【dアニメストア】

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2021年3月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は21年3月に新規投稿を行った、32記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2021年3月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事

先月の振り返り「【2021年2月音楽レビュー】23アーティスト:33枚 + まとめ記事」。

2月に新規投稿を行った、23アーティスト:33枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください🙇‍♂️

【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年2月に新規投稿を行った、25アーティスト:34枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

Against the Current x2

① Against the Current (アゲインスト・ザ・カレント) 配信シングル「that won’t save us」。

表現するサウンドが大きく変わった、きっかけの曲。ロックに振り切った形は、既存のファンで音を聞いているほど、びっくりするのではないでしょうか?

歌詞を見ていると、音が変化した理由が見えてくるもポイントです🔥

Against the Current:that won't save us ~言いなりにはならない~
表現するサウンドが大きく変わった、きっかけの曲。ロックに振り切った形は、既存のファンで音を聞いているほど、びっくりするのではないでしょうか? 歌詞を見ていると、音が変化した理由が見えてくるのもポイントです。

② Against the Current (アゲインスト・ザ・カレント) 配信シングル「weapon」。

前作「That Won’t Save Us」同様に、ロックに完全に振り切ったサウンド。クリッシー・コスタンザの歌声ともうまく絡んでいて、素直にカッコいい!

攻撃性はありながら、怒りではないロック。面白いなと思う方は多そうです🎸

Against the Current:weapon ~あなたを終わらせるためのもの~
前作「That Won't Save Us」同様に、ロックに完全に振り切ったサウンド。クリッシー・コスタンザの歌声ともうまく絡んでいて、素直にカッコいい! 攻撃性はありながら、怒りではないロック。面白いなと思う方は多そうです。

Ashnikko

Ashnikko (アシュニコ) 1枚目のアルバム「DEMIDEVIL」。

名義上はミックステープとしてリリースされる1枚。10曲と曲数はEPよりも多くなりましたが、その収録時間は25分とコンパクト。

ハイテンポな曲はなくとも、さらに短く聞こえるのも特徴。独自の面白い表現は、一聴の価値があります📼

Ashnikko:DEMIDEVIL ~あなたを刺して張り付き離れない~
名義上はミックステープとしてリリースされる1枚。曲数はEPよりも多くなりましたが、その収録時間は25分とコンパクト。ハイテンポな曲はなくと、さらに短く聞こえるのも特徴。独自の面白い表現は、一聴の価値があります。

幾田りら

幾田りら (いくた りら) 配信シングル「Answer」。

YOASOBI としての活動も並行しつつ、前作「ヒカリ」から間を置かない早いタイミングでリリース。

背伸びをしない彼女だからこその、暖かさと優しさをもった歌。

聞けば気持ちが落ち着くとともに、明日という未来が楽しみに思えます。

幾田りら:Answer ~その見える世界には希望がきっとある~
YOASOBI としての活動も並行しつつ、前作「ヒカリ」から間を置かない早いタイミングでリリース。背伸びをしない彼女だからこその、暖かさと優しさをもった歌。聞いていて気落ちが落ち着くとともに、明日という未来が楽しみに思えます

小倉唯 x3

① 小倉唯 (おぐら ゆい) 10枚目のシングル「Destiny」。

曲調は全く異なっていても、”つながり”という共通項目がある2曲。この組み合わせだからこそいいんだ! という、興味深い表現です。

どちらか片方ではなく、合わせて聞くとより楽しめる形になりますよ💫

小倉唯:Destiny ~君とずっとつながっていたい…~
曲調は全く異なっていても、"つながり"という共通項目がある2曲。この組み合わせだからこそいいんだ! という、興味深い表現です。どちらか片方ではなく、合わせて聞くとより楽しめる形になりますよ。

② 小倉唯 (おぐら ゆい) 11枚目のシングル「I・LOVE・YOU!!」。

カップリングのカバー「バレンタイン・キッス」を含めて、キュンキュンしてしまうかわいらしさがたっぶりの1枚。

また、前面にはは出てこなくても、表現のクオリティが実は高いのもポイントです💘

小倉唯:I・LOVE・YOU!! ~大好きな君だけに送る私の想い~
カップリングのカバー「バレンタイン・キッス」を含めて、キュンキュンしてしまうかわいらしさがたっぶりの1枚。また、前面にはは出てこなくても、表現のクオリティが実は高いのもポイントです。

③ 小倉唯 (おぐら ゆい) 13枚目のシングル「Clear Morning」。

2021年第一弾は、新機軸とファンに向けた思いの組み合わせ。一聴で分かるカップリングのかわいらしさと、ジワジワ感がたまらないタイトル曲。

リピートボタンを押した上で再生することをオススメします✨

小倉唯:Clear Morning ~キミと一緒にワクワクするときめきを~
2021年第一弾は、新機軸とファンに向けた思いの組み合わせ。一聴で分かるカップリングのかわいらしさと、ジワジワ感がたまらないタイトル曲。リピートボタンを押した上で再生することをオススメします。

the GazettE

the GazettE (ガゼット) 配信シングル「BLINDING HOPE」。

沈黙を貫いてきたバンドが、遂に再始動。5月にリリースされる10枚目のアルバム「MASS」からの先行配信曲は、まさにthe GazettEという音。

希望のあるタイトルともに、楽しみなバンドが再び動き始めました🎸

the GazettE:BLINDING HOPE ~また光が戻ることを期待してる~
沈黙を貫いてきたバンドが、遂に再始動。5月にリリースされる10枚目のアルバム「MASS」からの先行配信曲は、まさにthe GazettEという音。希望のあるタイトルともに、楽しみなバンドが再び動き始めました。

Callista Clark

Callista Clark (カリスタ・クラーク) 1枚目のEP「Real To Me」。

カントリー期待の新星のデビュー作。まだ17歳という若さで、魅力的な楽曲と歌声。加えてビジュアルもいいというのも、大きなポイント!

売れない要素が逆に見当たらないので、早めにチェックすることをオススメします🎧

Callista Clark:Real To Me ~今の私を感じてほしい~
カントリー期待の新星のデビュー作。まだ17歳という若さで、魅力的な楽曲と歌声。加えてビジュアルもいいというのも、大きなポイント! 売れない要素が逆に見当たらないので、早めにチェックすることをオススメします。

King Gnu

King Gnu (キングヌー) 配信シングル「」。

「あわ」ではなく「あぶく」読むタイトルに加え、なんともいえない浮遊感が聞いていて面白い! 前身バンド Srv.Vinci の楽曲が新しい形となりました。

ツインボーカルだからこその感情と、裏表混在するリズムが面白いのも特徴です💦

King Gnu:泡 ~逝ってしまったあなたへ思う気持ち~
「あわ」ではなく「あぶく」読むタイトルに加え、なんともいえない浮遊感が聞いていて面白い! 前身バンド Srv.Vinci の楽曲が新しい形となりました。ツインボーカルだからこその感情と、裏表混在するリズムが面白いのも特徴です。

GRANRODEO

GRANRODEO (グランロデオ) 2枚目のミニ・アルバム「僕たちの群像」。

オリジナル脚本のショートムービー「ロストマインズ」と元に制作された、いわゆるコンセプト・アルバム。インストを含む、5曲の世界観が興味深い内容。

音のみでも、その先に踏み込んでも楽しめる。面白いことをしてきてくれました🎸

GRANRODEO:僕たちの群像 ~君の目に見えていた物を教えて~
オリジナル脚本のショートムービー「ロストマインズ」と元に制作された、いわゆるコンセプト・アルバム。インストを含む、5曲の世界観が興味深い内容。音のみでも、その先に踏み込んでも楽しめる。面白いことをしてきてくれました。

KEIKO

KEIKO (ケイコ) 配信シングル「桜をごらん / 笑ってやる」。

タイトルからして差がありますが、対照的な曲調の組み合わせ。それぞれの状況は異なっても、始まりという共通点があるのが、うまくハマっています。

Kalafinaはもちろんですが、ソロとしての活動も興味深いですよ🌸

KEIKO:桜をごらん / 笑ってやる ~始まりの一歩を踏み込むんだ~
タイトルからして差がありますが、対照的な曲調の組み合わせ。それぞれの状況は異なっても、始まりという共通点があるのが、うまくハマっています。Kalafinaはもちろんですが、ソロとしての活動も興味深いですよ。

SHISHAMO

SHISHAMO (シシャモ) 配信シングル「壊したんだ」。

壊れたではなく、”壊したんだ”。前作の長いタイトルとは異なる形で、印象に強く残ります。バンドスタイルではない音も、大きな特徴。

寂しさが強くありながら、それだけに終わっていないのも聞き所です🎹

SHISHAMO:壊したんだ ~あなたを守れなくてゴメンね…~
壊れたではなく、"壊したんだ"。前作の長いタイトルとは異なる形で、印象に強く残ります。バンドスタイルではない音も、大きな特徴。寂しさが強くありながら、それだけに終わっていないのも聞き所です。

Silk Sonic

Silk Sonic (シルク・ソニック) 配信シングル「Leave The Door Open」。

ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パークが新たに組んだ、バンドのデビュー曲。大人だからこそ表現できるセクシーさと、カッコよさが両立。

2人が組むと情報が出た時から期待していましがが、想像していた以上にいい感じです🎤

Silk Sonic:Leave The Door Open ~いつでもここに入っておいで~
ブルーノ・マーズ、アンダーソン・パークが新たに組んだ、バンドのデビュー曲。大人だからこそ表現できるセクシーさと、カッコよさが両立。2人が組むと情報が出た時から期待していましがが、想像していた以上にいい感じです。

Smewthie

Smewthie (スミュウジー) 配信シングル「bitter sweet darling」。

「なかよし」創刊65周年を記念し、完全新作のアニメ化される「東京ミュウミュウ にゅ~♡」。その主要キャスト5人による、声優新ユニットのデビュー作。

表現する音も面白いですし、伸びしろがかなりありそうなので期待大な存在です💘

Smewthie:bitter sweet darling ~このキュンした気持ちを届けたい~
「なかよし」創刊65周年を記念し、完全新作のアニメ化される「東京ミュウミュウ にゅ~♡」。その主要キャスト5人による、声優新ユニットのデビュー作。表現する音も面白いですし、伸びしろがかなりありそうなので期待大な存在です。

St. Aurora

St. Aurora (セイント・オーロラ) 配信シングル「Falling (Just Another Way to Fly)」。

カッコいいロックバンドを数多く生み出してきたフィンランドから、新たな刺客のデビュー作。粗さのある演奏の中に、ロックのカッコよさがあります。

HIMが好きだった人には、ドストライクなサウンド。早めにチェックです! 🔥

St. Aurora:Falling (Just Another Way to Fly) ~飛ぶための選択~
カッコいいロックバンドを数多く生み出してきたフィンランドから、新たなの刺客のデビュー作。粗さのある演奏の中に、ロックのカッコよさがあります。HIMが好きだった人には、ドストライクなサウンド。早めにチェックです!

高槻かなこ

高槻かなこ (たかつき かなこ) シングル「King of Anison EP1」。

ソロとしての2作目はオリジナルではなく、意表をついたカバー。選曲は不明点もありますが、意外性のある面白いことをしてきました。

改善すべき部分あるのが不安定さでもあり、逆に人間味も感じさせます✨

高槻かなこ:King of Anison EP1 ~自分だからこその再構築~
ソロとしての2作目はオリジナルではなく、意表をついたカバー。選曲は不明点もありますが、意外性のある面白いことをしてきました。改善すべき部分あるのが不安定さでもあり、逆に人間味も感じさせます。

D.M.C (デトロイト・メタル・シティ) x3

① D.M.C (デトロイト・メタル・シティ) 1枚目のシングル「SATSUGAI / 甘い恋人」。

ここまで真逆のタイプの2曲が収録されたシングルはないだろう? という内容。1度触れてしまったらくせになり、ふと突然思い出してしまうサウンド。

過去だからこそ表現できた音。今改めて聞いてみても面白さは変わりません👿

D.M.C:SATSUGAI / 甘い恋人 ~どちらが本当の自分? ~
ここまで真逆のタイプの2曲が収録されたシングルはないだろう? という内容。1度触れてしまったらくせになり、ふと突然思い出してしまうサウンド。過去だからこそ表現できた音。今改めて聞いてみても面白さは変わりません。

② D.M.C (デトロイト・メタル・シティ) 2枚目のシングル「魔王 / ラズベリーキッス」。

メタルバンドならではの重さに加えて極悪な歌詞の2曲に、とびきりポップな甘いラブソング。

本来組合うことのない曲が、一緒になることで生まれるのは相乗効果。

企画モノを越えたサウンドが、ここにあります👿

D.M.C:魔王 / ラズベリーキッス ~全てを俺に差し出すがいい~
メタルバンドならではの重さに加えて極悪な歌詞の2曲に、とびきりポップな甘いラブソング。本来組合うことのない曲が、一緒になることで生まれるのは相乗効果。企画モノを越えたサウンドが、ここにあります。

DESURABBITS

DESURABBITS (デスラビッツ) 配信シングル「無視するな、君の色は君で決めればいい」。

21年3月にリリースされる3枚目であり、ラスト・アルバム「JUMP」からの先行シングル。これで本当に最後にするの? と思ってしまうサウンド。

アルバムも控えていますが、しっかりと爪痕を残してくれています🐰

DESURABBITS:無視するな、君の色は君で決めればいい ~我を行け!~
21年3月にリリースされる3枚目であり、ラスト・アルバム「JUMP」からの先行シングル。これで本当に最後にするの? と思ってしまうサウンド。アルバムも控えていますが、しっかりと爪痕を残してくれています。

Daughtry

Daughtry (ドートリー) 配信シングル「Heavy Is The Crown」。

2021年リリース予定の6枚目のアルバム「Nothing Lasts Forever」からの、第2弾シングル。その表現するのは、ドートリーならではという音。

原点回帰であり、この先を期待せずにはいられません👑

Daughtry:Heavy Is The Crown ~権力には決して屈しない~
2021年リリース予定の6枚目のアルバム「Nothing Lasts Forever」からの、第2弾シングル。その表現するのは、ドートリーならではという音。原点回帰であり、この先を期待せずにはいられません。

TrySail

TrySail (トライセイル) 配信シングル「僕らのシンフォニー (2020 Winter Remix)」。

既存の曲が、新たに生まれ変わりました。別Ver.というとオリジナルに劣る場合が多いのですが、明らかに今回の方がよいと思える表現の形に。

もっさり感が消え、これが本来の姿であるという感じになりました🎼

TrySail:僕らのシンフォニー (2020 Winter Remix) ~重なり合おうよ~
既存の曲が、新たに生まれ変わりました。別Ver.というとオリジナルに劣る場合が多いのですが、明らかに今回の方がよいと思える表現の形に。もっさり感が消え、これが本来の姿であるという感じになりました。

HELLOWEEN

HELLOWEEN (ハロウィン) 配信シングル「PUMPKINS UNITED」。

ワールドツアーがきっかけで、かつてのバンドメイト カイ・ハンセン、マイケル・キスクがラインナップに加わり、7人のメンバーでリリースされた本作。

まさにハロウィンというサウンドは、熱くならない理由がありません🎃

HELLOWEEN:PUMPKINS UNITED ~この団結は心が熱くなる ~
ワールドツアーがきっかけで、かつてのバンドメイト カイ・ハンセン、マイケル・キスクがラインナップに加わり、7人のメンバーでリリースされた本作。まさにハロウィンというサウンドは、熱くならない理由がありません。

美的計画

美的計画 (びてきけいかく) 配信シングル「ハートは温泉美人の私のものよ (feat. 謎女)」。

タイトルもですが、その音で表現する情景が興味深おい曲。ちょっといけない関係の旅行であるというのも、面白さを増している要因です。

リリース時は音のみだからこそ、逆に情景が浮かんでくるのもポイント! 🛀

美的計画:ハートは温泉美人の私のものよ ~先生は分かってくれる~
タイトルもですが、その音でする表現が興味深い曲。ちょっといけない関係の旅行であるというのも、面白さを増している要因です。リリース時は音のみだからこそ、逆に情景が浮かんでくるのもポイント!

Maroon 5 x3

① Maroon 5 (マルーンファイヴ) 配信シングル「Memories」。

今はいない、君のことを思いだす歌。気持ちが優しく、聞いていて心が安らぐとともに、つい一緒に口ずさみたくなるのは必然です。

原曲が「カノン」であるのも、思い出の部分を強くさせています✨

Maroon 5:Memories ~この先も君のことをずっと忘れない~
今はいない、君のことを思いだす歌。気持ちが優しく、聞いていて心が安らぐとともに、つい一緒に口ずさみたくなるのは必然です。原曲が「カノン」であるのも、思い出の部分を強くさせています。

② Maroon 5 (マルーンファイヴ) 配信シングル「Nobody’s Love」。

現在も続くパンデミック。ジョージ・フロイド死亡事件に触発された曲。人を愛することの意味、そこで何が生まれるのかを表現した形。

美しいバラードに、いろいろな観点が含まれているのがポイントです💕

Maroon 5:Nobody's Love ~誰にこの愛を届けますか? ~
現在も続くパンデミック。ジョージ・フロイド死亡事件に触発された曲。人を愛することの意味、そこで何が生まれるのかを表現した形。美しいバラードに、いろいろな観点が含まれているのがポイントです。

③ Maroon 5 (マルーンファイヴ) 配信シングル「Beautiful Mistakes」。

1度聞けば耳に残るメロディと、表現する世界が興味深い恋の歌。聞く人によって現在おかれた状況が異なって聞こえるであろうのも、大きなポイント!

聞こえてくる音はポップでも、恋だからこその深さを感じさせてくれます💔

Maroon 5:Beautiful Mistakes ~あなたはもう僕の元にはいない~
1度聞けば耳に残るメロディと、表現する世界が興味深い恋の歌。聞く人によって現在おかれた状況が異なって聞こえるであろうのも、大きなポイント! 聞こえてくる音はポップでも、恋だからこその深さを感じさせてくれます。

Rainych

Rainych(レイニッチ) 配信シングル「RIDE ON TIME」。

曲名だけ見ても分かる人が多いであろう、山下達郎のカバー。シティ・ポップスの嚆矢と呼ばれる曲を、やっぱりというか歌ってくれました。

モダンなポップスもいいですが、プラスが更にある表現です🚗

Rainych:RIDE ON TIME ~今、時がここで動き出す~
曲名だけ見ても分かる人が多いであろう、山下達郎のカバー。シティ・ポップスの嚆矢と呼ばれる曲を、やっぱりというか歌ってくれました。モダンなポップスもいいですが、プラスが更にある表現です。

Lady A

Lady A (レディ・エー) 配信シングル「Like a Lady」。

2枚の既存アルバムのデラックス盤を挟みましたが、リリース時にLady A名義としては初のシングル。初期に戻ったような、楽しいカントリーソング。

タイトル、歌詞からは別の意図を感じさせるのも、聞き所の1つかも…💫

Lady A:Like a Lady ~そこに音楽があるからこそ歌うんだ~
2枚の既存アルバムのデラックス盤を挟みましたが、リリース時にLady A名義としては初のシングル。初期に戻ったような、楽しいカントリーソング。タイトル、歌詞からは別の意図を感じさせるのも、聞き所の1つかも…。

あとがき

21年3月にレビューを行った結果は、以下の通り。

今月以降は変わってくる部分があると思いますが、3月は意図的にシングルを中心に記事を書いてみました。俗に言う年度末だからこそ、あえての試しです。

定番となるよりも、ちょっと変わったことをやってみたかったという…。

リアルなことをいえばシングルもアルバムも、作成に要する時間は大きくは変わらないので、今後はバランスを取ってという形ですね。

戦略などは基本なく、その時の気分で書いているので、自分でも分からない部分ですが…。自由に書いているからこそ、難なく続けらててもいるのでしょう。

 

以上、『【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事』でした。

2021年3月音楽レビュー 関連記事

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事

・【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事 ←今ココ

【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2

【2021年6月音楽レビュー】33アーティスト:33枚 + まとめ記事

【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事

【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2

【2021年9月音楽レビュー】27アーティスト:31枚 + まとめ記事

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント