日向坂46:キュン ~正統派アイドルのときめきを聞いてみませんか? ~

日向坂46:キュン (Special Edition)邦楽レビュー
邦楽レビュー

日向坂46 1枚目のシングルである「キュン」。

「ひらがな46」としてアルバムをリリースしてからグループ名を変更するのは珍しいやり方ですが、グループの判別は分かりやすくなりました。

熱心に応援しているファンであれば特に困りませんが、普通の人には分かりづらさしかなかったので、変更できるギリギリのタイミングだったんでしょうね。

CDでは3曲目が異なる4バージョンが発売されましたが、配信ではSpecial editionとして、全ての曲がまとまって収録されています。

取り込む必要もありませんので、聞くだけであれば断然に配信の方が聞きやすいです。できればCDも1バージョンの方がわかりやすいんですけどね…。

6曲とも正統派アイドルらしい、かわいらしさと少し切ない感じがバランスよくまとまっているので、より聞きやすさを増している感じになっています。

キュン 収録曲概要

「キュン (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. キュン
  2. JOYFUL LOVE
  3. 耳に落ちる涙
  4. Footsteps
  5. ときめき草
  6. 沈黙が愛なら

曲名だけ見ても曲がつながって、ストーリーがあるような感じですよね。1stシングルだからこそ、ひねらずにストレートにしてきたのでしょうか?

ひねらずにきたからこそ、とても入っていきやすい内容のシングルになっています。かわいらしさ全開だけでなく、少し切なく終わるのがいい感じですよね。

このシングルの良さが増しているのは、2曲目以降があるからこそです。

キュン

女性アイドルだからこそできるかわいらしいタイトル曲の「キュン」。(1曲目)

Aメロが聞き覚えがあるな〜と思ったら、「恋するフォーチュンクッキー」なんですね。歌詞もキーも少し違うんですがけど、これは面白いですね。

系列グループでなければ怒られてしまいそうですが、1stシングルだからこそ聞き覚えのある印象が功を奏している曲になっています。

サビが印象が強いですが、サビ以外にも遊びを入れている点が聞いていて面白い曲です。何回も聞けば聞くほど、聞いていて楽しくなる曲になっています。

JOYFUL LOVE

これは恋なのか? と問いかけている曲の「JOYFUL LOVE」。(2曲目)

明るく爽やかさいっぱいの「キュン」からこの曲につながりは、アイドルが好きな人にはたまらない曲のつなげ方ではないでしょうか?

人に弱い部分でなかなか見せないですけれど、少し弱い部分が見えることで、キュンっとなってしまう男性は多いです。つかみ方を知っているという…。

多分これが恋なんだとはまでは分かっても、確信まではいかずに曲が終わるところが、この曲の良さの1つになっています。恋はかんたんではないですからね。

1曲1曲がストリーにつながっているのが、このシングルの良さになっています。

耳に落ちる涙

どういうことだろう? と曲名にひっかかった「耳に落ちる涙」。(3曲目)

涙が頬をつたわるのなら想像ができますが、耳に落ちる涙とは何かというと、ベッドで寝た状態での涙であるから耳に落ちる涙となるわけです。

ベッドに寝ての涙は何かがあったその場ではない思い出しての涙ですから、涙の中でも切ない涙ですよね。失恋の涙は、好きな思いが強いほど切なくなります。

泣いて状況が変わるわけではないですけれど、泣かずにはいられない。ベッドの中の自分の空間の中だけは、弱い自分であり、思いっきり泣けばいいんです。

切ない曲ですがこの曲のメロディーを聞いていると、自分が成長していくために必要な涙なのかな? と感じさせてくれます。切ないけれど、青春の涙です。

ときめき草

CDだと3曲目となる4曲はどれも興味深い曲なのですが、その中でも自分が1番興味を引かれた「ときめき草」。(5曲目)

友達のはずだったのに、恋が芽生えてと決めていく姿を「ときめき草」という花に例えて咲いていく様子を表していくのはいいなと感じました。

自分の気持は恋に変わっているけれど、相手の気持ちは分かっていない少し切ないところが曲の印象を高めています。

芽生えてしまった恋はどうなるのかと、その先が気になる曲です。うまくいって欲しいけれど、そのまま心に留めて友達のままどちらなのでしょうか?

アイドルの曲というと曲は軽視して聞かない方もいますが、歌詞を見ながら聞くようにするとこの「ときめき草」のような興味深い曲に引っかかりますよ。

また、自分が興味を持ったのは、「キュン」の収録曲の中で1番演奏してみたいと思った曲がこの曲だったのも理由です。演奏にも注目してみてください。

あとがき

日向坂46に改名後の1枚目シングルとなった「キュン」はいいです。

各曲にストリーとしてつながりがあるんですけれど、恋は芽生えても恋は成就まではいっていないんです。ここがまたいい感じになっていますよ。

秋元さんが歌詞がうまいというのもありますが、曲を聞くだけでなく歌詞も見た方がより楽しめる全6曲になっています。

悲しい結末ではないけれど、ハッピエンドでもない。どうなるんだろうを想像できる部分を残しているからこそ、より興味深く聞けるシングルになっています。

CDではバージョンによって聞けな3曲目が出てきてしまいますから、しっかり楽しむには曲がまとまった抜けのない配信で聞くことをオススメします。

ここ数年は48、46グループは流して聞くぐらいでしたが、日向坂46でちゃんと聞くことによって、想像していた以上に楽しめたことにビックリです。

流して聞いていたのシングルやアルバムも、ちゃんと聞いてみようと感じた日向坂46のレビューになりました。流して聞くと分からないことがありますね。

 

以上、『日向坂46:キュン ~正統派アイドルのときめきを聞いてみませんか? ~』でした。

日向坂46 関連記事

2019/3/27 release 1st Single
日向坂46:キュン ~正統派アイドルのときめきを聞いてみませんか? ~ ←今ココ

2019/7/17 release 2nd Single
日向坂46:ドレミソラシド ~短期間での成長を見届けてください~

2019/10/2 release 3rd Single
日向坂46:こんなに好きになっちゃっていいの? ~あなたの返答は…~

コメント