John 5 and The Creatures :Invasion ~隙を見せたら心に侵入~

John 5 and The Creatures 洋楽レビュー

John 5の9枚目のアルバムである「Invasion」。

今回のアルバムの名義は「John 5 and The Creaturesとなっていますが、後ろはころころ変わる部分ですので、John 5の認識で問題ないといえます。

John 5は2woやDavid Lee Rothの活動もありますが、Marilyn Mansonのギタリストをして、一躍有名になったギタリストです。

「 Mechanical Animals」のツアー時にNKホールにライブを見に行きましたが、めちゃくちゃかっこいいギタリストでしたね。

現在はRob Zombieとソロで活動していますが、ギタリストならまず聞いておけ! といえるお手本のようなギタリストです。

ソロは一貫してインストなのですが、インストにありがちが聞いていて退屈しないので、ギタリストはもちろん、楽器を弾かない人も楽しめます。

どんどん奥に進んで入ってくる

「Invasion」の収録曲は以下の通りです。

  1. Invasion
  2. I Am John 5
  3. Midnight Mass
  4. Zoinks!
  5. Howdy
  6. Crank It – Living With Ghosts
  7. Cactus Flower
  8. I Want It All
  9. I Like the Funk
  10. Constant Sorrow

インストというとムダに時間が長いものがありますが、10曲で34分というコンパクトですので、一気に聞けるアルバムになっています。

ギタリストのソロアルバムでインストとなるとオ○ニーのようになっているのが多くありますが、John 5のソロは一味違うものになっていますよ。

自分がギタリストでありながらインストはあまり好きではなかったのですが、インストに興味を持ったのはJohn 5がきっかけだったりします。

それは、John 5の2004年にリリースのファースト・アルバム「Vertigo」なんですが、以降も聞いても参考にもなるアルバムをリリースしてくれるんです。

インストは自分も最初は苦手でしたが、インストをより楽しむコツがあります。ものすごく単純なんですが、聞く曲の曲名を確認して意識をしましょう。

インストは歌詞が基本ない分、曲名か想像を膨らませて聞くと想像が広がって、楽しむことができますよ。クラッシクとかも曲名を理解した方が楽しめます。

ついにやっちゃった

ついにというか、自分のことを曲にしてしまった「I Am John 5」。

アメコミ風のMVも面白いですが、ロボットになった自分を想像しての曲になっているからこそ、「I Am John 5」の声もロボット風の感じなんですね。

さらっと弾いていますが、いろんなテクニックを生かさないと弾くことができない、聞いている感じよりも難易度の高い曲になっています。面白い曲です。

よう! 元気!

John 5の1つの魅力であるカントリー曲の「Howdy」。

見慣れない単語ですが、ようは「Howdy = How do you do」。単純に挨拶ですが、略したスラングであるからこそ、面白みはより増している曲です。

曲名の意味が分かると知らないで聞くよりも楽しめてしまう、今回のアルバムの代表格ともいえる曲です。これは違う曲名は付けられないですね。

カントリー要素だけでなく、ハーモニクスを効果的に使った曲で「テクニックとはこう使うんだよ! 」と言っているような曲になっています。

さらっとしようとしたら本腰を入れないと無理だなとやめときましたが、1番コピーして弾いたら楽しい曲ではないでしょうか?

目覚ましや、ちょっとイラッとした時に聞くと元気になれそうな曲です。

全てが欲しいからなんでもやるぜ

思いっきり直接的な曲名の「I Want It All」。

ギターが歌っているとは、正にことのことをいうような曲です。全てが欲しいけれど、そのためならなんでもやるぜというのが伝わっています。

個人的にタッピングはダサいと思っている人なのですが、John 5のタッピングはダサくならないから、少し不思議です。必要だからしているからでしょうか?

ドヤ顔でするギタリストがいますが、基本見た目的にもダサいですよね。

曲中の多くある音を切らない弾き方は、John 5の大きな特徴となる弾き方です。実際にマネしようとすると、前後の音が混じったりしてとても難しい…。

やっぱりギタリストはJohn 5を見てお手本にすることが多いです。お手本なのにやらしくなく、カッコいいというのが、またスゴイところですね。

それにしても「I Am John 5」に劣らず、面白いMVになっています。

Invasion あとがき

今回のソロアルバムも一気に聞き終えてしまう、面白い内容でした。

実はでもなくかなりテクニックで難しいこともしているのですが、難しく聞かせることなく、曲を第一に考えているのはJohn 5ならではです。

見た目の奇抜さに目が行ってしまいますが、ギタープレイがまず最高であるというのが、John 5の良さにつながっています。

Rob Zombieとの活動もいいのですが、願わくはMarilyn Mansonともう1度だけでも一緒に活動をしてくれたら、うれしいのですけれど無理ですかね?

Marilyn MansonはJohn 5が在籍していた時が圧倒的にかっこよかったですし、もっと質のいいアルバムをリリースできるんと思いますよ。

普段インストを聞かない人も十分に楽しめるアルバムになっていますので、一度だまされたと思って聞いてみることをオススメします。

聞く際は途中でも触れましたが、曲名を意識して聞いた方がより楽しめますので、より楽しめる方法で聞いてみてくださいね。

 

以上、『John 5 and The Creatures :Invasion ~隙を見せたら心に侵入~』という記録でした。

John 5 関連記録

2018/7/11 release Delivery limited single
ZOMBIE MANSON : Helter Skelter ~犬猿の中ではなかった組み合わせ~

コメント