HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~

Hyde:ROENTGEN邦楽レビュー
邦楽レビュー

HYDE (ハイド) 1枚目のアルバム「ROENTGEN」。

L’Arc〜en〜Cielが活動休止中の2002年にリリースされた、初のソロ・アルバムです。「静」がテーマになっていて、現在のソロと異なる曲が聞けます。

もともとが英詞が多い曲のアルバムでしたが、全英詞となったEnglish ver.もリリースされているので、いろいろな感覚で楽しめるアルバムです。

いろいろな思いを感じますが、乗り越えていく強さを感じます。弱く負けそうな気持ちを安らがせたい時に、聞くのをオススメするアルバムです。

【アバロンミュージックスクール】
アバロンミュージックスクールアバロンミュージックスクール

ROENTGEN 収録曲概要

「ROENTGEN」の収録曲は以下の通りです。

  1. UNEXPECTED
  2. WHITE SONG
  3. EVERGREEN
  4. OASIS
  5. A DROP OF COLOUR
  6. SHALLOW SLEEP
  7. NEW DAYS DAWN
  8. Angel’s tale
  9. THE CAPE OF STORMS
  10. SECRET LETTERS

「ROENTGEN = レントゲン」という変わったタイトルは、「人の心を映す」というコンセプトからレントゲン写真を撮りにいって決定したそうです。

普段は見えていない体の中が見えるからこそ、「静」のテーマにもあっている気がします。ジャケットの頭蓋骨は、HYDE自身のレントゲン写真です。

レントゲン写真の上のマークも印象的で、「?」とも「♡」とも考えられるものです。どうの形にも人によって異なる「人の心を映す」そのものですね。

「静」がテーマで曲は静かなのですが、「動」ではないからこその力を感じる曲が10曲が収録されたアルバムです。1人で暗い場所で聞くのがオススメですよ。

UNEXPECTED

オープニング曲「UNEXPECTED」。 (1曲目)

余韻が残る感じが、聞いていて引き込まれるような曲です。

「UNEXPECTED = 予期しない、意外な」。興味深い曲名になっていますが、歌詞を見るとなるほどねとなる歌詞になっています。

To meet is so unexpected

「会うのは予期しない出来事だった」。多くの人が住むこの世の中で、同じ時を刻み、出会うことなんて予期ができることではないですよね。

出会ってからのことではなく、最初に出会うこと、お互いが関わりあうことは「UNEXPECTED」な出来事です。短い歌詞ですが、興味深い歌詞ですよ。

曲始まりにある「Promises woven = 織り込まれた約束」。出会いは必然だったと言えるのかもですね。不思議な感覚なんですが、引き込まれる曲です。

EVERGREEN


1枚目のシングルでHYDE本人が出演した「ユニクロ」のCMソング「EVERGREEN」。 (3曲目)

楽曲製作中の友人の死をテーマに作られた曲で、優しい思いの詰まったバラード曲です。同じ優しさでもEnglish ver.とは、少し印象が変わる曲でもあります。

そっと身体に流れる 薬みたいに
溶けていったね

思わずドキッとしてしまう歌詞です。この場所からいなくなってしまうのも、もう2度と同じ状態で会うことがないことも感じさせます。

最後「愛しい人よ」で終わるのも、故人への思いを感じずにはいられません。

SHALLOW SLEEP


3枚目のシングルで、日本テレビ系「スーパーテレビ情報最前線」エンディングテーマ「SHALLOW SLEEP」。 (6曲目)

歌詞にも出てきますが、「SHALLOW SLEEP = 浅い眠り」。夢は浅い眠り(レム睡眠)の時に見ますから、夢がテーマになっている曲です。

I see you until i wake

「目覚めるまで会うよ」。夢の中でも君のことを考えているのに、目覚めても君と会うんだという、どれだけ大切にしているのかが伝わってきます。

HYDE本人も語っていますが、バンドアレンジのこの曲は、L’Arc〜en〜Cielの曲としても成立する曲です。ソロを知らなかったら、間違えるかも…。

逆に考えるとソロだから。ユニットだから。L’Arc〜en〜Cielだからと、曲のイメージで限定しないのは、この曲をソロでしたのが起因かもしれませんね。

Angel’s tale


2枚目のシングル「Angel’s tale」。 (8曲目)

「Angel’s tale = 天使の物語」。物語というと「story」を思い浮かべてしまいますけれど、「tale」としていることに、面白みを感じる曲です。

日本語も同じ意味の言葉で言い方が変わる言葉がありますが、英語も同じように多くあります。複雑ですけれど、面白いと思うと英語が好きになりますよ。

ギターのアルペジオが印象的なバラード曲は、クリスマスソングがテーマと聞いて、納得です。確かにクリスマスならではの、優しい思いを感じます。

この曲のこと自体は忘れてしまっていても、印象的なアルペジオ。何も考えずにギターを持ってつま弾いていると、つい弾いているアルペジオだったりします。

アルバムの中でも、特にギタリストには印象に残る曲ではないでしょうか?

THE CAPE OF STORMS


HYDEも出演した映画「下弦の月〜ラスト・クォーター」主題歌「THE CAPE OF STORMS」。 (9曲目)

嵐の岬と名付けられた曲は、切なさでいっぱいになる曲です。

So where has love gone?
Will I ever reach it?

「愛はどこへ行ったの? 届くことはあるの? 」。嵐で全てを飲み込まれてこの曲の歌詞の主人公も飲み込まれているのに、疑問形で気付いてさえいない…。

気付くことが最良ではなないこともあるかもしれませんが、乗っていた船は幽霊船となって永遠にさまよい続ける。とても切ない曲ですね。

切なく痛い思いであるのに、聞き入ってしまいます。HYDEの歌声に、魅力を感じずにはいられない曲です。切ない曲がやっぱりというか、似合います。

あとがき

「静」がテーマの1枚目のソロバム。リリースから期間はたっていますが、ふとたまに聞きたくなる魅力を持ったアルバムです。

「静」であるからこその、心を動かすものを感じます。今すぐにはないでしょうけれど、2年後にはリリース20周年。また「静」を聞いてみたいですね。

L’Arc〜en〜Cielの1枚目「DUNE」の世界感にも近いので、好きな人は多いと思います。激しいHYDEもカッコいいですが、静のHYDEも聞いてみてください。

 

以上、『HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~』でした。


『HYDE』をApple Musicで

HYDE 関連記録

2002/3/27 release 1st Album
HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~ ←今ココ

2003/12/3 release 2nd Album
HYDE:666 ~内に秘めていた野獣の出現で静から動へ変わっていく~

2006/4/26 release 3rd Album
HYDE:FAITH ~信仰することで見えたきた物とは何なのか?~

2019/5/3 release 4th Album
HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

2020/3/18 release 13th Single
HYDE:BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY ~引き合う必然性~

2013/10/16 release Relapse Single
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:HALLOWEEN PARTY ~今夜を楽しめ! ~

2017/9/13 release Tribute Album ※カバー曲「LA VIE EN ROSE」収録
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

2004/4/21 release Reform 1st Album
L’Arc〜en〜Ciel:DUNE ~静かなる切なさの中にある強い想い~

1994/7/14 release 2nd Album
L’Arc〜en〜Ciel:Tierra ~大地と空は変わらず見守ってくれる~

コメント