気持ちは分かる気もするけれど、意地とはそういうものなの?

意地とはそういうものなの?時事 & まとめ
時事 & まとめ

沢田研二ことジュリー…。ジュリーこと沢田研二ですね。

さいたまスーパーアリーナ公演のドタキャン問題が、数日たった今も収まる気配がありません。

無類の音楽好きとしてはライブ、コンサートをいうのは音源でだけでなく、切って切れないものです。

特に見ようとして記事を見ているわけではないですが、いろいろなサイトを見ていると目に入ってくるので、記事を見てしまう。

見てしまったらやっぱり思うところもありましたので、まとめてみます。

さいたまスーパーアリーナで何が起こったのか?

この問題が起こったのは、先週の18年10/17(水)。

開場時間の寸前になってから「契約上の問題が発生したため、急遽中止となった…」と手書きの張り紙が張り出され公演は中止に。

契約上の問題という明確な理由によるものでなかったため、原発反対署名やろうとしたから? など、実際の原因とはことなる情報も流れました。これは反原発ソングを歌っているのも拍車をかけたかなと。

実際は違う原因だったからこそ、本人が報道陣にインタビューを受けるまでに発展したんでしょう。

僕にも意地がある

本人から語られた実際の理由はこうでした。

  • 観客数が9,000人と聞いていたが、7,000人しか入っていなかった
  • リハーサル時に客席をつぶしたブロックが目立ち、「なんだ、これは!」と思った
  • 「客席がスカスカの状態でやるのは酷(こく)。僕にも意地がある。」
  • 最終的には自分で中止した
  • もちろん僕の実力不足はありますと認める
  • 所属事務所や主催者に対し「もっと頑張って客席を埋めてくれと話してきた」と要望した
  • 「ファンには申し訳なかった」と謝罪

ようはお客さんが少ないからライブをしたくないと解釈されて、濃いファン以外からは総袋たたき状態になっているという…。

ま、これはたたかれても致し方ないのではないでしょうか?

でもそう感じる一方で、この状態ではベストのパフォーマンスを見せられないから、中止するという気持ちも分かる気もします。

引き合いに出される他のアーティスト

お客さんが少ないから中止にしたこの公演とは逆に、お客さんが少なくても公演をしっかりと行ったアーティストが逆に絶賛される事態にもなってますね。


※記事内の公演ではありません

ミッチーこと及川光博のふるまい、MCまでステキだったという北海道でのライブ。30年前までさかのぼってのRCサクセション、昔という表現だった西城秀樹のライブなど、さまざまです。評価があがっちゃいますよね。

こういうのは見に行った人は強く心に残りますし、誰かに伝えたくもなります。

リアルなことをいうと、さいたまスーパーアリーナは1度HKT48を見に行ったことあるので知っていますが、広い開場なので7,000人でなくて9,000人であったとしても、スッカスカには変わりありません。

逆境こそ評価を上げるチャンスなのに、ジュリーは評価を下げちゃいましたね。

タイムリーなのでX JAPANの幕張メッセの無観客ライブを例に出す人が多くいましたけれど、これは少し違うかな〜と。台風が原因のお客さんの安全を考慮しての無観客だし、中継でライブは放送されていたので。

とはいえこのライブには興味があるので、WOWOWで放送されるのが決まっているし、見るのが楽しみです。

個人的に見たことのある最低人数は…

自分が個人的に見たことのあるライブの最低人数は2人ですね。知り合いのバンドがライブをするからといって見に行ったら、早く行き過ぎて見ることになった、対バンのバンドの時の人数です。

自分含めて客席フロア2人ですから…。ステージ上のが人数は多かったですけれど、全力でのライブ披露してくれたのは今でも心に残っています。バンド名とかは覚えてないですけれど、登場SEが冠二郎のバイキングでインパクトあったんですよね〜。

あっ! 知り合いのバンドの持ち時間の時は、5、60人までお客さんが増えていましたよ。

 

一桁のお客さんであれば、アイドルのイベントで結構な回数を見たことがあります。

メジャーなアイドルではない場合は対バン形式がほとんどなのですが、お目当てのグループを見るだけで、対バンのグループは例外なく見ないという方も多いので…。そういう方は客席フロアから出ちゃいますから。

その行為を一途でDD(誰でも大好き)ではないと、お目当ての子、お目当てのグループに見せるという、戦略的な方もいますし…。

自分はどこにあたりがあるのかわからないので、基本対バンも全部見ることにしていますよ。

今回どうするべきだったのか

今回のドタキャンするという対応は、多くの人の批判がある通り、間違った対応だなと。

本来ならばどうするべきだったのかは、予定通りにライブをすることでした。

その上でさいたまスーパーアリーナで7,000人しか入らなくてスッカスカだったけど、来てくれたファンは最高で、ベストのパフォーマンスができたとなれば、最高だったんじゃないですかね?

良かったライブは横つながりで話題になりますから、そんなライブをしてくれるなら私も、俺も見たい! となりますし。

時間を捻出して近くからでも、遠くからでも開場に足を運んできてくれているのに、その時間と1人1人のファンの思いをないがしろにするのは、やっぱり褒められたものではありません。

僕にも意地があるというのであれば、仮に10人や100人でもベストパフォーマンスを見せる意地を見せるべきだったのではないでしょうか?

1人を大切にできないのであれば、1,000人、1万人、10万人を大切になんかできるわけがありません。

一人ひとりの手をとって近づいてほしいとはいいませんけどね。それだとアーティスト性も何もなくなるので。って難しいですね…。

自分の周りにも似た人が…

自分はWebの仕事をしていますが、売上とかアクセス数、SEOとか小手先の技術が最優先に来ている人はしょうもないサイトを作ったり、運用するというのがあります。

1人を大切にしていないので、ラッキーパンチはあっても継続性というのが弱いです。結果的にユーザビリティ(使いやすさ)もよくないので、結果もついてこないという…。

あとがき

過去の栄光というのも分かりますし、ジュリーがすごいアーティストだというのも知っています。

往年のヒット曲はあまり披露しないとか今を生きている人なのに、もったいないことをしたな〜というのが感想です。炎上させてしまうのは、話題にはなりますが結果としていい点が何もないですよね。

ただし、今のジュリーの風貌を見て、意地があるなら痩せろ! とか、ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースというのはちょっと論点からは離れている様に感じました。これは単に批判したいだけなので。

それとは逆に、濃いファンのジュリーだからとか、前にも同じことがあるからしょうがないと擁護(ようご)する発言の多くは、正直に気持ち悪いなと感じましたね。濃いからこそ間違いは批判するというのが必要なのではないかと…。

よくもない音源やライブをほめるとか、持ち上げられるとアーティストもアイドルも演者はしょうもない方向に行くので。

【追記】
収まるようでなかなか収まらない今回の話題。擁護(ようご)の多くが気持ち悪いのがはっきりっとわかりました。

ジュリーがスゴかったとか、かっこよかったとかといいたいんでしょうけれど、「…った」とある通り、全て過去形なんです。批判されたのは今であるのに、過去を例に出すのは違うんじゃないですかね?

今も「こんなにかっこいいんだよ」というのは、皆無ですから。ヒット曲をあまり披露しないとか今を生きている人なのに、過去ばっかりを引き合いに出されるのは、ジュリー本人も違うなと感じているんじゃないでしょうか?

やっぱり擁護(ようご)は気持ち悪いし、もっと違った対応がジュリーもファンもできたのではないかなと強く感じましたね。

以上、「気持ちは分かる気もするけれど、意地とはそういうものなの?」でした。

沢田研二 アーティスト情報

☆沢田研二 公式ホームページ

ニックネーム:ジュリー
生年月日:1948年6月25日 (70歳)
身長:171cm
デビュー:1967年 ザ・タイガース「僕のマリー」

dヒッツ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント