Lady A:Champagne Night (From Songland) ~気取らずに楽しもうよ~

Lady A:Champagne Night (From Songland)洋楽レビュー
洋楽レビュー

Lady A (レディ・エー) 配信シングル「Champagne Night (From Songland)」。

ジャケットでの表記上は既に変更済ですが、改名前のLady Antebellum (レディ・アンテベラム)名義でリリースをした最後のシングル。

曲名からのイメージの通り、聞いていて楽しくなる曲です。

Lady Antebellum → Lady A 改名

触れずには通れない、バンド名の改名について。

ジョージ・フロイド 暴行死事件の後、奴隷制度での人種差別を想像させるということで、6月11日にLady AntebellumからLady Aと短縮した名前に改名。

Antebellumがラテン語で、戦前。アメリカでは南北戦争以前を指し、過去を懐かしむ意味にも捉えられ、そのことで奴隷制度を思わせるとか。

日本人からすると連想を膨らませ過ぎにも感じますが、お国柄という感じでしょうか。その意図はなくても、すぐに改名したバンドの決断力も興味深い所。

この選択はカントリーだからで、メタルであればきっと変更しないでしょうね。音楽の違いともいえますが、名称として問題のあるバンドは多いですし…。

F1、Formula E で、メルセデスがシルバーから黒にカラーチェンジ。ジョージ・フロイド事件は日本で感じているよりも、大きな問題となっています。

改名で発生した別の問題

短縮した名前に改名して一件落着かと思いきや、発生した別の問題。

すでにブルースシンガーAnita White(アニタ・ホワイト)がLady Aとして20年以上活動していたため、商標としての問題が発生しました。

よくある名前だけ登録していたではない、活動をしているからこその権利ではありますが、1000万ドルという相手を見たからこそ主張をした形へと発展。

複雑な形ではなく、よくありそうな名前だけに、やり過ぎ感もします。以前、XがX JAPANに改名するしかなかったことを、思い出させました。

当事者目線になると見え方が変わってくるとはいえ、Lady Antebellum 側も改名する際にすきがあった感もいのめません。もう退けないでしょうけど…。

Champagne Night (From Songland) 概要

「Champagne Night (From Songland)」は、完全なるオリジナルではなく、Madeline Merlo 「I’ll Drink to That」のリワーク。

作曲のコンペティション番組「Songland」からというのも、興味深い形。楽しい夜であるのは変わりませんが、歌詞が大きく変わっているのもポイント!

形はいろいろと変わっても、オーディション番組が今も盛んなアメリカ。日本でよくあるモノマネが主でないのは、要約だけを見ていても面白く感じます。

Champagne Night (From Songland)

Lady Antebellum 名義での最後のシングル「Champagne Night (From Songland)」。

楽しむということは変わりませんが、聞いていくとなるほどねと感じる曲。特別なことをしなくても、有意義な時間を過ごすことはできると思わせてくれます。

曲名だけ見たらこの表現の発想はなかった、やられたと思う人は多いかも。

To have a real good time
We’re drinkin’ beer on a champagne night

「本当に楽しい時間を過ごすために、ジャンパンナイトにビールを飲むんだ」。多くの人はお祝い事であっても、本当に特別な時にしか飲まないシャンパン。

ビールで十分に楽しめるじゃないか! 格好つけて気取らなくても楽しい夜、1日は過ごせるということを気付かせてくれます。無理は不要という感じ。

「Drinking night」や、「beer’s night」じゃ意図が異なってくるでしょうし、「Champagne Night」とは込められた思い通りのいい曲名ですね。

贅沢ぜいたくをするのは時には必要かもですが、プチで何度もできた方が楽しくない? と、問いかけられているかのよう。ありそうであまりない、面白い表現です。

MVも普段の生活でありながら楽しさを全面に出しているのは、見ていてニコッとしちゃいます。この感じは、バンドの活動初期の雰囲気に近いかも…。

あとがき

7枚目のアルバム「Ocean」が寂しさを伴う内容だったので、より楽しさを感じる曲。カントリーにはこういう楽しげであるのが、やっぱり似合いますね。

寂しさで心にチクっと突き刺さるのも、このバンドのよさと強みですが…。

また、Lady Aへの改名。この記事の投稿時点では、今も商標に対して裁判が行われている状態。裁判大国だからとはいえ、あまりいい感じはしないですね。

うまく折り合いがついて、いい形で双方が音楽活動できることを期待したいと思います。もしかしたら、再度改名をするなんてこともあるかも…。

 

以上、『Lady A:Champagne Night (From Songland) ~気取らずに楽しもうよ~』でした。


『Lady Antebellum』をApple Musicで

Lady A 関連記事

2008/4/14 release 1st Album
Lady Antebellum:Lady Antebellum ~伝えたいのは心にある思い~

2014/4/16 release Christmas Album
Lady Antebellum:On This Winter’s Night ~楽しいクリスマスを一緒に~

2019/11/15 release 7th Album
Lady Antebellum:Ocean ~あなたと過ごせた日々が幸せだった~

2020/4/13 release Digital Single
Lady A:Champagne Night (From Songland) ~気取らずに楽しもうよ~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント