まねきケチャ:いつかどこかで / ワンチャンス ~これからの私たち~

まねきケチャ:いつかどこかで / ワンチャンス邦楽レビュー

まねきケチャの5枚目のシングルである「いつかどこかで / ワンチャンス」。

メインボーカルであった藤川千愛ちゃんが卒業してからの初の音源ということで、これからの活動の勝負となる重要な音源です。

CD版では形態や収録曲の違いでTypeA〜Gまでの7種類ありましたが、配信ではSpecial Editionとして収録曲がまとめての配信になっています。

グッズの面でなく、聞くとして考えると配信が断然にお得です。お得であるだけでなく勝負シングルですので、全ての曲を聞くのをオススメします。

シングル収録曲概要

「いつかどこかで / ワンチャンス」の収録曲は以下の通りです。

  1. いつかどこかで
  2. ワンチャンス
  3. さよならなんて
  4. 虹を探しに(中川美優ソロ)
  5. Guess!!(宮内凛ソロ)
  6. 漫画みたいに恋したい(松下玲緒菜ソロ)
  7. ジャンプ(深瀬美桜ソロ)
  8. ワンチャンス(篠原葵ソロ)

名目上はシングルですけれど、配信版は7種類でリリースされた曲がまとめられているので、ミニアルバムといっていい状態です。

メンバー5人のソロバージョンが収録されているいるので、各メンバーの違いが分かるのが聞いていて面白いと思います。

複数のメンバーがいるユニットで1人がフルで歌っているのを聞く機会はあまりないですから、それぞれのファンはうれしいなと感じる対応ですよね。

収録曲で少し惜しいなと感じたのは、「ワンチャンス」だけ収録曲がかぶっていることです。かぶらない方が、より楽しめたのではないでしょうか?

メンバーソロは以前のシングルでも行っていますが、ボーカルの違いで大きく印象が変わるんだなと感じさせてくれたシングルです。

いつかどこかで

テレビアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」のエンディングテーマになっていた「いつかどこかで」。(1曲目)

ポップな曲は今までもありましたけれど、この曲のポップな感じはまねきケチャにありそうでなかった曲ですよね。

タイアップがついているというのも理由の1つなのかもですが、今までとは少し違うんだよ! と言っているような曲のようにも聞こえます。

メンバーが全員タイプの違う美少女でビジュアル面の違いはありましたけれど、歌声の違いの個性がうまくバラけている曲になっているのもいい感じです。

MVもとてもかわいらしくて、繰り返し見たくなるような感じになっています。

さよならなんて

しっとりとしたバラートの「さよならなんて」。(3曲目)

この曲は、卒業した藤川千愛ちゃんに向けて歌われた曲ですよね。

サヨナラが言えないよ
ただあなたの
幸せを願わせてください

歌詞にありがとうの思いや、寂しい思いが現れていますが、いるべき場所は変わっても「サヨナラが言えないよ」というのはステキだなと。

その上で幸せ願うというのは、最上級ともいえる送り言葉だと思います。

今までとは少し違うまねきケチャを「いつかどこかで」で見せて、今までのありがとうを「さよならなんて」で歌うというのはよく考えられていますよね。

再スタートとなるシングルとして、ばっちりな形だと思いました。

あとがき

曲調の違いもありますけれど、ボーカルの違いが大きく感じたシングルです。

藤川千愛ちゃんはうまいボーカリストですが、声のクセは強かったので、個人的には聞きやすくなった気がします。いい悪いではなく、好みですが…。

また、今まで見えていなかった残ったメンバーの個性が見えたような気もします。これは大きなプラスの面ではないでしょうか?

たくさんの1人ではなく、個がある方が魅力的に思えますしね。

「いつかどこかで / ワンチャンス」は、新生まねきケチャがどんな活動をしてくれるのか、楽しみになったシングルです。どんあ活動をしていくのでしょうか?

 

以上、『まねきケチャ:いつかどこかで / ワンチャンス ~これからの私たち~』でした。

コメント