次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【アミューズメントメディア総合学院】

James LaBrie:Give and Take ~そこに公平性はなくとも…~

James LaBrie:Give and Take洋楽レビュー
洋楽レビュー

James LaBrie (ジェイムス・ラブリエ) 配信シングル「Give and Take」。

前作「Devil in Drag」から1カ月。22年5月20日リリース4枚目のアルバム「Beautiful Shade Of Gray」からのセカンドシングル。

メッセージ性の強いアコースティックソングは、ソロならではの表現です。

Give and Take 概要

ジェイムス・ラブリエと言えば多くの方がご存知の通り、Dream Theaterのボーカリスト。その上で今曲のリリースタイミングは、少し意図を感じさせます。

21年4月3日 15枚目のアルバム「A View from the Top of the World」収録「The Alien」が第64回グラミー賞 最優秀メタル・パフォーマンスを受賞。

バンドが注目を集める中、今曲のなんとも絶妙なタイミングの配信開始。アルバムは急遽は合わせられずとも、シングルとしての配信ならできる技でしょう。

プロモーションとしてはこれ以上ないタイミングですし、意図がないと考えるほうが難しい形。その上で歌がメインとなる曲の選択は、実にいい感じです。

ファンなら気付いていますが、その表現力の高さには偽りはないですから…。

Give and Take

そこに公平性なんてない「Give and Take」。

人は一人では生きられないからこそ必要な共同作業。何かをしてもらう変わりに、対価を支払う。生きる全ての人が当たり前のように毎日行っていること。

ですが、そこにフィフティ・フィフティはないのも事実。それが悪いというのではなく、改めてそういうこともあるんだと知らせてくれるような歌です。

Keep selling the news everyday
Neutrality stands in the way

「毎日売られ続けるニュース。立ちはだかるのは中立性」。国内、外を含め、ニュースを見ていてもよく感じること。特に翻訳された内容で、多く見られます。

自分が書いているような個人のレビュー記事であれば、主観的な内容が入るのが普通。ですがニュースとなると、本来は事実のみを伝える必要性があります。

ですが、それができていない。訳すべきところを外したり、想像の部分が入っている場合も多いんです。ですが言葉が分からないと、間違いには気付きません。

本来は過程があっての1部分の言葉が、そこだけ強調されるなんてことも…。政治的なものもあれば、そうじゃない物も当たり前のように伝わってきます。

ですから事実ではなくとも、誤訳が正しいことになりえるんです。これは中立性がないといって間違いがないですし、そこにギブアンドテイクはありません。

Deciding our fate
What’s yours to give and take

「俺たちの運命を決める。何を与え、受け取るのか」。英語のように割合的に世界中で多くの人が使う言葉はあっても、完全な共通言語はないもの。

よく音楽は共通言語という例えられ方をしますが、実際はというと全くそのままではありません。インストなら別でも、言葉が入ったら異なりますから…。

その上で公平性はなくとも、行われるギブアンドテイク。どう受け止め、行動をしていくのかは、感情のある人だからこそ考えていく必要がありそうです。

受け取るだけでもおかしいし、仮に与えてはいても「なぜこんなに自分はしてあげているの?」 となってしまったら、それは単なる押し付けですから…。

めちゃくちゃ考えされる、メッセージ性の高い歌。軽くはなくとも変な重みにならずに聞ける形で曲にしたのは、表現力の高さがあるからとも言えそうです。

あとがき

間もなくリリースとなる約9年ぶりのソロ・アルバム「Beautiful Shade Of Gray」。ソングライターが変わったことで、既存とは異なることになるはず。

それは先行配信された「Devil in Drag」「Give and Take」からも聞いて想像ができますが、どんな表現を聞かせてくれるのか今から楽しみです。

既存作よりもアコースティックな表現が増えそうですから、より歌が重要なキーとなることでしょう。

 

以上、『James LaBrie:Give and Take ~そこに公平性はなくとも…~』でした。

James LaBrie 関連記事

2022/3/18 release Digital Single
James LaBrie:Devil in Drag ~元から持ち合わせていたもの~

2022/4/13 release Digital Single
James LaBrie:Give and Take ~そこに公平性はなくとも…~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Dream Theater (ドリーム・シアター)

「James LaBrie」をApple Music で聴く

Amazon【James LaBrie】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント