近藤薫:Self Cover Collection「STORIES vol.1」 ~20周年の記憶~

近藤薫:Self Cover Collection「STORIES vol.1」 邦楽レビュー

近藤薫さんのデビュー20周年を記念して制作された、自身初のセルフカバーアルバム「STORIES vol.1」。

自身のバンドであったスィートショップ、ソロ曲の他に、これまでに楽曲提供してきた曲を文字通りセルカバーしたアルバムです。

20周年はライブだけでなく、このセルフカバーアルバムもリリースすることで20周年が締めくくられます。

楽曲を並べただけじゃないカバーアルバム

Self Cover Collection「STORIES vol.1」の収録曲は、以下の通りです。

  1. HELLO!未来 (ROSARIO+CROSS)
  2. 忘れてあげる (アンジュルム)
  3. HONEY BEAT (V6)
  4. Flower note2019 (近藤薫)
  5. 続いていくSTORY (Juice=Juice)
  6. 涙の水彩画 (スィートショップ)
  7. はじまりはありふれた日曜日2019 (近藤薫)
  8. ためらいRetweet (dela)
  9. 小さな家 (川崎萌)
  10. 雨を見てたよ (スィートショップ)

楽曲名の後ろに追加しているのが、オリジナルのアーティスト名です。

なんでこの曲順になっているんだろう? と収録曲のリストと見た時に思っていたのですが、アルバムとして通した時にしっくりとくる曲順になっています。

セルフカバーアルバムや、ベスト・アルバムだとリリース順に並べただけとかテキトーなものが多いので、すごく好感が持てる曲順ですね。

1番自分になじみがあるのはdelaの「ためたいRetweet」ですが、ソロとスィートショップの曲を除くと、全部聞いたことがある楽曲でした。

一般的にはV6の「HONEY BEAT」が1番有名な曲ですよね。

お気に入りはFlower note2019

アルバムの中でも1番いいなぁ〜と思ったのはdelaの「ためたいRetweet」のカバーといいたいところですが、「Flower note2019」です。

花柄の手紙を持って
君に会いに行くよ
カラフルな言葉より確かな
思い詰め込んで

サビの部分の歌詞なのですが、すてきです。「Flower note = ラブレター」のことだと思うのですが、愛とか好きを使わなくても好きがあふれているんです。

ラブレターを題材にする曲は多いですが、女性目線の場合がとても多いですから、男性目線であるのはとても新鮮に聞こえました。

5曲目の「続いていくSTORY」のつながりも、ばっちりですね。「Flower note2019」が先にあるからこそ、曲がさらに生きている感じでした。

「続いていくSTORY」もめっちゃいい曲ですよね。

STORIES vol.1あとがき

近藤薫さんとの出会いはdelaですけれど、ホントいい曲を書きます。

楽曲もありますが、近藤薫さんで自分がいいなぁ〜と思うのは、曲のテンポです。プレイヤーだというのもあるんでしょうけれど、ジャストテンポなんです。

歌う側としたらテンポがもう少し遅い方がいい曲も、そうはしないんです。よくあるテンポがちょっと…というのが、近藤薫さん曲はないですね。

曲のテンポって重要ですから、聞いていて変な引っ掛かりがないのはいいです。

 

今回のセルフカバーアルバムは、vol.1と付いています。今回で終わりではなく、これからも発売を予定しているということですよね。

とういうことで、次にぜひ収録をして欲しい曲がいくつかあります。

  • SHANDY:dela
  • ℃-ute:夜風のMessage
  • 左側:中里真美

SHANDYはどうアレンジしてくるのか聞いてみたいのと、夜風のMessageは近藤さんの声に合いそう、左側は近藤さんの全楽曲の中で1番好きな曲です。

今回収録された「小さな家」は中里真美さんの曲だと思ってましたが、オリジナルは川崎萌さんだったんですね。

「左側」は近藤薫さんだけというのではなく、自分の邦楽で好きな曲TOP3に何年もずっと入り続けるぐらい好きな曲ですね。

あっ! 中里真美さんの新曲もぜひよろしくお願いします。新曲を聞きたいです。

 

今回の「STORIES vol.1」は20周年がきっかけのセルフカバーアルバムの第1弾ですが、スゴく楽しめて聞けたアルバムでした。次も期待しています。

 

以上、『近藤薫:Self Cover Collection「STORIES vol.1」 ~20周年の記憶~』という記録でした。

近藤薫 関連記録

2019/6/2 Live Report
近藤薫 デビュー20周年記念ライブ 昼公演【SONG編】生バンドは違うね

コメント