【ギターのサブスクリプション スターペグ・ミュージック】
ギターのサブスクリプション スターペグ・ミュージックギターのサブスクリプション スターペグ・ミュージック

L’Arc〜en〜Ciel:Don’t be Afraid ~恐れずに自分だけは信じて! ~

L’Arc〜en〜Ciel:Don't be Afraid邦楽レビュー
邦楽レビュー

L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル) 41枚目のシングル「Don’t be Afraid」。

前作「Wings Flap」から1年。2016年12月のリリースですが、21年5月の時点ではバンドの最新シングル。

個人の活動があるので「そんな出ていないの?」 という感じですが、タイトルや描かれているテーマを含め、今の状況にも合う内容です。

:Don’t be Afraid 収録曲概要

「Don’t be Afraid」収録曲は以下の通り。

  1. Don’t be Afraid
  2. Cradle -L’Acoustic version-
  3. Don’t be Afraid (hydeless version)
  4. Cradle -L’Acoustic version- (hydeless version)
  5. Don’t be Afraid -English version-

お楽しみのカップリングはインストの他、6枚目のアルバム「ark」から「Cradle」のアコースティックバージョン。表題曲のEnglish ver.を収録。

改めて聞いてみても、しっくりとくる組み合わせ。特に「Cradle」は、こちらが本来の形ではないの? というぐらいのアレンジになっているのが特徴です。

Don’t be Afraid

Apple Music Movie IconDon’t be Afraid
フルMVをApple Musicで観る

映画「バイオハザード: ザ・ファイナル」日本語吹替版主題歌「Don’t be Afraid」。(1曲目)

恐れて隠れてしまうのではなく、自分を信じ、自らの手で運命を掴み取れ! 行動をしたからこそ先があるというのは、実際に多いことです。

怖がっていたり、文句を言っているだけじゃ、何も変わらないので…。

覚醒めたいなら迷わずアイツへ
銃弾を打ち放て

本当の自分になるための行動。銃弾を放つアイツとは、自らに作った壁のことではないでしょうか。自分を越えられるのは、本人しかいないですから。

バイオハザードだとゾンビですが、それも越えて行くべきものですよね。

Don’t be afraid, believe yourself
運命を掴み取れ!

「恐れずに自分を信じて」。運命を掴み取るのは誰かにしてもらうのではなく、自分ですべきことだから。他人任せにしていたら、手に取ることはできません。

運命と言うと大きなことのように思えますが、ほんの小さな変化でも、きっかけにもなるもの。怖がっていたら、何も変わらないですから…。

今自分ができることをするのが、未来、そして運命を変えてくれそうです。

Cradle -L’Acoustic version-

揺れる感じが増した「Cradle -L’Acoustic version-」。(2曲目)

クレジットを見ずに聞いても、書いたのはyukihiroだと分かる曲。怪しげで寂しげな音が大きな特徴。hydeのウィスパーボイスも、がっつりとハマります。

I float in cosmos for the place to return
Living or dying there is no meaning

「帰るべき場所も求めて宇宙そらに浮かぶ。生きるも死ぬも意味はない」。揺籠ゆりかごに揺られ、感じる思い。イメージとしては母の胎内のことでしょうか。

とても寂しげですが、逆に「意味を持たなければいけないの?」 ということかもしれません。

love for you there is no meaning

「あなたの愛に意味はないよ」。なんとも切ない…。それでも、いろいろな意味で捉えることのできる言葉でもあります。

ちっぽけなものかもしれないし、やがて一つになるのであれば感情は関係ないとも…。ループするフレーズが同じようで、違うようにも聞こえる不思議な曲。

無になることは怖いことではないからという、メッセージなのかも。そう考えると「Don’t be Afraid 」につながるというのも、興味深いところです。

Don’t be Afraid -English version-

表題曲のEnglish ver.「Don’t be Afraid -English version-」。(5曲目)

ソロのHYDEを多くオンタイムで聞いているせいか、今やこちらの英語の方が自然に聞こえるという…。習慣からの面白い部分です。

ラルクが今後音源をリリースしていく時は、日本語、英語をどちらをメインにするのでしょうか? 曲によりけりだとは思いますが、どうなるのか楽しみです。

また、English ver.で興味深いのは、日本語とは少しニュアンスが異なること。文法も違えば、メロディーに言葉を乗せるからですが、比較すると面白い!

Try to believe in what you’ve got and for the last time
Open up your eyes now!

「自分を信じて。そして最後に目を開けて!」。日本語ver.では”最後にもう1度だけ自分を信じてみる”からですから、意味合いは似てますが、違いますよね。

翻訳の仕方だったりにもよりますけれど、他にも少しニュアンスが異なる部分が多々あるので、比べてみると面白いと思いますよ。

あとがき

WOWOWで昨年末から特集を組まれていて「ん?」と思っていましたが、今年結成30周年を迎えるL’Arc〜en〜Ciel。

今月末には29、30日の2daysで「30th L’Anniversary Starting Live “L’APPY BIRTHDAY!”」を開催予定となっています。

配信もされますが、後日となっていること。30周年は過去を振り返るだけでなく、新たなる提示をするというのに絶好な場面でもあります。

サプライズで新曲が聞ける可能性は高いのではないでしょうか? 実際どうなるかは当日になってみないと分かりませんが、楽しみにしていい部分かなと。

個々の活動もありますが、集合体の本体でというのも期待しちゃいますね。

 

以上、『L’Arc〜en〜Ciel:Don’t be Afraid ~恐れずに自分だけは信じて! ~』でした。


Amazon【L’Arc〜en〜Ciel】関連商品

L’Arc〜en〜Ciel 関連記事

1993/4/10 release 1st Album
L’Arc〜en〜Ciel:DUNE ~静かなる切なさの中にある強い想い~

1994/7/14 release 2nd Album
L’Arc〜en〜Ciel:Tierra ~大地と空は変わらず見守ってくれる~

2001/3/14 release Best Album
L’Arc〜en〜Ciel:Clicked Singles Best 13 ~書き残した記憶と記録~

2014/8/13 release Limited Single
L’Arc〜en〜Ciel:EVERLASTING ~降り続く雨のように終わらない~

2015/12/23 release 40th Single
L’Arc〜en〜Ciel:Wings Flap ~新たな自由を得るために飛ぶよ~

2016/12/21 release 41st Single
L’Arc〜en〜Ciel:Don’t be Afraid ~恐れずに自分だけは信じて! ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
HYDE (ハイド)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント