【アミューズメントメディア総合学院】

Måneskin:MAMMAMIA ~その壁は超えるために存在する~

Måneskin:MAMMAMIA洋楽レビュー
洋楽レビュー

Måneskin (マネスキン) 配信シングル「MAMMAMIA」。

Iggy Popが参加した「I Wanna Be Your Slave」の別バーションから2カ月。大きな注目を集めた2枚目のアルバム「Teatro d’ira: Vol. I」を経ての新曲。

ロックの持つ怪しさとかっこよさが満載で、くせになってしまうものがあります。

MAMMAMIA 概要

Apple Music Movie IconMAMMAMIA
Lyric VideoをApple Musicで観る

デンパーク語で「月光」を意味するMåneskin。その音としては「モーネスキン」に聞こえるのですが、日本のレコード会社はマネスキン表記。

この少し違いが出るのは、日本人向けですかね。いつかArch Enemy (アーチ・エネミー)、DIMMU BORGIR (ディム・ボルギル)みたいに変わったりして…。

また、男女混合のローマ出身の4人組は20〜22歳と若いメンバー。これから面白いことをしてくれるのは、想像に難しくありません。

曲名の「MAMMAMIA」で思い出すのはスーパーマリオのルイジか、約40年ぶりに復活のABBAの曲名。意図はあるでしょうし、いい意味でロックしてます。

このタイミングで逆になかったとしたら、おかしいぐらいなので…。

MAMMAMIA

Apple Music Movie IconMAMMAMIA
フルMVをApple Musicで観る

君の存在は「MAMMAMIA」。

ドキドキが時とともに高まっていく愛の歌。夢中になって行くと同時に、深く絡み合いたい思いは、イヤらしらが逆にこれでもかとぴったりとはまります。

この曲で聞けるビートは、ロック好きは惹かれない方が難しいかも…。

I feel the heat, uh, I feel the beat of drums

「熱を感じる。ドラムのビートを感じるんだ」。自然と感じてしまうのは、あなたという存在が特別だと気付くからなのでしょう。他の人にはないドキドキ!

Oh, mamma-mamma mia
spit your love on me

「お〜。マンマミーヤ。あなたの愛を吐き出して」。マンマミーヤの意味そのものである、なんてこったがうまくハマります。

単に愛を欲しいではなく、吐き出してっていうは思いの全てであり、ロックだからこそ似合うかっこいい表現。

ちょっと音の表現は異なりますが、グラム要素が強かった初期イエローモンキーのような怪しげかつ、なんとも言えない色気があります。

Tell me your limits and we’ll cross the line again

「限界を教えて。そこを越えていくから」。あなたと俺との愛には限界なんてものはないんだ! と言っているかのよう。ナルっぽいけれど、それが逆に面白い!

制限のかかったロックなって面白くもなんともないですから、その分もかけているのかもしれませんね。ある意味で怖いもの知らず…。

既存曲もですが、全くのオリジナルというよりも、いろいろな影響を受けているのが分かる構成の楽曲。それを自分たちの物にしているのは良いですね。

パクリではなく、消化するというのがポイントではないでしょうか。音を聞いていない時でも、歌詞にもあるビートを感じてしまう曲です。

あとがき

Måneskinの存在はTVK「伊藤政則のROCKCITY」で大分前からプッシュされていたので、毎週録画する視聴者としては当然のように知っていました。

アルバムを聞くと分かりますが、英語のみでなくイタリア語での歌唱。音の聞こえ方として馴染みがないのと、何言っているのか分からず…。

歌詞にも多くの比重を感じる自分にとっては、最初は逆に引っかかる部分でした。ですが、勢いのあるロックバンドというのは、壁を越えてくるもの。

そのうちに面白くなってしまうのですから、興味深いものです。加えて3枚目のアルバムも22年春のツアー前にリリース予定だそう。

となると、今作がアルバムからのファーストシングル。新たに聞き始める方にとっても、いいタイミングではないでしょうか。

今後はビジュアルも注目されて多くの人に見られることで垢抜けていくでしょうし、楽しみなロックバンドです。若いからこその勢いも期待をしましょう。

 

以上、『Måneskin:MAMMAMIA ~その壁は超えるために存在する~』でした。


Amazon【Måneskin】関連商品

Måneskin 関連記事

2017/12/8 release 1st EP
Måneskin:Chosen ~あなたはきっと耳を傾けたくなるよ~

2021/3/19 release 2nd Album
Måneskin:Teatro d’Ira – Vol. I ~ずっとこのままではいないから~

2021/10/8 release Digital Single
Måneskin:MAMMAMIA ~その壁は超えるために存在する~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント