Holly Humberstone:Fake Plastic Trees ~偽物から本物になりたい~

Holly Humberstone:Fake Plastic Trees洋楽レビュー
洋楽レビュー

Holly Humberstone (ホーリー・ハンバーストーン) 配信シングル「Fake Plastic Trees」。

デビュー作のEP「Falling Asleep at the Wheel」の直前リリースされた、Radioheadの名曲のカバー。

今までも多くのアーティストにカバー、ライブで歌われてきた「Fake Plastic Trees」。彼女ならではの形になっているので、興味深く聞けます。

Fake Plastic Trees 概要

「Fake Plastic Trees」は、1995年 Radiohead 2枚目のアルバム「The Bends」に収録。シングルとしてもリリースされました。

アルバム・ジャケットが印象的でしたので、見れば「あっ! 」。曲名は覚えていなくても、聞けば「知ってる! 」という方が多いのではないでしょうか。

2000年生まれのハンバーストーン。オンタイムではない、切ない思いの詰まった曲をカバー。しかも自分なりの色を含めてというのが、興味深いです。

Fake Plastic Trees

Radioheadのカバー「Fake Plastic Trees」。

もともとがシンプルな構成の曲ですが、歌とギターのみという潔さ。しかもアコギではなく、ストラトというのに面白さがあります。よくやった! という感じ。

しかもMVで見る限り、2ハムで固定ブリッジのストラト。基本形ではないからこそ、偽物感が強くなっているのが面白い! 意図はしていないかもですが…。

アコギであったら想像範囲。もし「Fake Plastic Trees」の歌詞を尊重しての選択だとしたら、センスの良さを感じずにはいられません。

If I could be who you wanted

「私があなたの望むような人になれたら…」。見た目だけは似ていても、偽物の木に見立てた自分。今は違ったとしても、いつかは…。という思い。

Radioheadの原曲が良かったのもありますが、彼女のもいいですね。男性だけでなく女性にも多く歌わてきた曲ですが、その中ではピカイチかも…。

「Falling Asleep at the Wheel」ではしっかりとした発声で歌っていますが、このカバーで聞けるささやくような歌声も、とてもいい感じです。

あとがき

ミレニアムベビー(2000年生まれ)の彼女。確実にオンタイムでない曲を聞き、カバーするというのが、面白い! しかもコピーでなく、自分の色もあります。

曲は形として残るからこそオンタイムだけでなく、時をて新たに伝わる人がいる。音楽の面白い部分ではないでしょうか。古くてもいい曲は多いですからね。

よくカッコつけてちゃんと聞いてもいないのに、過去のビッグネームに影響を受けたとかいう人もいますが、彼女はそれとは全く違う形。

オリジナル曲は当然ですが、カバーも敬意は払いつつも自分の色を含めて表現する。今後の動向が気にならずはいられない、アーティストが出てきましたよ。

 

以上、『Holly Humberstone:Fake Plastic Trees ~偽物から本物になりたい~』でした。


『Holly Humberstone』をApple Musicで

Holly Humberstone 関連記事

2020/7/30 release Digital Single
Holly Humberstone:Fake Plastic Trees ~偽物から本物になりたい~ ←今ココ

2020/8/14 release 1st EP
Holly Humberstone:Falling Asleep at the Wheel ~夢じゃなくこれは現実なんだ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント