【dアニメストア】

HYDE:NOSTALGIC ~僕はいつまでも過ごした日々と君を忘れない~

HYDE:NOSTALGIC邦楽レビュー
邦楽レビュー

HYDE (ハイド) 配信シングル「NOSTALGIC」。

前作「ON MY OWN」から2カ月半。”静”を表現するということで、「BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY」以降の曲とは少し異なる表現。

艶があり「NOSTALGIC」の世界観を表現する哀愁のある歌声が、耳に残ります。

NOSTALGIC 概要

1枚目のソロアルバム「ROENTGEN」第2弾の制作を既に発表済み。「anti」以降の曲は静ではないので、この曲が「ROENTGEN Ⅱ」の始まりなのでしょう。

また、ROENTGENを再現して昇華するオーケストラツアー「20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021」の初日が「NOSTALGIC」配信日と同日。

切り替えをしてからの、動きがとても早いのが興味深く感じます。

また、和歌山市観光大使のHYDE。今作のMVは、和歌山県日高郡由良町の観光名所「白崎海洋公園」で撮影がされたとのこと。

映像で見る限りは海外にも見えそうですが、そうでないのも興味深く感じる場所です。白く美しい場所は静でもあり、実際に見に行きたくなってしまいます。

景色のキレイさだけでなく、生まれ育った場所で、タイトルは「NOSTALGIC = 懐郷」。故郷を懐かしく思うといのは、これ以上ない場所だったのでしょうね。

NOSTALGIC

ずっと思い出すのは「NOSTALGIC」。

歌詞の表現として、HYDEが上京する際のことを思い出して書いたと思われる曲。いくつになっても忘れない故郷への思いは、共感できる方が多そうです。

Departing this station with lasting
Memories so dear, memories with you

「この駅を出発しても忘れないよ。 とても大切な思い出。あなたとの」。新たな場所に行くというのは、別れがあるもの。

それでも行かなければならない、寂しさも描かれているように聞こえます。

Just like in films, nostalgic
With the sunlight engulfing me now

「まるで映画のように懐かしく、今、太陽の光に包まれている。」ここに続くのが「君への想いは変わらないのに」。その情景が思い浮かびます。

場所は遠く離れてもまた君は、僕に影響を優しく包みこんでくれる。正に「NOSTALGIC = 懐郷」を感じる時ではないでしょうか。

The loneliness will fade
I tell myself

「寂しさは薄れていくよ。そう自分に言い聞かせるんだ」。新たに得た物もあるでしょうけれど、失ったものもある。

寂しさというのは実際は思いの他に薄れないですから、強がりの部分なのでしょう。そのことが哀愁となり思いの強さとなるのですから興味深いところです。

「NOSTALGIC = 懐郷」。思い出すのは、きっと素直な気持ちなのでしょうね。

あとがき

英詩が大半であるのは、ソロでお馴染みになってきた形。それでも少し異なるなと聞いていて感じたのは、すごく歌う言葉が聞き取りやすいということ。

曲調もあると思いますが、英詩の聞き取りやすさはL’Arc〜en〜Cielを含めてもトップクラスかも…。実際、リリース時点では歌詞表示無しの状態なので…。

オーケストラツアーに行かれる方はその一面も感じることができるかと思いますが、「ROENTGEN Ⅱ」はただ単に”静”を表現するだけはなさそうです。

また、ソロの展開は既存の傾向として早いので、そう間を開けずに表現がされていくと予想しています。ハードなのもいいですが、静も好きなので楽しみです。

 

以上、『HYDE:NOSTALGIC ~いつまでも僕は過ごした日々と君を忘れない~』でした。


Amazon【HYDE】関連商品

HYDE 関連記事

2002/3/27 release 1st Album
HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~

2003/12/3 release 2nd Album
HYDE:666 ~内に秘めていた野獣の出現で静から動へ変わっていく~

2006/4/26 release 3rd Album
HYDE:FAITH ~信仰することで見えたきた物とは何なのか?~

2019/5/3 release 4th Album
HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

2020/3/18 release 13th Single
HYDE:BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY ~引き合う必然性~

2020/10/16 release Digital Single
HYDE:HALLOWEEN PARTY (プペル Ver.) ~いたずらしちゃうぞ~

2020/11/6 release 14th Single
HYDE:LET IT OUT ~出た先でやることの準備はできたから~

2020/12/25 release Digital Single
HYDE:DEFEAT ~生き残るための試練に負けることは許されない~

2021/4/9 release Digital Single
HYDE:ON MY OWN ~罪深いことをしているのは分かっている~

2021/6/25 release Digital Single
HYDE:NOSTALGIC ~僕はいつまでも過ごした日々と君を忘れない~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル)

2013/10/16 release Relapse Single
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:HALLOWEEN PARTY ~今夜を楽しめ! ~

2017/9/13 release Tribute Album ※カバー曲「LA VIE EN ROSE」収録
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント