高槻かなこ:Anti world ~私の選択はもう決まっている~

高槻かなこ:Anti world邦楽レビュー
邦楽レビュー

高槻かなこ (たかつき かなこ) 1枚目のシングル「Anti world」。

声優でAqours、BlooDyeとしても活動中の彼女の、デビュー・シングル。厳密に言えば2012年に「凡常シンデレラの汁気のあるお願い」をリリース済。

聞けば全く表現も異なりますし、プレデビューという形かなと。今作は完全な仕切り直しであり、これからソロとしても動くんだという意思も感じる内容です。

Anti world 収録曲概要

「Anti world」収録曲は以下の通り。

  1. Anti world
  2. I wanna be a STAR
  3. アイシテルは♡グラム?
  4. Anti world (Off Vocal)
  5. I wanna be a STAR (Off Vocal)
  6. アイシテルは♡グラム? (Off Vocal)

攻撃的な名前のタイトル曲に対して、カップリングは女の子を感じさせます。曲名だけを見て興味を引かせられたら聞く要因になりますから、いい表現方法。

デビュー・シングルであっても、全ての作詞を本人が担当。グループとしての活動があるからこそだと思いますが、表現したいことを多さを感じさせます。

奏でる音どちらかといえばBlooDyeよりの音ですが、それだけに終わらない形。複数のグループに加えて、ソロを行う意味を音として表しているようです。

Anti world

テレビアニメ「100万の命の上に俺は立っている」オープニングテーマ「Anti world」。(1曲目)

作品を呼んで自分の言葉で表現したいと、自ら作詞をした曲。必ずしもボーカルが書く必要はないと思いますが、言葉にのせる思いは強くなるのも事実。

この考えはユニットやソロというよりも、バンドに近いかもです。

横並びのレールから早々に外れた僕らには
ルールなんて関係ないぜ 正義感で何を語ろうと 勝ったもん勝ちだろ

意思をしっかりと示した言葉。自分で書きたいといく気持ちもはっきりと伝わってきますし、これの歌詞を見たら採用になるのも納得!

いい人になって消えたら意味がない。あいつは変わっていると思われたとしても強く生き残る。迷惑となると別でも、生きていくには必要な思いなのかも…。

自分だけかもですが、Gacharic Spinを思い浮かべた曲。違うでしょうけれど、決まりそうで流れたボーカルとは、「高槻かなこ」のことだったりたりして…。

風のうわさは聞いてもいいのに、戒厳令かのように完全にふせられているからこそ、おそらく驚くような人選だったはず…。想像させるのも面白く感じました。

I wanna be a STAR

スターになりたい「I wanna be a STAR」。(2曲目)

Starの意味が1つではなく、複数あるように聞こえるのが興味深い曲。誰かを元気付けたり、導くだけではなく、自分も救われるという形でしょうか。

ギブ・アンド・テイクな関係であり、思ってもなれるわけではない。だからこそ、なれたらいいよねの気楽ささえも感じさせます。

気付いたなら また歩き出して
背中向けて光指す

真正面ではなく、背中に。しっかりと見えないからこそ想像もできるし、優しい光となる。あくまでも支えというのが、ポイントではないでしょうか。

シティーポップの中にジャズも含まれているところに加えて、曲の始まりが瑛人「香水」に少しだけ似ているのが聞いていて面白い曲です。

アイシテルは♡グラム?

かわいらしい女の子の思い「アイシテルは♡グラム?」。(3曲目)

気になる読み方は「アイシテルは何グラム?」。ラジオで語っていました。

歌声にハスキーな要素があるので、いい意味でギャップがあるのが面白い。アクティブな女の子だからこその、逆にキュンにしちゃう男性は多いかも…。

重すぎるの? 軽すぎるの? わからないよ
曖昧なアイの謎々を楽しもうぜ Love increase

思いはかわいいけれど、若干強さが出てくる部分。もっと女ん子ぽっく表現もできたはずですが、あえての選択だと感じます。無理に弱さを演じないという。

恋から愛に変わっていく時を楽しんでいるかのような思いは、曲名を見ただけの印象とはいい意味で異なるかも…。面白い表現方法です。

あとがき

多くのメンバーがソロを行っているAqours。表現する音が全く異なるのが、聞いていて面白く感じます。方向として近い子もいえれば、全く違う人もいる。

だからこそ音楽の幅があり、合わさった時に面白い音となるのでしょう。何枚目なのかが難しくて現状は紹介からもれていますが、Aqoursは面白いですよ。

その中でもソロ、別ユニットもがっつりとやっているのは、彼女のみ。表現したことがたくさんあるのでしょうけれど、表情がそれぞれ異なるのも面白い!

個人的にBlooDyeはやっていることが興味深いなと思っているので、次の一手はソロ、グループのどちらになるのかは分かりませんが、期待しています。

役を演じる声優さんだからでしょうが、表現の幅が大きいだけでなく、それぞれをしっかりと表現する。聞いていて面白い存在です。

 

以上、『高槻かなこ:Anti world ~私の選択はもう決まっている~』でした。


『高槻かなこ』をApple Musicで

高槻かなこ 関連記事

2020/10/14 release 1st Single
高槻かなこ:Anti world ~私の選択はもう決まっている~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
BlooDye (ブラッディー)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント