【Rock oN Company】
Rock oN CompanyRock oN Company

幾田りら:ロマンスの約束 ~二人がずっと一緒にいるために~

幾田りら:ロマンスの約束邦楽レビュー
邦楽レビュー

幾田りら (いくた りら) 配信シングル「ロマンスの約束」。

前作「SWEET MEMORIES」から1カ月。松田聖子の名曲のカバーに続くのは、タイアップきっかけで、ソロ発表済みの既存曲をリアレンジしたセルフカバー。

元が良曲でしたが、あらためて聞いてみても優しさが多く詰まった歌です。

ロマンスの約束 収録曲概要

リアレンジされることになったのは、AbemaTV「今日、好きになりました。向日葵編」主題歌としてタイアップが付いたため。

元は彼女の2枚目のミニ・アルバム「Jukebox」のリード曲。YOASOBIではikuraとして活動する彼女が、「夜に駆ける」の前月にリリースした1枚です。

こうして改めて日の目をみるというのは、実に面白い。またリアレンジと言っても歌詞は同じで、演奏もむちゃくちゃ変化があるというわけではありません。

これはオリジナルの時点で良くできていたいう、証明です。それでも歌い手としてレベルが上がった今とでは、本人が一番違いを実感しているかも…。

正直に言えば「Jukebox」はこの曲は別として、未完成さが目立つ内容。ですが、以降のソロはYOASOBIの経験を経て、格段に進化した提示をしています。

自分はアーティストが気になると掘り下げるのですが、普通はそうはいかないのが現実。こうして過去曲が、日の目をみるのはいいことではないでしょうか。

ロマンスの約束

AbemaTV「今日、好きになりました。向日葵編」主題歌「ロマンスの約束」。

これから二人でずっと過ごしていくための約束。好き通しではあっても、元は他人であるからこそ、時の経過とともに変化があることを知っての思い。

今だけでなく、これからもずっとという気持ちが優しさとして現れています。

これから二人で過ごしていくために
約束してほしいことがあるの

今は気持ちがシンクロしているからこそ、一緒にいるのは必然。それも嬉しいことだけど、これからもずっと二人で過ごすために必要な約束。

また、約束といってもすごく重いものではないのが、優しさです。

二人で進み始めたこの列車の
切符は最後まで無くさないでね

無くさないでね。絶対ではなく、可能な限りというのがいいですね。君に対してだけの要求だけではなく、私ももちろん同じだからというのも分かります。

それぞれの道が一緒になることで、列車になる。この表現はとても好きです。

君の短所や私の長所が
変わってしまっても
変わりは居ないよ きっと

年を経るごとに、人は変わっていくもの。見た目もですし、その性格や好みなどもすっと同じとは限りません。それでも、君の代わりはきっといないよと。

絶対ということはなくても、そう思える存在というのがいいですね。

また、恋で約束に思いが近い曲というと、想像するのは某ト◯セツ。あの表現はめっちゃめんどくさい女の子でしたが、こちらは相手を考えた上での思い。

好みの差はあるでしょうけれど、断然「ロマンスの約束」の表現の方が好きです。また、きっと守っていくことができる方も多いのではないでしょうか。

曲に注目すると、細かい違いはあっても、アレンジに大きな差はない形。少し演奏がゴージャスになった部分だけでなく、一番の変化は歌に出ています。

交互に聞いて比較すると分かりやすいと思いますが、表現力が上がっているんです。元がうまい彼女でも、ここ2年未満の短期間でのこの変化。

歌い手や楽器を弾く人は、かなり励みになる部分が感じられるのではないでしょうか。経験の積立による努力は、良い変化となって現れてくるのでしょう。

とはいえただ時間が経過したからではないのも、忘れてはいけないポイント! その辺も含めて、オリジナルと比較してこの曲を聞くことをオススメします。

あとがき

リアレンジ「ロマンスの約束」リリースの21年8月13日。「群青」のレコーディングにも参加、彼女も所属しいた「ぷらそにか」の卒業を発表しています。

その行動自体には驚くべきことではありませんが、今後はYOASOBIとソロに完全に集中するということ。気持ちの面の違いは大きく出ることが想像できます。

今作をきっかけとして、その変化は形となって提示されていくことでしょう。

彼女の歌声は聞いていて気持ちがいいですし、コンポーザーが異なることでYOASOBIとソロではその表現も少し異なるのが面白いんです。

今後もきっと、聞き手を楽しませてくるのは間違いありません。

また、元がインディーズでの発表曲を、メジャーでリアレンジしてリリース。ちょっと例えが古いですが、SHAZNA「Melty Love」が正に同じですね。

これはキーが変わっているのでほぼ同アレンジの「ロマンスの約束」とは異なる部分はありますが、めちゃくちゃ大ヒットを記録したという事実があります。

彼女もこの曲をきっかけに見つかると、面白くなるのではないでしょうか?  個人的に「ヒカリ」は本当にいいなと思っているので、聞いてほしいですね。

さて、実際はどのような反応は得られるのでしょうか?

 

以上、『幾田りら:ロマンスの約束 ~二人がずっと一緒にいるために~』でした。



Amazon【幾田りら】関連商品

幾田りら 関連記事

2019/11/16 release 2nd Mini Album
幾田りら:Jukebox ~1つずつで全て異なる思いの表現~

2020/9/25 release Digital Single
幾田りら:ロケット・トゥ・ザ・ムーン ~君の元へすぐに行くから~

2020/12/25 release Digital Single
幾田りら:ヒカリ ~君と私の夢で共通していること~

2021/3/9 release Digital Single
幾田りら:Answer ~その見える世界には希望がきっとある~

2021/7/14 release Digital Single
幾田りら:SWEET MEMORIES ~忘れることのないあなたとの思い出~

2021/8/13 release Digital Single
幾田りら:ロマンスの約束 ~二人がずっと一緒にいるために~ ←今ココ

2021/2/23 release Digital Single
フジファブリック:たりないすくない (feat. 幾田りら) ~君のもっとを~

関連アーティスト記事一覧
YOASOBI (ヨアソビ)

The following two tabs change content below.

コメント