【music.jp】
music.jp

高槻かなこ:King of Anison EP1 ~自分だからこその再構築~

高槻かなこ:King of Anison EP1邦楽レビュー
邦楽レビュー

高槻かなこ (たかつき かなこ) シングル「King of Anison EP1」。

前作「Anti world」から5カ月。声優でAqoursBlooDyeとしても活動中の彼女。今作はオリジナルではなく、タイトルにあるようにアニソンのカバー作。

ソロとして確立していない中としてはある意味でチャレンジングではありますが、面白い趣向。続くものが出てきてこそ、意味のある内容になりそうです。

King of Anison EP1 収録曲概要

「King of Anison EP1」収録曲は以下の通り。

  1. Anti world (King of Anison ver.)
  2. プラチナ
  3. unravel

自身のデビュー作の別アレンジと、アニメのオープニングデー間のカバー。オリジナルのリリースされた年代もバラバラですし、どういう選曲なんでしょうか。

EP1とタイトルに付くように、1作で終わるものではない気がしますので、今ではなく後にどういう理由があるのか分かってくるのかもしれませんね。

また、Kingはそのまま王でもあり、彼女の愛称からきているのかも…。

Anti world (King of Anison ver.)

テレビアニメ「100万の命の上に俺は立っている」オープニングテーマ「Anti world (King of Anison ver.)」。(1曲目)

オリジナルは本人のデビュー作。歌っていう内容に変化はありませんが、アレンジが変わることで、大分印象が変わっています。

こういう表現の仕方もあるだなという形。ただ、断然オリジナルのがいいですね。元がしっかりしているだけに、正直感じてしまうのは無理矢理感。

オリジナルを聞いていなくても、原型はこれではないだろなと思うであろうアレンジは、歌メロに変化がないのも理由にありそうです。

演奏に変化に合わせて、歌い方だけではない変えた部分が少しあっても良かったかも…。

プラチナ

テレビアニメ「カードキャプターさくら」オープニングテーマ「プラチナ」。(2曲目)

オリジナルは「坂本真綾」。その名前は知っていてもアニメは見ていないし、真綾さんも積極的に聞くことはないのに、曲をちゃんと知ってたのにビックリ!

意識をせずとも耳にして覚えてしまう体験は、アニソンならではかも。

みつけたいなあ かなえたいなあ
信じるそれだけで
越えられないものはない

信じることでできるんだと思える。無理だと思ったら難しいことも、できると思えるからことこそ行動にもつながります。

“それだけ”とは、言葉そのままではなく、行動することが特別なことじゃないということ。ただ待つだけではない、その先があるのもポイントでしょうか。

強さではなく、1度聞けば覚えてしまうサビのメロディー。いい感じです。

unravel

テレビアニメ「東京喰種トーキョーグール」オープニング・テーマ「unravel」。(3曲目)

オリジナルは「TK from 凛として時雨」。男性ボーカルの曲を、女性である彼女が表現する。思いの強い曲は、聴き比べることで面白さが広がります。

歪んだ世界にだんだん僕は

悩みを表現するようなグロール。個人的にはがなるkのはあまり好きではないのですが、さすがは声優さんということで発生の仕方がうまないと。

痛さををしっかりと表現しているからこそ、その意味を感じさせます。

教えて
僕の中に誰がいるの?

「unravel = 解き明かす」。自分のことをいうのが、興味深い。実際分かっているようで知らないことが多いのが、自分のことなのかもしれません。

カバーということで比較しちゃうからですが、オリジナルと比べるときれいにまとまりすぎの演奏。もうちょっと冒険してくれたら、もっと良くなったかも…。

歌っている彼女がリミットを切っているだけけに、余計にですね。

あとがき

Aqoursのメンバーはソロの活動が活発的ですが、カバーというのはちょっと面白い趣向。BlooDyeとしての表現があるからこその、選択でしょうか。

概要にも記述しましたが、EP1とタイトルに付くのは、1作のみで終わる予定はないはず。だからこそ、最初の選曲としては不明な部分もあります。

謎があるからこそ面白いとも言えますが、1作目だからこそ彼女の人生に影響を与えたという「テニスの王子様」からの曲を選択しても良かったかも…。

シリーズ化されるならいずれは入るかと思いますが、King of Anison EPとしてどんな表現を聞かせてくれるのか、楽しみにしています。

その上で根本になるソロ、BlooDyeの活動もいい感じでありますように!

 

以上、『高槻かなこ:King of Anison EP1 ~自分だからこその再構築~』でした。




Amazon【高槻かなこ】関連商品

高槻かなこ 関連記事

2020/10/14 release 1st Single
高槻かなこ:Anti world ~私の選択はもう決まっている~

2021/3/3 release Single
高槻かなこ:King of Anison EP1 ~自分だからこその再構築~ ←今ココ

2021/8/11 release 2nd Single
高槻かなこ:Subversive ~永遠に途切れることがない心の葛藤~

関連アーティスト記事一覧
Aqours (アクア)

BlooDye (ブラッディー)

逢田梨香子 (あいだ りかこ)

斉藤朱夏 (さいとう しゅか)

鈴木愛奈 (すずき あいな)

諏訪ななか (すわ ななか)

降幡愛 (ふりはた あい)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント