【DMM電子書籍】
DMM電子書籍DMM電子書籍

幾田りら:ヒカリ ~君と私の夢にあるのもの~

幾田りら:ヒカリ邦楽レビュー
邦楽レビュー

幾田りら (いくた りら) 配信シングル「ヒカリ」。

YOASOBIではikuraとして活動する彼女のソロ。これがまたビックリするほどの良曲! 意図はないでしょうけれど、タイトル通りの光を感じさせてくれます。

きっかけは自分と同じようにYOASOBIからという方が多いと思いますが、聞いて損がないというよりも、抑えておかないと! と言い切れる楽曲です。

ヒカリ 概要

YOASOBIと平行して、アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」。今作のように、本名でのシンガー・ソングライターとしても活動。

コンポーザーのAyaseもボーカロイドプロデューサーとしての活動も継続していますし、変に縛られないというのが良い結果につながっていそうです。

また、「ヒカリ」はYOASOBIに加入後、初のオリジナルソング。既存のソロ音源と比べると、クオリティが明らかに上がっているのは大きなポイント!

環境によることの成長であり、影響の大きさを感じさせてくれます。

ヒカリ

君と私の「ヒカリ」。

1人ではなく君という相手がいるからこそ、最初は本当に小さいものであっても思いが重なり、大きくなっていくヒカリ。いつか輝くことを予感させます。

君はちゃんと話してくれた
すっと一人温めてた夢を 震える手を抑えながら

頭の中だけにあった思いが言葉となり、夢となる瞬間。同時にヒカリが生まれる時でもあります。勇気というのが、大きな分岐点となっていそう。

また、心からの夢を話すことができるのは、相手が特別だから。思いを共有することにより、今よりもずっと深い関係になっていくことを想像させます。

「きっと私たちならやれるよ」と
無邪気に讃えあった日々が繋いできた

明確な理由はなくても、”きっと”がある。根拠なんてなくてもできると思えるからこそ、行動につながる。ちょっとしたことのようで、大きな出来事。

思うだけでは叶わないことも、きっと実現できるとか感じさせるとともに、その「ヒカリ」は大きくなっていくことを予感させます。

現状は音のみですが、MVが作成されたらちょっと面白いことになるかも…。

また、趣味趣向もありますが、歌詞を見たからこそ分かる「」など。音楽が音で楽しむものですが、見てもにもつながるので、こういった表現は大好きです。

単に歌うだけの人ではなく、シンガー・ソングライターだからこその表現。魅力的な歌声に加えて、自分の言葉としてのメッセージも今後期待できそうです。

あとがき

歌声は彼女そのものですが、YOASOBIとは作成の過程や異なる歌メロ。思いの他に異なる感覚で聞けるので、興味深く感じる方は多いのではないでしょうか。

わりとボーカルのソロは似る場合が多いのに、彼女はそうではありません。

また、一転集中、平行での活動の良し悪しは意見が分かれるかと思いますが、個人的には面白いなと。表現も名義が異なるだけではないので、余計にですね。

ご存知の通り歌声が魅力的な彼女ですが、歌詞としての表現とソング・ライティング能力も期待できる。想像している以上に面白い状況になるかもしれません。

世界中で暗いことが多いからこそ、これからより光であろうアーティストがいるというのは、音楽ファンであればきっと期待してしまうものがありますよ。

大きなプロモーションはされていませんが、聴き逃がせない楽曲です。

 

以上、『幾田りら:ヒカリ ~君と私の夢にあるのもの~』でした。


『幾田りら』をApple Musicで

幾田りら 関連記事

2019/11/16 release 2nd Mini Album
幾田りら:Jukebox ~1つずつで全て異なる思いの表現~

2020/9/25 release Digital Single
幾田りら:ロケット・トゥ・ザ・ムーン ~君の元へすぐに行くから~

2020/12/25 release Digital Single
幾田りら:ヒカリ ~君と私の夢にあるのもの~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
YOASOBI (ヨアソビ)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント