HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

hyde:anti邦楽レビュー
邦楽レビュー

HYDE (ハイド) 4枚目のアルバム「anti」。

言わずとしれたL’Arc〜en〜Cielのボーカリストですが、ソロアルバムとして10年振り。オリジナル・アルバムは「FAITH」から実に13年振りのアルバムです。

L’Arc〜en〜CielやVAMPSの活動があったので、ソロでの活動はそんなにも久しぶりなんだと、確認をしていてびっくりしました。

また、CDの発売は6月19日。サブスク配信は1カ月以上前の5月3日に開始されたという、他にはない少し珍しいリリースの方法が取られたアルバムです。

曲単位の先行配信は珍しくはないですが、アルバムをまるごと1カ月以上前に配信するというのは、面白い試みですよね。かつ、挑戦的でもあります。

アルバムのリリース戦略だけでなく、とがったカッコいいロックアルバムです。

【スカパー!】
スカパー!スカパー!

anti 収録曲概要

「anti」の収録曲は以下の通りです。

  1. WHO’S GONNA SAVE US
  2. MAD QUALIA
  3. SICK (feat. Matt B)
  4. ANOTHER MOMENT
  5. FAKE DIVINE
  6. AFTER LIGHT
  7. OUT
  8. ZIPANG (feat. YOSHIKI)
  9. SET IN STONE
  10. LION
  11. TWO FACE
  12. MIDNIGHT CELEBRATION (II anti mix)
  13. ORDINARY WORLD

1、2,5、6,8曲目はシングル曲。12曲目はカップリング曲のアルバムバージョン。13曲目もカップリング曲で、Duran Duranのカバー曲です。

カバー曲がアルバムに収録されるのは、今作が初となっています。収録曲に既発曲が多いからこそ、配信を早めることができたのかもしれませんね。

また、配信ver.で特徴となっているのは、全曲英語詞での収録となっています。

1枚目のソロアルバム「ROENTGEN」も後から全曲英語詞ver.も発売されましたが、最初からと後からでは違いがありますよね。今回の方が圧倒的に自然です。

BARKSのインタビューでもHYDE本人が語っていますが、海外での活動を意識したアルバム内容になっています。特にアメリカでの活動を意識していますよね。

海外の活動は意識しつつ、好きな範囲内というのは、実にHYDEらしいです。

MAD QUALIA

ゲーム「デビルメイクライ5」のイメージソングで、12枚目のシングル「MAD QUALIA」。(2曲目)

モダンメタルといっていい曲で、素直にカッコいい曲です。曲名の「MAD QUALIA」と叫ぶ部分に、曲名通りの怒りの感覚が感じられます。

冷静になれずに自分を見失うほと加速していく感覚に襲われて、自分は狂っているんじゃないか? と感じても、答えはない…。暗闇に落ちて行く歌詞ですね。

難しい歌詞をいろいろな歌い方でも感情表現をしているのに、グッと心が引かれる曲です。怒りに加えて嘆いているのに、美しさを感じます。

リフがカッコいいので、ギタリストは気になる人が多いと思いますよ。

AFTER LIGHT

9枚目のシングル「AFTER LIGHT」。(6曲目)

日本語で「答えは苦痛の先に」と英詩の中に出てくるのが、印象的な曲です。「AFTER LIGHT = 光のあと」であるのに、破壊と再構築をすると続きます。

暗闇から抜け出てもまた暗闇へと戻るからこそ、破壊と再構築を繰り返すというのは、ロックならではの切ない歌詞の曲です。コーラスの叫びが切ない…。

意味が分からずに聞いても切なく聞こえる曲ですが、歌詞の意味を探ってみるとより切なさが増して、心に響く曲になるのは間違いありません。

痛いけれど、やり切れない思いが詰まった曲に、ロックを感じます。

OUT

自分に発破をかけることで、恐れることをやめた「OUT」。(7曲目)

ミディアムテンポの重い曲は、日本的な部分も残しつつ、海外のバンドの音に近いイメージの曲です。海外のバンドであれば、デスボイスで歌いそうですね。

HYDEを知らない人が聞いたら、この曲は日本のアーティストだとは思わないかもしれません。ズバッとくる曲ではないですが、じわじわとくる曲です。

「I’m not afraid = 怖くない」と何回も繰り返すのが、印象に残ります。

ZIPANG (feat. YOSHIKI)

11枚目のシングル「ZIPANG (feat. YOSHIKI)」。(8曲目)

YOSHIKIのピアノが曲を引き立てている曲です。以前コラボをした「Red Swan」でも分かる通り、YOSHIKIとのコラボが悪くなるはずがありません。

ピアノはYOSHIKIなんですけれど、YOSHIKIが作曲でないことが分かる曲は、聞いてとても興味深いです。曲終わりの、消えて行く感じがたまりません。

今作のシングル曲は日本語バージョンもある曲がありますが、曲は同じでも歌詞の内容が違うのも特徴です。特にZIPANGは、内容の違いが結構大きいですよ。

日本語から英語に変更しただけで、てっきり歌詞の内容は同じだと思っていました。違いを比べてみると、より楽しめる曲になると思います。

TWO FACE

今回のアルバムの中で特に気に入った曲の「TWO FACE」。(11曲目)

「TWO FACE = 2つの顔」ですけれど、歌詞が面白い曲です。人が2人いるのではなく、1人の中の別の顔があって、自分の一部と歌っているんです。

人によって解釈は変わってくると思いますが、とても面白い歌詞です。特に英詞で歌詞を表示してくれるのは、ありがたい対応ですよね。

英詞は特にしっかりと耳を傾けて聞いても、歌になると聞き取れない場合があるので…。知らない言葉が出てくると、どんどん聞き取れなくなります。

また、聞くだけでなく、歌詞を見て世界観が分かる楽しみがあります。歌詞はカラオケなどで歌うきっかけにもなるので、歌詞の表示は今後はマストかなと。

「TWO FACE」が1番今回のアルバムでいいと思ったのは、ガツンとロックしているだけでなく、HYDEの声がめちゃくちゃにセクシーなんです。

特にサビの音域はHYDEの声のおいしい音域になっていて、しびれますよ。

ORDINARY WORLD

アルバムのラストを飾るのは、Duran Duranの名曲「ORDINARY WORLD(13曲目)

名曲のカバーというのは知っている方も多い反面、オリジナルを100として比較をされて聞かれるので、思っている以上にリスクもある選曲方法なんです。

何年も前にカバー曲が全盛の頃があって、誰もがこぞってカバー曲のリリースをしていた時期がありました。ですが、大抵はひどいコピー曲ばかりでしたよね。

カバー曲は名曲であればあるほど、安易に手を出すと痛い目にあうんです。

その点、HYDE ver.の「ORDINARY WORLD」はとてもいいですね。アレンジを必要以上に変えることはせずに、自分の曲のようにしてしまっています。

声質があっていますし、知らない人が聞いたら、オリジナル曲で通りますよ。

アルバムのラストにカバー曲を持ってくるというのは、出来に絶対的な自信がなければできません。ラストを飾るカバー曲は、めっちゃくちゃかっこいいです。

あとがき

ソロとして13年ぶりのオリジナル・アルバムは、L’Arc〜en〜Cielというよりも、VAMPSの流れを組んだ、ロックアルバムとなっていました。

とはいえ、VAMPSでも同じことができたかというと、そうは思いません。やっぱり13年ぶりとなる今作は、HYDEならではのソロアルバムだと言えます。

近年のL’Arc〜en〜Cielは、ポップな感じが強くなっていますよね。かっこいいですけれど、ロックなHYDEを聞きたい方には、特に今作はオススメできます。

既発曲は多いですが、アルバムを通して聞いた時とはまた違った印象として、聞くことができるのではないでしょうか? 自分は印象が大きく変わりましたよ。

邦楽を代表するロックアルバムとして、とてもかっこいいアルバムです。

 

以上、『HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~』でした。


『HYDE』をApple Musicで

HYDE 関連記録

2002/3/27 release 1st Album
HYDE:ROENTGEN ~誰もが内に秘めている心はどう映る? ~

2003/12/3 release 2nd Album
HYDE:666 ~内に秘めていた野獣の出現で静から動へ変わっていく~

2006/4/26 release 3rd Album
HYDE:FAITH ~信仰することで見えたきた物とは何なのか?~

2019/5/3 release 4th Album
HYDE:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~ ←今ココ

2020/3/18 release 13th Single
HYDE:BELIEVING IN MYSELF / INTERPLAY ~引き合う必然性~

2013/10/16 release Relapse Single
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:HALLOWEEN PARTY ~今夜を楽しめ! ~

2017/9/13 release Tribute Album ※カバー曲「LA VIE EN ROSE」収録
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

2004/4/21 release Reform 1st Album
L’Arc〜en〜Ciel:DUNE ~静かなる切なさの中にある強い想い~

1994/7/14 release 2nd Album
L’Arc〜en〜Ciel:Tierra ~大地と空は変わらず見守ってくれる~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント