Linder Bros:セルフタイトルアルバム ~兄弟の絆が生んだ音~

Linder Bros:セルフタイトルアルバム 洋楽レビュー

Linder Bros(リンダーブラザーズ)のセルフタイトルのファースト・アルバムである「Linder Bros」。

Linder BrosはDirty Loopsのベースのヘンリックと、弟のエリックのリンダー兄弟、キーボードのクリスチャンの3人トリオのフュージョンバンドです。

クリスチャンはDirty Loopsのライブ時のサポートキーボードですので、Dirty Loopsが根本にあるバンドになっています。

インストで歌はありませんが、楽しめる要素が多いアルバムです。

時間の流れを楽しんで

セルフタイトルアルバム「Linder Bros」の収録曲は以下の通りです。

  1. When I Was 16
  2. We Make Party When We See Us
  3. Pi
  4. Allan
  5. May
  6. Never Underestimate the Power of Stupid People In Large Groups
  7. 20.5 Degree Blues
  8. Rob Snake Blues

ワンワードだったり、長かったり、ブルースが付く曲名が続くなど、曲名に特徴があるアルバムになっています。

インストの曲を聞く時は歌がない分曲名がとても重要になるのですが、曲名に特徴があると、聞く前にどんな曲なんだろう? と想像するのが楽しくなりますよ。

8曲で51分ですので実際には長尺の曲が多いのですが、長さを感じずに聞けるのは、収録されている曲の面白さにあるのではないでしょうか?

上のYouTubeの動画で演奏シーンが見られますが、エリックが左利きのギタリストということで、とても興味深い動画になっています。

特にギタリストは気になって、見入ってしまう方が多いと思いますよ。

どんな時を過ごしたのか

アルバムのオープニングを飾る曲の「When I Was 16」。

リンダー兄弟はどんな16歳の時を過ごしたんだろう? と気になる曲です。多感な時期である16歳の時を聞く人それぞれで当てはめてみると、より楽しめます。

曲からは攻撃的てはなく穏やか時期を過ごしながらも、迷っているという部分も感じられて、人間味のあふれる曲になっています。

イントロ部分が最後にさりげなく戻ってくることで、振り返ると楽しい16歳だったんだということを印象付けているように聞こえました。

アルバム中、1番Dirty Loopsの感じが出ている曲ではないでしょうか?

短い春を楽しんでいる

ワンワードの3曲のうちの1曲で、5月を表している「May」。

メンバーの出身地であるスウェーデンは4月、5月が日本と同じように春ということで、春を表しているような曲です。

春の訪れて4月の「April」ではなく、春が終わって夏につながる5月の「May」を曲名にしているというのは、面白いです。

春の暖かな希望も感じさせつつ、夏までの短い期間を楽しんでいるように聞こえるのは、中間のピアノのパートが重要になっている曲です。

春が終わりをつげるのはギターが重要になって、ラストで名残惜しいように終わるギターのフレーズがまたいい感じになっています。

スウェーデンは日本からは遠い国ですが、四季がはっきりしていて、日本に近い国というのは調べていて興味深かったです。1度行ってみたい国ですね・

うねるハーモニーのブルース

2曲続くブルースで、アルバムのラストを飾る「Rob Snake Blues」。

ブルースは難しい曲が多いですが、この曲は特に分かりやすいブルースです。うねりながら重なるハーモニーが気持ちよくもかっこいい曲になっています。

ラストのドラムソロから始まるパートは、最後に盛り上げてアルバムのラストを飾るのに最適なパートなっている感じにです。

7分10秒という長尺の曲ですが、特に短く聞こえる曲になっています。ブルースの特徴である不協和音に近いスケールの音が、気持ちよく聞こえる曲です。

あとがき

フュージョンというと聞いていて難しかったり、BGMにしかならない場合もありますが、Linder Brosは楽しく聞けるアルバムになっています。

マニアがニヤっとするのが目的の意味がわかりずらい展開で構成された曲はないので、フュージョン初心者にもオススメができるアルバムです。

これだけ聞きやすいフュージョンのアルバムも、少ないのではないでしょうか? 聞きやすくても、コピーするのはかなり難しいというも、面白いところです。

 

音楽に関係はないですが、リンダー兄弟は音楽をしているのは共通でも、見た目のイメージが全く異なる兄弟ですよね。言わなければ分からない兄弟です。

エリックのギターは音もプレイも必要以上に主張しすぎないというのが、特徴になっています。とはいっても、裏方に引いているわけではありません。

出るべきところは出る、引くべきことは引くというのはギタリストが難しい部分でもあるので、参考になるギタリストも多いアルバムになっていますよ。

Dirty Loopsの活動はあっても兄弟ということで、すぐにではなくてもまた新しいアルバムが聞ける時期がくると思います。

次はどんな楽しみ方をさせてくれるのでしょうか?  楽しみです。

 

以上、『Linder Bros:セルフタイトルアルバム ~兄弟の絆が生んだ音~』という記録でした。

Linder Bros 関連記録

2014/4/16 release 1st Album
Dirty Loops:Loopified ~ギターレスでも音楽はカッコいい~

2019/7/26 release Delivery limited single
Dirty Loops:Work Shit Out ~気まぐれでなく舞い上がれ~

コメント