも変化が現れています。四季がある日本。邦楽アーティストはわりと顕著ですね。

聞こえてくる暖かみのある音。個人的には典型的なメタルで暑苦しいのも好きですが、爽やかなな音は特に走っている時に気持ちいがいいのでオススメです。

基本自粛が当たり前だったここ数年が、変わってくる予感もしています。

 

以上、『【2022年3月音楽レビュー】28アーティスト:30枚 + まとめ記事』でした。

2022年3月音楽レビュー 関連記事

【2022年1月音楽レビュー】23アーティスト:29枚 + まとめ記事 x2

【2022年2月音楽レビュー】21アーティスト:27枚 + まとめ記事

・【2022年3月音楽レビュー】28アーティスト:30枚 + まとめ記事  ←今ココ

【2022年4月音楽レビュー】27アーティスト:29枚 + まとめ記事

・【2022年5月音楽レビュー】26アーティスト:30枚 + まとめ記事

・【2022年6月音楽レビュー】27アーティスト:30枚 + まとめ記事

・【2022年7月音楽レビュー】31アーティスト:32枚 + まとめ記事

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント