HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~

Hyde:ROENTGEN邦楽レビュー
邦楽レビュー

HYDE (ハイド) 1枚目のアルバム「ROENTGEN」。

L’Arc〜en〜Cielが活動休止中の2002年にリリースされた、初のソロ・アルバム。「静」がテーマになっていて、現在とは異なるタイプの曲が聞けます。

もともとが英詞の割合が多かったですが、完全なるEnglish ver.もリリース。だからこそ、いろいろな感覚で楽しめるアルバム。

いろいろな思いと、乗り越えていく強さを感じます。弱く負けそうな気持ちを安らぎたい時に、聞くのをオススメする1枚です。

ROENTGEN 収録曲概要

「ROENTGEN」収録曲は以下の通り。

  1. UNEXPECTED
  2. WHITE SONG
  3. EVERGREEN
  4. OASIS
  5. A DROP OF COLOUR
  6. SHALLOW SLEEP
  7. NEW DAYS DAWN
  8. Angel’s tale
  9. THE CAPE OF STORMS
  10. SECRET LETTERS

「ROENTGEN = レントゲン」という変わったタイトルは、「人の心を映す」というコンセプトから。実際にレントゲン写真を撮りにいって決定したそう。

普段は見えていない体の中が見えるからこそ、「静」のテーマにもあっている気がします。ジャケットの頭蓋骨は、HYDE自身のレントゲン写真。

写真の上のマークも印象的で、「?」とも「♡」とも考えられるもの。どうの形にも人によって異なる「人の心を映す」そのものですね。

「静」がテーマで曲は静かなのですが、「動」ではないからこその力を感じる10曲が収録されたアルバム。1人で暗い場所で聞くのがオススメですよ。

UNEXPECTED

オープニング曲「UNEXPECTED」。 (1曲目)

余韻が残る感じが、聞いていて引き込まれるます。

「UNEXPECTED = 予期しない、意外な」。興味深い曲名になっていますが、歌詞を見るとなるほどねとなる形となっています。

To meet is so unexpected

「会うのは予期しない出来事だった」。多くの人が住むこの世の中で、同じ時を刻み、出会うことなんて予期ができることではないですよね。

出会ってからのことではなく、最初に出会うこと、お互いが関わりあうことは「UNEXPECTED」な出来事。短いですが、興味深い歌詞です。

始まりにある「Promises woven = 織り込まれた約束」。出会いは必然だったと言えるのかもですね。不思議な感覚なんですが、引き込まれる曲です。

EVERGREEN


1枚目のシングルでHYDE本人が出演した「ユニクロ」CMソング「EVERGREEN」。 (3曲目)

楽曲製作中の友人の死をテーマに作られた、優しい思いの詰まったバラード。同じ優しさであってもEnglish ver.とは、少し印象が変わる曲でもあります。

そっと身体に流れる 薬みたいに
溶けていったね

思わずドキッとしてしまう歌詞。この場所からいなくなってしまうのも、もう2度と同じ状態で会うことがないということも感じさせます。

最後「愛しい人よ」で終わるのも、故人への思いを感じずにはいられません。

SHALLOW SLEEP


3枚目のシングルで、日本テレビ系「スーパーテレビ情報最前線」エンディングテーマ「SHALLOW SLEEP」。 (6曲目)

歌詞にも出てきますが、「SHALLOW SLEEP = 浅い眠り」。浅い眠り(レム睡眠)の時に見ますから、夢がテーマになっている曲。

I see you until i wake

「目覚めるまで会うよ」。夢の中でも君のことを考えているのに、目覚めても君と会うんだという、どれだけ大切にしているのかが伝わってきます。

HYDE本人も語っていますが、バンドアレンジであるからこそL’Arc〜en〜Cielとしても成立する曲。ソロを知らなかったら、間違えるかも…。

逆に考えるとソロだから。ユニットだから。L’Arc〜en〜Cielだからと、イメージで限定しないのが、この曲をソロでしたのが起因かもしれませんね。

Angel’s tale


2枚目のシングル「Angel’s tale」。 (8曲目)

「Angel’s tale = 天使の物語」。物語というと「story」を思い浮かべてしまいますけれど、「tale」としていることに、面白みを感じる曲。

日本語も同じ意味の言葉で言い方が変わる場合がありますが、英語も同じように多くあります。複雑ですけれど、面白いと思うと英語が好きになりますよ。

ギターのアルペジオが印象的なバラードは、クリスマスソングがテーマと聞いて、納得。確かにクリスマスならではの、優しい思いを感じます。

また、印象的なアルペジオ。何も考えずにギターを持ってつま弾いていると、この曲だったりします。特にギタリストには印象に残る曲ではないでしょうか?

THE CAPE OF STORMS


HYDEも出演した映画「下弦の月〜ラスト・クォーター」主題歌「THE CAPE OF STORMS」。 (9曲目)

嵐の岬と名付けられた、切なさでいっぱいになる曲。

So where has love gone?
Will I ever reach it?

「愛はどこへ行ったの? 届くことはあるの? 」。嵐で全てを飲み込まれ、この曲の歌詞の主人公も飲み込まれているのに、疑問形で気付いてさえいない…。

気付くことが最良ではなないこともあるかもしれませんが、乗っていた船は幽霊船となって永遠にさまよい続ける。とても切ないですね。

切なく痛い思いであるのに、聞き入ってしまいます。HYDEの歌声に、魅力を感じずにはいられません。切ない曲がやっぱりというか、似合います。

あとがき

「静」がテーマの1枚目のソロバム。リリースから期間はたっていますが、ふとたまに聞きたくなる魅力を持ったアルバム。

「静」であるからこその、心を動かすものを感じます。今すぐにはないでしょうけれど、2年後にはリリース20周年。また「静」を聞いてみたいですね。

L’Arc〜en〜Cielの1枚目「DUNE」の世界感にも近いので、好きな人は多いと思います。激しいHYDEもカッコいいですが、静のHYDEも聞いてみてください。

 

以上、『HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~』でした。


『HYDE』をApple Musicで

HYDE 関連記録

2002/3/27 release 1st Album
HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~ ←今ココ

2003/12/3 release 2nd Album
HYDE:666 ~内に秘めていた野獣の出現で静から動へ変わっていく~

2006/4/26 release 3rd Album
HYDE:FAITH ~信仰することで見えたきた物とは何なのか?~

2019/5/3 release 4th Album
HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

2020/3/18 release 13th Single
HYDE:BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY ~引き合う必然性~

2020/10/16 release Digital Single
HYDE:HALLOWEEN PARTY (プペル Ver.) ~いたずらしちゃうぞ~

2013/10/16 release Relapse Single
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:HALLOWEEN PARTY ~今夜を楽しめ! ~

2017/9/13 release Tribute Album ※カバー曲「LA VIE EN ROSE」収録
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

2004/4/21 release Reform 1st Album
L’Arc〜en〜Ciel:DUNE ~静かなる切なさの中にある強い想い~

1994/7/14 release 2nd Album
L’Arc〜en〜Ciel:Tierra ~大地と空は変わらず見守ってくれる~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント