Jupiter : Theory of Evolution ~新ボーカルでバンドが生まれ変わる~

Jupiter : Theory of Evolution邦楽レビュー

ボーカルがソロ活動をするために脱退してしまい、新ボーカルを入れて発売されたJupiterのNewシングル。

前ボーカルの声は昔突然嵐のように現れて去っていったバンドの「D-SHADE」を思い出す声で、個人的に結構好きでした。

音源は出るたびにチェックしていたんですが動向とかはチェックしていなかったので、脱退も新ボーカルが加入したのもリリースがあったことで知るというね…。

ボーカルはバンドの顔でもあるので、ベース、ドラムが変わったときよりもやっぱりというか印象がかなり変わりました。

m1. Theory of Evolution

最初YouTubeでこの曲のMVを見たんですが、第一印象はやっちまったなと…。

Jupiterはコピーするのもなかなか難しい細かいマニアックなことを演奏陣がしているのですが、いい意味で前ボーカルの声が軽く聞きやすくしてくれていたんですよね。

新ボーカルの声はConcerto Moonにいたくらいで、メタルメタルをしているじゃないですか。完全に暑苦しい。

暑苦しいのは全然好んで聞くんですけど、Jupiterに持っていたイメージからはかなり暑苦しく感じましたね。日本語詞部分が特に!

この曲に関しては新ボーカルの加入前に書かれていた曲とインタビューで見ましたけど、全ボーカルの方が歌った方がきっといい感じでしょうね。

m2. Bring me out

一転しておっ!いいじゃん!と印象が変わるこの曲。新ボーカルの方が書いた曲ということですが、リフって曲でギタリストが書いた曲っぽいです。

実際ギターもかなりうまいとか。自分のキーを分かって書いているからってことですかね。この曲は普通にかっこいいぞと。

タイトル曲みたいなのが続いたら、聞いているのがしんどかったかもしれません。

m3. Angel’s wings

続いてはデスボイスも入るこの曲。Jupiterはビジュアル系に入るバンドですが、これは完全にメタルですね。

この曲もカッコよくて、なんの違和感もなく聞くことができました。

あとがき

今回のシングルをなんとなく聞いて思ったのは、ボーカルの前所属バンドであるConcerto Moonもだし、C4、BABYMETALでギターを弾いている大村くんのとこでも英詩。

日本語よりも英語で歌った方がしっくりくるタイプなんでしょうね。新ボーカルの課題は日本語詞ではないでしょうか?よく変えられそうですけどね。

シングルということで3曲ではありますけど、いろいろと印象が変わったりと聞き所の多い意欲作だと聞いてて思いましたよ。

以上、『Jupiter : Theory of Evolution ~新ボーカルでバンドが生まれ変わる~』という記録でした。

Jupiter 関連記録

2019/4/3 release 3rd Album
Jupiter:Zeus~Legends Never Die~ ~ビジュアル系からメタルへの変化~

コメント