次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【Tファンサイト】
TファンサイトTファンサイト

James LaBrie:Devil in Drag ~元から持ち合わせていたもの~

James LaBrie:Devil in Drag洋楽レビュー
洋楽レビュー

James LaBrie (ジェイムス・ラブリエ) 配信シングル「Devil in Drag」。

アルバム「Impermanent Resonance」から8年8カ月。22年5月20日リリース4枚目のアルバム「Beautiful Shade Of Gray」からのファーストシングル。

現状は1曲だけなのでなんとも言えない部分もありますが、ソングライティング・パートナーを変更したことで、既存とは異なる音の表現を予想させます。

Devil in Drag 概要

ジェイムス・ラブリエと言ったら、多くの方がご存知の通りDream Theaterのボーカリスト。過小評価されることもありますが、優れた実力の持ち主。

「Beautiful Shade Of Gray」については、昨年15枚目のアルバム「A View from the Top of the World」リリースの時点で制作が完了済みの告知済み。

前作「Impermanent Resonance」が2013年に発売と随分前だったいうことも含め、遂に聞けるという表現が正しいのかもしれませんね。

また、ソングライティング・パートナーをマット・ギロリーからEden’s Curseのベーシスト ポール・ローグにチェンジ。音の変化が現れています。

元々がアコースティックをベースにしようと制作をしただけあり、歌が前面に出てくる表現。残りのアルバムの曲も、多くは同様になることが予想されます。

だからこそ「ジェイムス・ラブリエの歌が聞きたい!」 という方にとっては、特に期待感が高まりそうなファーストシングルです。

Devil in Drag

その闇は「Devil in Drag」。

悪いことを目にしても、自分だけは関係ないと思ってしまうもの。でも実際は身近にあり、当事者となっていることも…。

いい人でありたいと思う人ほど、この曲で描かれている闇を持っていそうです。

You run away
From all the lies in life

「あなたは逃げるんだ。全ての人生の嘘から」。こうありたいと描きたい自分がいるからこそ、逃げようとする。そう思ってもできやしないのに…。

立ち向かったら別かもですが、逃げは遠回しをしているだけかもです。

devil in drag
you’re on your own

「悪魔に引きずられる。あなたはあなた自身でしかないのに」。どんなに明るい人も、常にではなく持っている闇。悪魔の部分を多少なりとも持っているはず。

よくあの人がこんなことをするとは思わなかったという犯罪者がいますが、表面上で隠そうとしているからこそより闇が深く持っているのかもです。

それでもバランスは違えど闇と明を持っているからこそ人であり、機械とは異なる感情を持っているのではないでしょうか。

人を内面を描くというのは、Dream Theater 14枚目のアルバム「Distance Over Time」を経たというのも、関係があるのかもですね。

ソロとバンドは厳密には異なるとはいえ、歌ってきた本人ですから…。

あとがき

歌声は当然同じですが、Dream Theaterとは異なるアプローチ。既存のソロは似たというか似せた傾向もあったので、変化が面白く感じます。

マット・ギロリーは優れたソングライターですが、現状は1曲聞いただけとはいえ、ポール・ローグにチェンジしたことが面白い変化となりそうです。

2010年にEden’s Curse「No Holy Man」にゲスト参加。20年2月24日移動中に偶然出会い、一緒にやらないか? となったんだそう。

翌月にはアイデアを交換していたそうですし、日付まで覚えているというのは印象的であり、運命でもあるんでしょうね。単に細かいだけの人のかもですが…。

間もなくリリースされるアルバム。どう聞き手を楽しませてくれるでしょうか?

 

以上、『James LaBrie:Devil in Drag ~元から持ち合わせていたもの~』でした。

James LaBrie 関連記事

2022/3/18 release Digital Single
James LaBrie:Devil in Drag ~元から持ち合わせていたもの~ ←今ココ

2022/4/13 release Digital Single
James LaBrie:Give and Take ~そこに公平性はなくとも…~

関連アーティスト記事一覧
Dream Theater (ドリーム・シアター)

「James LaBrie」をApple Music で聴く

Amazon【James LaBrie】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント