hyde:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

hyde:anti邦楽レビュー

L’Arc〜en〜Cielのボーカルhydeの4枚目のオリジナル・アルバムである「anti」。

ソロアルバムとしては10年振り、オリジナル・アルバムとしては実に13年振りのリリースになったアルバムです。

ソロは久しぶりといってもL’Arc〜en〜CielやVAMPSの活動があったので、そんなにも久しぶりなんだと、確認をしてびっくりしたぐらいです。

また、CDの発売は6月19日、サブスクリプションの配信は1カ月以上前の5月3日にされていたという、少し珍しいリリースの方法が取られていました。

曲単位の先行配信は珍しくはないですが、フルアルバムをまるごと1カ月以上前に配信するというのは、面白い試みですよね。例があまりない配信方法です。

海外での活動を強く意識したアルバム

「anti」の収録曲は以下の通りです。

  1. WHO’S GONNA SAVE US
  2. MAD QUALIA
  3. SICK (feat. Matt B)
  4. ANOTHER MOMENT
  5. FAKE DIVINE
  6. AFTER LIGHT
  7. OUT
  8. ZIPANG (feat. YOSHIKI)
  9. SET IN STONE
  10. LION
  11. TWO FACE
  12. MIDNIGHT CELEBRATION (II anti mix)
  13. ORDINARY WORLD

1、2,5、6,8曲目はシングル曲、12曲目はシングルカップリングのアルバムバージョン、13曲目もカップリングで、Duran Duranのカバー曲です。

特にカバー曲はアルバムに収録されるのは、今回が初となっています。既発曲が多いからこそ、配信を早めることができたのかもしれませんね。

今回の配信ver.で特徴となっているのは、全曲英語詞での収録となっています。

ファーストソロアルバムの「ROENTGEN」も後から全曲英語詞ver.も発売されましたが、最初からと後からでは違いがありますよね。今回の方が自然です。

BARKSのインタビューでもhyde本人が語っていますが、海外での活動を意識したアルバム内容です。特にアメリカでの活動を本人は意識していますよね。

海外の活動は意識しつつも自分が好きな範囲内というのは、実にhydeらしい。

特に気に入ったのは「TWO FACE」

今回のアルバムの中で気に入った曲は「ZIPANG (feat. YOSHIKI)」といいたいところですが、「TWO FACE」です。

「Red Swan」でも分かる通り、YOSHIKIとコラボは悪くなりようがないかなと。すごく好きな曲ですけれど、ガツンときたのは「TWO FACE」でした。

「TWO FACE = 2つの顔」ですけれど、歌詞を見ていてもなるほどねと。聞く人や見る人によって解釈は変わりますが、面白い歌詞です。

サブスクリプションの配信であっても歌詞をちゃんと表示してくれるのは、とても聞いていてありがたい対応ですよね。

曲を聞くだけでなく、歌詞を見る楽しみがあります。カラオケが趣味の人には、歌詞を覚えて歌うきっかけにもなるので、歌詞の表示は今後はマストかなと。

「TWO FACE」が1番今回のアルバムでいいと思ったのは、ガツンとロックしているだけでなく、hydeの声がめっちゃセクシーなんです。

特にサビの音域はhydeの声のおいしい音域になっていますよね。すごくいい!

自分の物にしてしまったカバー曲

アルバムのラストを飾る「ORDINARY WORLD」はDuran Duranの名曲のカバー曲ですが、これは完全に自分のものにしてしまっていますよね。

名曲のカバーというのは知っている方も多い反面、オリジナルを知っている方には比較されて聞かれるので、リスクもある選曲方法なんです。

何年も前にカバー曲が全盛の頃があって、誰もがこぞってカバー曲のリリースをしていた時期がありました。ですが、大抵はひどいコピー曲ばかりでしたよね。

カバー曲は名曲であればあるほど、安易に手を出すと痛い目にあうんです。

その点、hydeの「ORDINARY WORLD」がとてもいいですね。

声質があっているのがありますが、オリジナルのアレンジを必要以上にくずすことをせずに、まるで自分の曲のようにしてしまっています。

アルバムのラストにカバー曲を持ってくるというのは、よっぽど出来に自信がなければ持ってくることはできないですよね。

hyde ver.の「ORDINARY WORLD」はめっちゃくちゃかっこいいです。

anti あとがき

13年ぶりのオリジナル・アルバムは、L’Arc〜en〜Cielというよりも、VAMPSの流れを組んだ、ロックアルバムとなっていました。

ですが、VAMPSでも同じことができたかというとそうは思いませんので、やっぱりhydeならではのソロアルバムだといえます。

近年のL’Arc〜en〜Cielというと、ポップな感じ強くなっています。かっこいいですが、ロックなhydeを聞きたい方には今回のアルバムがオススメできます。

先行シングルで既発曲は多いですが、アルバムを通して聞いた時は、またシングルとは違った印象として聞くことができるのではないでしょうか?

邦楽のロックアルバムとして、とてもかっこいいアルバムです。

 

以上、『hyde:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~』という記録でした。

hyde 関連記録

2013/10/16 release Relapse Single
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:HALLOWEEN PARTY ~今夜を楽しめ! ~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

2017/9/13 release Tribute Album
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

コメント