【Amazonアプリストア】

HYDE:FINAL PIECE ~この場所に当てはまるのはあなただけ~

HYDE:FINAL PIECE邦楽レビュー
邦楽レビュー

HYDE (ハイド) 16枚目のシングル「FINAL PIECE」。

前作「NOSTALGIC」から5カ月。途中カップリングに「ZIPANG (HEIANJINGU ver.)」を追加し、15枚目のシングルとしてのリリース。

満を持しての新曲は、特別なあなただけに向けたラブ・ソングです。

FINAL PIECE 収録曲概要

「FINAL PIECE」収録曲は以下の通り。

  1. FINAL PIECE
  2. DEPARTURES (Orchestra ver.)

ON MY OWN」を除くと「BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY」から配信先行で、後から盤でもリリースされていましたが、今作では同時リリース。

ちょっと仕組みが変わったということですね。今作がたまたまなのか、それともこの形式が続いていくかは分かりませんが、面白い趣向です。

現在は配信全盛とはいえ、日本は特に盤として欲しい方もまだいます。後から遅れてではなく同時というのは、その人たちに考慮した形なのかもしれませんね。

また、面白いのはカップリング。曲で「DEPARTURES」と言ったら思い浮かべつ方も多いであろう、小室哲哉率いるglobeの代表曲。

自分は今作を予備知識無しで聞いたので、予想外のびっくりがありました。カバーは今までに何曲か歌われていますが、意外な選曲と感じる方は多いかも…。

トリビュート・アルバム「globe20th -SPECIAL COVER BEST」でオリジナルのアレンジで歌っていたことはこの記事書いてから知ったので、余計にでした。

FINAL PIECE

Apple Music Movie IconFINAL PIECE
フルMVをApple Musicで観る

あなたが僕にとっての「FINAL PIECE」。(1曲目)

出会いは奇跡とも言われますが、同じ時を過ごしお互いが引き合うからこそ特別な関係に。埋めるべき隙間に当てはまるのは、あなたしかいない。

“愛してる”という言葉を使わずとも、通じるラブソング。素敵な歌です。

The timing had to be right

「タイミングは正しくなければならない」。例え同じ時を過ごしても、あまりにも年齢が離れていたら、恋する特別な関係にはならないことが殆ど。

不思議なタイムトリップでYOASOBIの「大正浪漫」みたいな関係はあるかもですが、タイミングというのはすごく重要な要素でもあります。

This puzzle I’d been looking for
The final piece was you

「探していたこのパズルの最後のピースはあなたでした」。プロポーズとも取れる言葉。それだけあなたの存在が、特別だというように感じさせます。

また、”愛してる”と言葉にするよりも、その思いは強く通じるかもです。

I am here with you
To stand by your side
It’s a lovely view

「あなたのそばにいるためにここにいる。素敵な景色だ」。最後のピースが当てはまって完成したパズルだからこそ、そう感じるのも必然なのかも…。

曲の中でも出てきますが、タイミングが異なってお互いが恋する時に同じ時代に住んでいなければ、愛することはなかったかもしれない。

出会い自体もですが、特別な人となったら、それはもう完全に奇跡な状態。心の中だけでなく、思いを素直に伝えるのは必須とも言えそうです。

また、全編英語で歌われていますが、実に日本語的なメロディーの曲。ver.違いとして日本語で歌われたものが後から出てきても、興味深くなりそうです。

DEPARTURES (Orchestra ver.)

globeのカバー「DEPARTURES (Orchestra ver.)」。(2曲目)

単に歌うのではなく、Orchestra ver.で。多くの方が知っている曲をアレンジが変わっているだけでなく、HYDE色に染め上げているのもさすがです。

やさしさが 愛を探して
あなたが私を 選んでくれたから

あなたが私を選ぶのは、正に「FINAL PIECE」。この共通点があるのが、今作のカップリングとして選ばれた理由の1つなのかもしれませんね。

いつだって 想い出をつくる時には あなたと二人がいい

「DEPARTURES = 旅立ち、出発」は、誰でもでもなく、あなただからこそいい。聞き慣れた曲ですが、特別な時間の始まりを改めて感じさせてくれます。

また、男性目線の曲を女性が歌うことは、どのジャンルでもあります。ですが、女性目線の曲を男性がとなると極端に少なくからこそ、今作は興味深い形。

ザ・男ではなく未だに中性的な面を持ち合わせているHYDEだからこそ、この曲がよりうまくハマるのかもしれませんね。

あとがき

HYDEがglobeの曲を歌う。これは意外性がありました。小室哲哉といえば、過去にYOSHIKIと組んだV2。YOSHIKIとHYDEは「Red Swan」で組んでいます。

テーマとしても合うからこその選曲にもなったとも思いますが、これが何かの伏線であったら面白いなと考えてしまうのは自分だけではないはず。

元々V2は小室哲哉が歌う予定ではなかったと聞きますし、HYDEが加わってV3として活動を今後にしちゃったりなんかしたら、面白くなるかも…。

タイトル曲に目を向けると、「ROENTGEN Ⅱ」へと向かう形。”静”を表現するのは「ROENTGEN」と同様でも、思いの他にその内容は異なる予感がします。

また、インタビューでHYDEがこの「FINAL PIECE」は、ファンの子が結婚式で流してくれたら嬉しいと語っていました。確かにその内容もピッタリ!

古くからのファンだとさすがにタイミングが異なるかもですが、若かったり、新しく聞き始めた方にはちょうどいい選曲なのかもしれませんね。

 

以上、『HYDE:FINAL PIECE ~この場所に当てはまるのはあなただけ~』でした。



Amazon【HYDE】関連商品

HYDE 関連記事

2002/3/27 release 1st Album
HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~

2003/12/3 release 2nd Album
HYDE:666 ~内に秘めていた野獣の出現で静から動へ変わっていく~

2006/4/26 release 3rd Album
HYDE:FAITH ~信仰することで見えたきた物とは何なのか?~

2019/5/3 release 4th Album
HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

2020/3/18 release 13th Single
HYDE:BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY ~引き合う必然性~

2020/10/16 release Digital Single
HYDE:HALLOWEEN PARTY (プペル Ver.) ~いたずらしちゃうぞ~

2020/11/6 release 14th Single
HYDE:LET IT OUT ~出た先でやることの準備はできたから~

2020/12/25 release Digital Single
HYDE:DEFEAT ~生き残るための試練に負けることは許されない~

2021/4/9 release Digital Single
HYDE:ON MY OWN ~罪深いことをしているのは分かっている~

2021/6/25 release Digital Single
HYDE:NOSTALGIC ~僕はいつまでも過ごした日々と君を忘れない~

2021/11/24 release 16th Single
HYDE:FINAL PIECE ~この場所に当てはまるのはあなただけ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル)

2013/10/16 release Relapse Single
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:HALLOWEEN PARTY ~今夜を楽しめ! ~

2017/9/13 release Tribute Album ※カバー曲「LA VIE EN ROSE」収録
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント