Lady Antebellum:Ocean ~あなたと過ごせた日々が幸せだった~

Lady Antebellum:Ocean洋楽レビュー
洋楽レビュー

Lady Antebellum (レディ・アンテベラム) 7枚目のアルバムである「Ocean」。

前作「Heart Break」から2年4カ月ぶりとなるアルバムは、ストーリーに沿った内容になっています。歌声は優しくも、思い出を振り返るような内容です。

だからこそ、アルバム・ジャケットが写真を保存するアルバムのようになっているのではないでしょうか? 寂しさだけでなく、幸せな日々が伝わってきます。

先立つ人と、残された人の感情が手に取るような思いが詰まったアルバムです。

Ocean 収録曲概要

「Ocean」の収録曲は以下の通りです。

  1. What If I Never Get Over You
  2. Pictures
  3. Crazy Love
  4. You Can Do You
  5. What I’m Leaving For
  6. Be Patient With My Love
  7. Alright
  8. Let It Be Love
  9. On a Night Like This
  10. Boots
  11. The Thing That Wrecks You (feat. Little Big Town)
  12. Mansion
  13. Ocean

曲の内容と曲順に、意味が込められているアルバムです。1曲づつでも十分に楽しめますが、アルバムを通して聞くことを強くオススメします。

そして、曲が気に入ったら歌詞にも目を向けてみてください。きっと曲だけを聞くよりも「Ocean」で描かれている世界観を感じることができます。

さらっと聞くこともできますが、深く聞くのをオススメしたいアルバムです。

What If I Never Get Over You

あなたとの別れを乗り越えられられなかったと歌った「What If I Never Get Over You」。(1曲目)

何ヶ月も別れから時間が立っているのに、あなたを思う気持ちを乗り越えられない。このままいつまでも乗り越えられなかったら? という、切ない恋の歌です。

時々あなたが透けて見えるというのは単なる別れではなく、永遠の別れをしているからこその言葉ですよね。同じ世界にはいないという感じです。

永遠の別れをすると時間がたつと気持ちがうすれるどころか、強くなる場合もあると聞きますので、いつ乗り越えられるか分からない別れの気がします。

別れを惜しむ曲ではないのが、より思いの強さが伝わってきます。この歌は男女のボーカルがいるレディ・アンテベラムならではの曲です。

Pictures

写真を見て思い出を振り返った「Pictures」。(2曲目)

写真の中では幸せに見えるのに…というのが、切なさを誘う曲です。もう一緒に笑顔で一緒に写真に映ることがないからこその、写真では幸せに見えます。

もう一緒に写真を撮れないのは「The last one beore goodbye = さよならの前の最後の」となっているからです。写真では幸せそうと歌詞は続きます。

曲調だけを聞くと穏やかな曲ですけれど、歌詞を見ていくと思い出だからこを穏やかなだけで、とても切ない思いにつながることが分かる曲です。

What I’m Leaving For

私が残したものと意味深長な曲名の「What I’m Leaving For」。(5曲目)

MVや歌詞を見ると伝わってくるのですが、視点が残された人ではなく、先立つ人の目線で書かれた歌詞であることが分かります。

一緒に過ごしているからこその思い出はもちろんのことで、2人の愛の結晶である子供こそ、私が残したもの(人)となっているように聞こえました。

存在している時に私が残したものとは考えないですから、先立つ人の空から見ている情景を歌った曲ですよね。歌詞の主人公の視点として、興味深い曲です。

すごく優しい曲ですので、歌詞の意味が分からなくても安らぐ曲ですよ。

Boots

チャールズ・ケリーがメインボーカルとなっている「Boots」。(10曲目)

カントリーグループらしい、軽快な曲は聞いていて気持ちがいいです。一緒にブーツをはいて楽しいお出かけをしていたんだなと、伝わってきます。

ただし、あなたのブーツはすぐそこにあるけれど、動くことはない。「動くことはない = 履く人がいない」となるので、少し寂しさを覚える曲です。

楽しい思い出の中にはいていたブーツでも、今は形見となっているからこその歌詞になっています。単曲だけでは、意図がつかめない曲といえます。

曲自体は軽快で楽しいので、歌詞が違ったら違う感覚で聞けそうな曲です。

The Thing That Wrecks You (feat. Little Big Town)

4人組ボーカルグループ「Little Big Town」とのコラボ曲の「The Thing That Wrecks You (feat. Little Big Town)」。(11曲目)

男女のボーカルがいるレディ・アンテベラムは普段の曲でも厚みがありますが、さらに4人の歌声が加わることで、より厚みのある曲になっています。

「The Thing That Wrecks You = あなたを破壊するもの」の曲名の通り、切ないストーリーの曲です。歌声に厚みがあるからこそ、切なさが増しています。

歌詞を見ていると「You’re a passing car. On a one way street」のあとに「The Thing That Wrecks You」とあるので、恐らく交通事故でしょうね。

どんな理由で先立ったのかの理由が、11曲目にして明らかになります。

悲しいや、涙を浮かべるませに「The Thing That Wrecks You」と繰り返して歌われるこの曲。歌詞の意味を考えて聞くほどに、切なく感じる曲です。

Ocean

アルバムのラストを飾る曲であり、タイトル曲の「Ocean」。(13曲目)

切なくも、これからも残された子供と一緒に強く生きて行くんだ! という強い意志を持った曲です。強い意志はあるけれど、切なさが強く伝わってきます。

「Ocean = 海洋、広い海」から楽しいイメージのある言葉ですが、この曲を聞くとこんな「Ocean」もあるんだと感じるのではないでしょうか?

寂しい、悲しいとは歌詞に出てこなくても、次の歌詞に思いが詰まっています。

You’re an ocean beautiful and blue

I wanna swim in you

日本語に訳すと「あなたは美しい青い海 あなた中を泳ぎたい」。曲の最後の歌詞なのですが、聞いていてぐっときてしまいました。

いくら楽しい思い出が残ったとしても、もう同じ世界では会えない別れは切ないですよね。アルバムの中でもこの曲は、思いが強く込められている曲です。

余韻を残さずにすっと曲が終わるのも、切ないですよ。MVはシンプルな分、美しくも強い思いが伝わってくる感じになっています。ぜひ見るべきMVです。

あとがき

先立つ人と残させれる人がいるのは当然とはいえ、寂しいですよね。特に「The Thing That Wrecks You」で描かれている、突然の別れはなおさらです。

アルバムを通して聞いていると、涙が自然と出てきたアルバムでした。リリース日に聞いていましたが、思いが強い分まとめるにのも時間がかかりましたよ。

聞いているといろいろと考えてしまって、言葉がうまく出てきませんでした。

切ない内容のアルバムだからといって、切なさを胸に内にこもろうよというアルバムではありません。思い出を胸に前に進もうよ! という内容です。

いろいろな解釈ができるアルバムですが、一緒に過ごす時間にいつか終わりがくるからこそ、大切にしようねと言っている気がしました。優しい思いですね。

考えさせられることもあるますけれど、心に強く響いてくるアルバムです。レディ・アンテベラムの既存のファンはもちろん、多くの人に届きますように!

 

以上、『Lady Antebellum:Ocean ~あなたと過ごせた日々が幸せだった~』でした。

Lady Antebellum 関連記事

2014/4/16 release Christmas Album
Lady Antebellum:On This Winter’s Night ~楽しいクリスマスを一緒に~

2019/11/15 release 7th Album
Lady Antebellum:Ocean ~あなたと過ごせた日々が幸せだった~ ←今ココ

コメント