黒薔薇保存会:A Votre Sante!! ~私たちならきっとできるはず~

黒薔薇保存会:A Votre Sante!!邦楽レビュー
邦楽レビュー

黒薔薇保存会 (くろばらほぞんかい) 1枚目のアルバム「A Votre Sante!! 」。

現在も絶賛放送中のラジオ番組「堀江由衣の天使のたまご」のコーナーの1つであった「天たま軽音部」から結成されたのが、この黒薔薇保存会です。

2008年に、このアルバムをリリース。2009年に活動休止をしていますので、このアルバムは1枚目でもあり、ラスト・アルバムともいえます。

リリースから年月はたっていますが、今も楽しんで聞けるアルバムです。

A Votre Sante!! 収録曲概要

「A Votre Sante!! 」の収録曲は以下の通りです。

  1. フーガ ト短調 -仮面の憂鬱-
  2. 花火
  3. ラストフレンド
  4. BLUE HEAVEN
  5. ヒカリ -type black-
  6. 満天プラネタリウム
  7. Flower
  8. 惑星ドライブ
  9. レッドシグナル
  10. wonder wall
  11. 飛べない天使
  12. Happy Happy*rice shower -type black-
  13. A Votre Sante!!

黒薔薇保存会のオリジナル曲だけでなく、ほっちゃんの曲も2曲-type black-としてバンドアレンジで収録されているのも特徴です。

それにしてもこのバンドは、ほっちゃんこと堀江由衣ちゃんがユイエルとして。他のメンバーも、番組ディレクターや、構成作家であるのが面白いです。

完全にバンドスタイルの曲ですので、普段のほっちゃんのソロとは違った感覚で楽しめるのも、長くこのアルバムが楽しめる理由かもしれません。

企画バンドの曲だけにしておくのはもったいない、曲も多く入っていますよ。

花火

夏の日に2人で見た花火の思い出を歌った「花火」。(2曲目)

ほっちゃんの曲だと男性目線の歌詞は少ないので、Ma様の書いた男性目線の歌詞にはとても新鮮に聞こえます。失恋の歌で、切ないのもポイントです。

キミはもういないけれど、花火を見て自分はどうだっただろう? キミは一緒にみた花火を覚えているのかな? というのは、男性の強い思いの気がしました。

特に普段は思い出さなくても、花火などの大きなイベントの時の思い出は、自然と思いだしてしまうことがあります。男性にある弱い部分ですよね。

バンドアレンジのこの曲は、少しアレンジをし直したとしたら、今のほっちゃんが歌ってもとても新鮮に聞けるのではないでしょうか? とてもいい曲です。

ラストフレンド

友だち(天使)との思い出を歌った「ラストフレンド」。(3曲目)

フレンドと曲名にはなっていますが、歌詞では天使とあて字になっているように、少し切ない恋の歌です。Ma様の書く歌詞は、切なくていいですね。

「あのね今もここにいるんだ」とは歌ってはいるけれど、実際にその場にいるのではなくて、自分の心の中に友だち(天使)はいるよというように聞こえました。

ユイエルの伸びのある声が、切ない思いを高めてくれています。

友だちは基本複数形になるんですけれど、フレンドとしているのにも、意図がある気がしました。友だち(天使)は君1人なんだよと、言っているようです。

BLUE HEAVEN

MVも制作された「BLUE HEAVEN」。(4曲目)

いろいろな解釈ができる歌詞は、MVで見るビジュアルの通り、ビジュアル系のバンドが書きそうな歌詞が特徴です。作家ってすごいなと思ってしまいました。

-type black- の2曲を除いてMa様の歌詞ですが、曲によってタイプの異なる歌詞を書いているからです。しかも思いが伝わってくるような歌詞です。

Ma様の歌詞は、ほっちゃんのアルバムでも書いてくれたらいいのに! なんて思ってしまいます。もしくは、黒薔薇保存会もう1度やらないですかね?

アルバムを代表する曲でもあるのですが、配信ではなぜこの曲だけ聞けません。版権の権利ではなく設定ミスだと思われますので、配信をしてほしいですね。

設定ミスと感じるのは、曲は聞けなくても歌詞は表示できるからです。

満天プラネタリウム

青春ポップ・ロック曲「満天プラネタリウム」。(6曲目)

夜空に浮かぶ星空の星のどれが1番なんて関係ない! 一緒に僕らが過ごす日々が大切なんだ! というのは、青春そのものですよね。

一緒に歌える部分もあって、ライブで真価を発揮しそうな曲です。演奏は怪しいですし、もっとアレンジもできるのでしょうけれど、不完全さがいい曲ですね。

wonder wall

世界を突き抜けていこうぜ! と歌った「wonder wall」。(10曲目)

ギタリストが書きそうな曲を、ユイエルが書いているのも興味深いです。ほっちゃんはソロもいいですけれどユニットもいいので、バンド形式はありですね。

「wall = 壁」があるからあきらめるんじゃない、壁があるからこそぶち壊して行けばいいからこそ、「wonder wall」となった気がしました。

アルバムでメインになる曲ではないかもしれませんが、とても好きな曲です。

あとがき

黒薔薇保存会は久しぶりに聞きましたけれど、今も楽しんで聞けました。演奏面では学生のバンドのような危うい部分もありますが、それも面白いです。

Ma様の書く男性目線の歌詞も、黒薔薇保存会を聞いていて新鮮に感じます。

黒薔薇保存会を久しぶりに聞いた理由は、ほっちゃんの7年ぶりとなるツアーが、生バンド構成になるとラジオで話していたのが理由です。

最新作「文学少女の歌集」のツアーで生バンドというのは、久しぶりのツアーという部分よりも、興味を引かれました。生バンドほっちゃんは楽しそうです。

もしかしたら生バンドであることのサプライズで、黒薔薇保存会の曲が聞けるのかもしれませんよ。どんなセットリストになるのでしょうか?

生バンドではあるけれど、ライブ中によくあるギタリストと背中と背中をあわせるような感じはお断りといっていたのが、面白くて聞きながら吹き出しました。

今回のツアーで生バンドが楽しいと感じたら、黒薔薇保存会の活動再開なんてことになるかもですね。7年ぶりのツアーではどんな世界が見られるのでしょうか?

 

以上、『黒薔薇保存会:A Votre Sante!! ~私たちならきっとできるはず~』でした。


『黒薔薇保存会』をApple Musicで

黒薔薇保存会 関連記事

2008/12/28 release 1st Album
黒薔薇保存会:A Votre Sante!! ~私たちならきっとできるはず~ ←今ココ

2015/10/7 release 1st Album
ミス・モノクローム:Black or White? ~アナタノコトシリタイデス~

2017/9/27 release 2nd Album
ミス・モノクローム:ボディーガード ~キミトワタシノミライヲマモルヨ~

2000/12/21 release 1st Album
堀江由衣:水たまりに映るセカイ ~不純物のない透明そのもの~

2001/11/29 release 2nd Album
堀江由衣:黒猫と月気球をめぐる冒険 ~みんなで旅に出かけよう~

2003/7/24 release 3rd Album
堀江由衣:sky ~あなたを導いてくれる透明な青の世界~

2019/7/10 release 10th Album
堀江由衣:文学少女の歌集 ~本が好きな女の子の思いがここに~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント