次回新着記事予定:検討中
【Amazon】

Kim Petras:Future Starts Now ~当然切り開いちゃうでしょ? ~

Kim Petras:Future Starts Now洋楽レビュー
洋楽レビュー

Kim Petras (キム・ペトラス) 配信シングル「Future Starts Now」。

前作「Malibu」から1年4カ月。完成されていると言われながら現状も詳細は発表されていませんが、3枚目のアルバムからのファーストシングル。

タイトルも「未来は今始まる」とポジティブですが、それに見合うはじけたポップさが、期待を大きく高めてくれる楽曲です。

Future Starts Now 概要

Apple Music Movie IconFuture Starts Now
Lyric VideoをApple Musicで観る

Lyric Videoと、MVが制作された今作。制作にあたって、Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020 (Japan Sinks: 2020)」に影響を受けたのだとか。

日本のアニメは強いとは言われますが、単純に見ましただけでなく、公言してくれるというのはちょっとうれしくなってしまいます。

ヨーロッパの象徴ともいえるエッフェル塔がMV内で崩れていくのは、自分の意思にかかわらず、物事は変化していくことを表しているのだそう。

今の世界の状況なんて正にそれで、誰も望んではいなかった大きな変化。だけどそれに沈められることなく未来へいうのは、明日を楽しむための折れない意思。

あとがきで後述しますが「運命は自分で決める」を実践している彼女だからこそ、メッセージとしての意味合いを大きく感じてしまいます。

Future Starts Now

Apple Music Movie IconFuture Starts Now
フルMVをApple Musicで観る

すぐそこで「Future Starts Now」。

聞き覚えのあるようなレトロ感と、ハジけたポップさ。ポジティブなメッセージがワクワクを倍増させてくれるので、聞いていて楽しくなってしまいます。

よくありがちで、自分が苦手な無理やりポジティブとは異なる表現です。

Don’t give up, the future starts now

「あきらめないで、未来は今始まるよ」。単にあきらめないで、頑張ってでは何言ってるんだにもなりえますが、そこにプラスして、未来が”今”始まるよと。

意味合いとしては同じでも、楽しさと期待してしまうものが全然異なります。

In the dark, baby, don’t you know the future starts now?

「暗闇の中で、ベイビー。未来が今始まるのを知らないの?」。闇の中。気持ち的にダークサイドに入ってしまうと、更に奥へと突き進んでしまうもの。

それでも永遠に物事に変化が起こらないというのはないのと同じで、例え闇であっても違いは出てくるもの。小さな光が大きくなるなんて、よくあることです。

気付いていないかもだけど、未来はそこにあるよなんて聞いたら、ダークサイドな部分からほころびが出てくるかも…。殻が破れるのは、気持ち次第なので。

言葉としてもポジティブですけれど、いやらしさはありません。ブリッジでのフランス語にしてみるなどもうまい形で、表現は見習うべきものがあります。

かつてのマドンナっぽいポップソングと片付けるのは、もったいありません。

また、MVを見て面白いなと思ったことが1つ。音源とLyric Videoではイントロのオクターバーがかかった部分があるのですが、MVではばっさりとカット。

ちょっとの差ですが聞こえ方が異なりますから、面白く感じてしまいます。

あとがき

「運命は自分で決める」。彼女は正にそれを正に実践している人で、トランス女性。16歳の時、当時「世界最年少の性転換者」として手術を受けています。

いわゆるトランスジェンダー。両親が2歳の時には女の子だったというのですから、適切な表現で文字にするのは難しいですが、気の迷いではない筋金入り。

一般的な普通とは異なる目で見られますから、多くの嫌な思いもしたことでしょう。その上で女の子になり音楽をするのは、運命を自分で切り開いています。

今記事作成時点で放送中の、高橋一生 主演によるドラマ「恋せぬふたり」。描かれるのはトランスジェンダーとは異なりますが、気持ちはすごく分かります。

アロマンティックとは、恋愛的指向の一つで他者に恋愛感情を抱かないこと。アセクシュアルとは、性的指向の一つで他者に性的に惹かれないこと。どちらの面でも他者に惹かれない人を、アロマンティック・アセクシュアルと呼ぶ。

アセクシャルではないですが、個人的にアロマンティック寄り。女性を見て綺麗だな、かわいいなとは常々思いますが、恋愛感情かというと少し異なるので…。

しそうになったことは過去にありますが、結婚願望もありません。なので余計に他人の普通が自分に当てはまらないのは、あってもいいかなと感じています。

アイドルソングを聞いても、メンバー自体よりもまず表現する音がどうなのかが気になる自分。これは単に音楽が好きだからだけではないのかもしれませんね。

単純に「相手がいないからでしょ?」 とは異なるはず。メイビーの方の多分…。

そんな中「運命は自分で決める」を実践している彼女。2枚のアルバムは決して明るい表現と音ではないですが、変わってきた事に面白みを感じています。

メジャーレーベルからということも含め、面白い内容になりそうです。

 

以上、『Kim Petras:Future Starts Now ~当然切り開いちゃうでしょ? ~』でした。


Amazon【Kim Petras】関連商品

Kim Petras 関連記事

2020/2/11 release Digital Single
Kim Petras:Reminds Me ~記憶から全て消せたらいいのに…~

2020/5/7 release Digital Single
Kim Petras:Malibu ~それはあなたとのキスの味~

2021/8/27 release Digital Single
Kim Petras:Future Starts Now ~当然切り開いちゃうでしょ? ~ ←今ココ

2021/12/3 release Digital Single
Kim Petras:Coconuts ~私のジューシーなのをどうしたいの? ~

2022/2/11 release 4th EP
Kim Petras:Slut Pop ~あなたはこの私を満足させられるかしら~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント