Justin Bieber:Lonely ~誰もが知っていても僕は孤独だった~

Justin Bieber:Lonely洋楽レビュー
洋楽レビュー

Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー) 配信シングル「Lonely」。

前作「Holy」からわずか1ヶ月。ハッピーで幸せな思いから一転、そのタイトル通りの寂しさが漂う曲。このギャップがギュッと心にしみてきます。

夏の熱さから涼しく秋となり寒くなっていく、今の季節にもぴったりです。

Lonely 概要

「Lonely」でタッグを組んだのは、ベニーブランコ。 4枚目のアルバム「Purpose」に収録された「Love Yourself」でも、コラボをしています。

誰もが納得のアルバムを代表する曲でしたし、リリースが発表された時点で期待していた人も多いはず。当然のようにというか、応えてくれている内容です。

また「Changes」に続く、6枚目の一部であることもニュースとなっています。全てがうまくいけば、まさかの今年末にもリリースされるそう。楽しみですね。

Lonely

見える姿ではない心の孤独「Lonely」。

実際に経験したこと閉じ込めたと想像できる歌は、これでもかと切ない曲。他の誰かではない、自分にしか分からない状況であるのが分かります。

Everybody knows my name now

「誰もが自分の名前を知っている」。一気にスターダムへとのし上がったからこそ、感じるであろう感情。実際に日本にいる自分でも多くを知っている状態。

特別に選ばれた人でなければ、分からない状況。アーティストとしては喜びであっても、変わりに不自由になる分もあることを想像させます。

But no one’s listening
And that’s just fucking lonely

「誰も聞いてくれない。そして、これ以上ない孤独」。全てを肯定してくれるのえはなく、1つの間違いがこれでもかと否定されるのは、正に孤独でしょうね。

特にジャスティンは優等生というわけではないですから、叩かれることも多かった…。誰も知らないではなく、知っているからこその孤独なのでしょう。

この曲でポイントなのは孤独だったとは歌っても、批判をした人に対し、ふざけんなとは言っていない所。だからこそ、素直な思いとしての感情が伝わります。

やんちゃな部分を見せながら、普通の人を同じように弱さも持っている。見せ方でもあるのでしょうけれど、表現者としてすごいなと思わずにはいられません。

それにしてもジャスティンは歌もですが、感情を伝えるのがうまい! 2分29秒の短い曲に、これだけの思いを込められる人は少ないのではないでしょうか。

あとがき

「Lonely」の公開と同じくして、現在の状況から延期となっているツアーが変更を加えた形で、2021年6月から始まる予定と発表されています。

現在公開されているのは、8月15日までの45公演。その時点で本当にライブができる状態なのかはまだ誰にも分かりませんが、動く意思を見せることも重要。

まだ先ことであり、来年のことを言えば鬼が笑うともいいますけれど、楽しいことが待っているから頑張れるという人も出てくるのではないでしょうか。

この曲は「Lonely = 孤独」でも、今のことであり、未来は異なるものになると良いですね。孤独が広がっていったら、やっぱり寂しいですから…。

 

以上、『Justin Bieber:Lonely ~誰もが知っていても僕は孤独だった~』でした。


『Justin Bieber』をApple Musicで

Justin Bieber 関連記事

2009/11/17 release 1st EP
Justin Bieber:My World ~僕の世界がここから始まったんだ~

2010/3/19 release 1st Album
Justin Bieber:My World 2.0 ~愛するこの気持ちを君に伝えたい~

2020/2/14 release 5th Album
Justin Bieber:Changes ~変化ではなく、最高であり続けたいだけ ~

2020/9/18 release Digital Single
Justin Bieber:Holy ~君は僕にとっての神聖な存在~

2020/10/16 release Digital Single
Justin Bieber:Lonely ~誰もが知っていても僕は孤独だった~ ←今ココ

2020//5/8 release Digital Single
Ariana Grande & Justin Bieber:Stuck with U ~あなたといることが幸せ~

2019/7/12 release 4th Album ※コラボ曲「I Don’t Care 」収録
Ed Sheeran:No.6 Collaborations Project ~続きのコラボがありました~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント