次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【DTI WiMAX 2+】
DTI WiMAX 2+DTI WiMAX 2+

Maggie Lindemann:Obsessed ~ブレることなく一心に~

Maggie Lindemann:Obsessed洋楽レビュー
洋楽レビュー

Maggie Lindemann (マギー・リンデマン) 配信シングル「Obsessed」。

前作「Pretty Girl」から1年2カ月。直前にThe Vamps「Personal」にフィーチャリング参加を挟みつつ、久しぶりにリリースされた新曲。

音としてはポップですが、描かれている世界観は独特です。

Obsessed 概要

彼女の楽曲の4曲目の前作「Pretty Girl」がヒット。Remixが数パターンリリースされていますが、新曲がリリースされるまでにかかったのは1年2カ月。

思わぬヒット曲が出ると前倒しでリリースが続く場合が多いですが、それをしない選択。楽曲での独特な世界観もですが、面白いことをしてきます。

今作以降も定期的ではあってもリリースが多いわけではないですし、状況によってブレることのない彼女。これが支持される理由の1つであるのかも…。

表現する音楽性が変わっても、彼女なら分かるという感じなのでしょう。

Obsessed

これが私の「Obsessed」。

タイトルのObsessedを訳すと”執着”。その意味は「一つのことに心をとらわれて、はなれないこと」。この時点で面白いテーマを曲にしてきています。

特にポップ系だと、類をみない感じではないでしょうか。

You’re so obsessed with yourself

「あなたは自分自身にすごく夢中」。誰かに憧れるのではなく、自分に夢中。自身を好きになれるというのは、悪いことではなくすごくいいこと。

行き過ぎてしまうと自己陶酔になるので、気持ち悪いかもですが…。

‘Cause I’m obsessed with myself too

「私も自分に夢中だから」。自分が好きをいうと心配になってしまう人もいるかもですが、私も同じだから当たり前のことだよと言葉を投げかける。

自分だけじゃないんだ! と思ったら、安心できる方も多そうです。

自己陶酔まで行くと気持ち悪いですが、自分を好きになるからこそ周りにいる人にも優しくなれるし、時と場合によっては愛することもできる。

自分なんて…と悲観的に思うよりも、よっぽど好意的な思考に感じます。

浅く見るとエゴが強くにも思える曲ですが、実際は異なる気がしました。

あとがき

個人的に彼女の存在をしっかりと知ったのは20年以降で、EP「PARANOIA」に向かっている時。後から「Pretty Girl」を聞いたことある! ぐらいでした。

だからこそ軽視していた部分もあったのですが、Apple Musicでも彼女の中で「Pretty Girl」に次ぐTop Songs (再生数)となっている今作。

気になって改めて聞いてみたら、面白い曲だなと。聞かれる曲というのは、やっぱりというかそれなりの理由があるのかなという感じでした。

現在とは異なるポップなサウンドも、逆に印象的。存在自体が面白いです。アイテム数も多すぎない今こそ、まとめて聞いてみるのがいいかもしれませんよ。

 

以上、『Maggie Lindemann:Obsessed ~ブレることなく一心に~』でした。


Amazon【Maggie Lindemann】関連商品

Maggie Lindemann 関連記事

2016/9/30 release Digital Single
Maggie Lindemann:Pretty Girl ~イメージ通りなんかじゃないよ~

2017/11/17 release Digital Single
Maggie Lindemann:Obsessed ~ブレることなく一心に~ ←今ココ

2021/1/22 release 1st EP
Maggie Lindemann:PARANOIA ~私の中に確実に存在するモノ~

2021/10/29 release Digital Single
Maggie Lindemann:She Knows It ~私との関係を切れないのは~

2022/2/10 release Digital Single
Maggie Lindemann:debbie downer ~憂鬱なんて吹き飛ばせ! ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント