=LOVE:ズルいよ ズルいね ~でも君にありがとうと想っているんだ~

=LOVE:ズルいよ ズルいね邦楽レビュー

=LOVE(イコールラブ) 6枚目のシングルである「ズルいよ ズルいね」。

前作「探せ ダイヤモンドリリー」から約半年ぶりとなるシングルは、「手遅れcaution」の時のような驚きを聞かせてくれる内容になっています。

=LOVEがアイドルとして成長していくなかで、一辺倒ではなくいろいろな面を見せてくれるのは、聞いていて興味深いです。=LOVEは面白いですね。

ズルいよ ズルいね 収録曲概要

「ズルいよ ズルいね」の収録曲は以下の通りです。

  1. ズルいよ ズルいね
  2. Sweetest girl
  3. 推しのいる世界
  4. 「君の音だったんだ」
    ≠ME
  5. ズルいよ ズルいね(instrumental)
  6. Sweetest girl(instrumental)
  7. 推しのいる世界(instrumental)
  8. 「君の音だったんだ」(instrumental)

今までの5枚のシングルと異なるのは、=LOVEの曲だけでなく、姉妹グループの≠ME(ノットイコールミー)の曲が収録されているスプリット盤になっています。

5枚目までセンターであったひとみんこと髙松瞳ちゃんが休養に入って、11人になっていること。ジャケットの真ん中が空いているのも、意味がありそうです。

単純に姉妹グループの曲だから入れたとは、考えづらい感じがしました。

スプリット盤とは?

スプリット盤とは、2〜3組のアーティストを1枚にまとめた盤のことです。坂道グループ、48グループは、シングルでこの方式をたまにしてきますよね。

同グループ内のユニットではなくて、AKBならSKEやHKT。欅坂ならけやき坂のような、姉妹グループでも別としてカウントされる場合に限ります。

「スプリット = split = 分裂、分割」の意味からきている、盤の名称です。

サントラなどでアルバムで多数のアーティストが参加する場合は、スプリット盤とは呼ばずに、オムニバス盤や、コンピレーション盤と呼びます。

ちなみにオムニバス盤というのは日本だけで、コンプレーション盤というのが世界での呼び方になっています。これも音楽の面白いところですね。

コンピレーションは「Compilation = 編集、編集物」となり、複数の楽曲をまとめたことを指します。スプリット、コンピレーション盤は覚えておきましょう。

ズルいよ ズルいね

タイトル曲で、片思いのままの恋を歌った「ズルいよ ズルいね」。(1曲目)

こんなに私を好きにさせておいて、私の前からいなくなんてというのは、曲名の通りズルいよ ズルいねというのがぴったりです。

これだけ相手に好きに思わせるというはすごいことですけれど、最初から恋愛感情がなかったり、感情が高まらなかったことが片思いのままの理由でしょうか?

ズルいよ ズルいねと思わせながら、それでもありがとう思わせる。女性に深く恋をさせる色男には憧れるし、なってみたい願望が男なら誰でもあります。

女性からしたらかなわない片思いの曲ですけれど、男性からみるといい男性になるために頑張らなきゃダメよねと感じさせてくれる曲でした。

歌詞を書いたさっしーは、アイドルだったからこそ難しい恋もしてきたでしょうし、この歌詞はフィクションではなく、実体験が入っている気がします。

この曲で特にいいなと思ったのは、グループだから全員で歌う曲であるのに、ちゃんと個が出る個人パートが重要な箇所で含まれていることです。

個が出てこない曲であれば全く違う意味の曲になった気がしますし、この曲をタイトル曲に持ってきたのは、あとから意味が出てくる気がします。

よくアイドルが間違いをするアーティスト方向にシフトするのではなく、アイドルの部分をしかっりと残しているのも、聞いていてさすがだなと感じました。

Sweetest girl

曲名の通りかわいらしさが満載の「Sweetest girl」。(2曲目)

みりにゃこと大谷映美里ちゃんがセンターの曲は、もろにアイドルという甘い曲です。現時点では公開されていませんが、MVを制作して欲しい曲です。

聞いているだけでもかわいらしさが満載の曲は、絵が加わったら破壊力がさらに倍増することは間違いありません。MVの制作予定はないんでしょうか?

11月8日にMVが公開されました。縦画面であることをうまく利用したMVで、予想通りのキュンとしてしまう破壊力が抜群のMVになっています。

大谷映美里ちゃんはアキシブの頃から群を抜いてかわいかったですけれど、ペットでフェレットのバタ子、シナモンのインタビューがよかったですね。

愛情があふれていましたし、さらにラーメン好きというのもいい感じです。

曲に話を戻すと現時点で満足でなくて、毎日かわいいを更新したいからという向上心があるのがいいですね。毎日かわいいを更新するから、かわいいんです。

このシングルの中でいちばんアイドル曲であり、キュンを誘われる曲ですよ。

推しのいる世界

青春パンク曲のような感じの「推しのいる世界」。(3曲目)

アイドルファンといったら、推しがいるからこそ応援しますし、なじみの深い言葉です。推しはいろいろで、単推し、箱推し、DDなどたくさんあります。

自分の場合はアイドルでも音楽から入るので基本は箱推しで、単推しというのはゆかるんこと佐々木優佳里ちゃんぐらいですかね。ぐらいって、DDかも…。

アイドルは夢を見せてくれる人たちだと思いますから、この曲で歌っている推しがいる世界というのは、気持ちがすごく分かります。

推しの君がいるから今が楽しい。つまんないことも後で推しの声を聞けたり、会うことができるから、めんどくさくて大変なことも頑張れちゃうんです。

通常の恋愛と、アイドルを推すというのは、似ているようで異なります。

ドルオタでなくても何か別のことでアイドルのような人がいない人の方が少ないでしょうし、推しは誰かになんと言われようと、なくてはならない存在ですね。

ライブで盛り上がりそうな曲は、聞いていてギターがコピーしたくなりました。

「君の音だったんだ」

≠MEの曲である「「君の音だったんだ」」。(4曲目)

セルフタイトル曲の「≠ME」を配信限定でリリースしていて、YouTubeの再生も余裕で130万オーバーとなっていたので、今作に収録は予想外でした。

単独でも十分セールスは期待できると思いますけれど、2019年は地盤を築いている途中ということでしょうか。MVでの表情が段違いに変わっています。

セルフタイトル曲の「≠ME」の時点でメンバーがかわいいのは分かっていましたけれど、アイドル感が出たのと、個人の個が現れてきたように感じました。

「≠ME」の時も思いましたが、少しかすれた歌声の子がとても気になります。曲の中で、いいアクセントになっているんですよね。

姉妹グループの≠MEも、=LOVEのように面白い存在になりそうです。

鼓動が早くなる好きの気持ちをなんとなく分かってはいたけれど、君の存在が行動を早くさせていたんだというのは、すごくいい歌詞ですね。

だからこそ、私の鼓動が早くなる音は「君の音だったんだ」。さっしーの歌詞はどんどん進化していくので、歌詞を見ていてすごく興味深いです。

直接の表現ではないけれど、ちゃんと見た人が分かる表現であること。歌詞で大切な部分です。自分も見やすい文章になるように、見習いたいですね。

あとがき

=LOVEの3曲。≠MEの1曲で4曲の今回のシングル。聞き応えがあります。姉妹グループ合わせて、これからの活動が期待せずにはいられません。

シングル収録曲概要でも少し触れましたが、ジャケットの真ん中にスペースが空いているのは、髙松瞳ちゃんが戻ってくる場所があるよというメッセージ。

今回のシングルは完全体の=LOVEではないから、姉妹グループの≠MEを紹介兼ねて含めてみたと感じてしまったのは、自分の考え過ぎでしょうか?

何かの行動には意味が必ずあると思いますので、きっと何かはあるんでしょうけれど、人それぞれで解釈ができる要素を含んでいるのも面白く感じました。

=LOVE、≠MEはもちろん、さっしーことプロデューサーである指原莉乃ちゃんに興味が深くなった今回のシングルです。彼女は裏方でもやりますね。

 

以上、『=LOVE:ズルいよ ズルいね ~でも君にありがとうと想っているんだ~』でした。

=LOVE 関連記事

2017/9/6 release 1st Single
=LOVE:セルフタイトル・シングル ~私たちと一緒に夢を見よう~

2017/12/6 release 2nd Single
=LOVE:僕らの制服クリスマス ~大人になると忘れてしまう恋の気持ち~

2018/5/16 release 3rd Single
=LOVE:手遅れcaution ~まだ見せていなかった本当の私~

2018/10/17 release 4th Single
=LOVE:Want you!Want you! ~ストレートな気持ちを受け入れて~

2019/4/24 release 5th Single
=LOVE:探せ ダイヤモンドリリー ~私の中にある3つの感情~

2019/10/30 release 6th Single
=LOVE:ズルいよ ズルいね ~でも君にありがとうと想っているんだ~ ←今ココ

2019/8/4 release Delivery limited Single
≠ME:NOT EQUAL ME ~ずっと同じではない変化を確かめて~

コメント