日向坂46:ドレミソラシド ~短期間での成長を見届けてください~

日向坂46:ドレミソラシド (Special Edition)邦楽レビュー
邦楽レビュー

日向坂46 2枚目のシングルである「ドレミソラシド」。

日向坂46は「けやき坂46」が改名したグループですが、46、48グループの中でも特に正統派のアイドルの曲のイメージが強いグループです。

今回のシングルに収録された曲の曲調は多彩ですけれど、かわいらしいイメージの曲のだけではないので、グループの成長が感じられる内容になっています。

前作「キュン」を想像して聞くと、成長に驚かされるシングルです。

ドレミソラシド 収録曲概要

「ドレミソラシド (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. ドレミソラシド
  2. キツネ
  3. My god
  4. Cage
  5. やさしさが邪魔をする
  6. Dash&Rush

前作「キュン」はストーリがあるような収録曲が曲名にも現れていましたが、今作は曲調が多彩だけでなく、曲名にも違いが出てきました。

曲名からどんな曲なんだろう? と感じさせるものになっていますよね。同じ路線を続けるて行くのではなく、色を分けてくるというのは面白いです。

CDでは3曲目が異なる4バージョンありますが、配信ではSpecial Editionとして、4バージョンがまとまっての収録となっています。

曲の聞き逃しもなく歌詞も表示できますので、普段聞くには配信が断然聞きやすいです。抜けていい曲はないですから、聞き逃しのないようにしましょう。

ドレミソラシド

今回のシングルのタイトル曲の「ドレミソラシド」。(1曲目)

曲名からはどんな曲なのか想像できない曲ですが、聞いてみるとかわいらしいアイドルの曲になっています。

片思いが内容の曲は女性の片思いではなく、男性から見た時の片思いの曲ですよね。男性の目線を歌うからこそ、より曲が面白くなっています。

ドレミ…。と音階を3連符で歌詞に使う曲は多くありますが、この曲での使い方は印象的でした。聞いていて思わず楽しくなる曲ですね。

キツネ

タイトルからではどんな曲なのか想像ができない「キツネ」。(2曲目)

聞いてみると分かるのですが、「ドレミソラシド」からのつながりがある曲です。三連符や目線は女性に変わりありますが、一緒にいるカップルかなと。

同じカップルで「ドレミソラシド」は男の子の思い、「キツネ」は女の子の思いだと考えると、聞いていて曲のより面白みが増します。

若い頃をだと、同年代でも女の子の方が大人だと思える感じです。実際はつながりはない曲かもしれませんが、つながりであって欲しいと思える曲ですね。

Cage

語りから曲が始まるのが印象的な「Cage」。(4曲目)

自由は目の前にあるのに、自分で限界のカゴを作って自由を自ら手放しているんじゃないの? というメッセージの強さに、ドキッとしてしまう曲です。

自分の邪魔をしているのは他の誰でもない自分なんだというのに気付いてさえしまえば、限界のカゴを取り去ってしまうことができますよね。

挑戦を忘れてしまうのが、限界を自らで作ってしまうのが理由かもしれません。

サビで変わる優しいメロディーは、あなたにも自分で作ったカゴはなくすことができるんだ! 今より先に自由に進めるよと、応援してくれる感じがします。

やさしさが邪魔をする

シンプルだけど耳に残るミディアムバラード曲の「やさしさが邪魔をする」。(5曲目)

タイトル曲になる曲ではないのかもしれませんが、今回のシングルの中で1番気になって何回も聞いてしまったのは、この曲です。

変化の中で避けられない失恋の曲で、これからも一緒にいたいけれど別れはしょうがないよね考えてしまうのは、タイトル通りやさしさが邪魔をするですよね。

余計なやさしさがなければ、これからも一緒にまだいたいのに…。という気持ちが伝わってくるような曲です。恋には少し強引さがあってもいいのかも。

切ないけれど、共感してしまいます。秋元さん、歌詞がやっぱりステキ!

あとがき

前作「キュン」からわずか3カ月強の期間でリリースされたシングルですが、成長と変化が見られる内容で、楽しんで聞くことができました。

今までには意図的に外していたかもしれませんけれど、4曲目の「Cage」は欅坂46で採用してもいいような曲ですね。

派生のグループなのであっておかしくはない曲なのですが、新鮮に感じました。

今作の「ドレミソラシド」を聞いてもなんとなく感じましたけれど、秋元さんが46グループを優先に動いている感じは分かるような気がします。

現状でのグループの活動で見るならば、多分好みが46グループですよね。特に正統派アイドル路線の日向坂46は、好きなのが伝わってくる気がしました。

短期間のでリリースで違いを見せてきた日向坂46は、面白いです。今回の「ドレミソラシド」だけでなく、前作「キュン」を聞くとより楽しめますよ。

メンバーの個性がもっと曲にも現れるようになったら、もっと面白いグループになっていくのでしょうね。これからの日向坂46の活動が楽しみです。

 

以上、『日向坂46:ドレミソラシド ~短期間での成長を見届けてください~』でした。

日向坂46 関連記事

2019/3/27 release 1st Single
日向坂46:キュン ~正統派アイドルのときめきを聞いてみませんか? ~

2019/7/17 release 2nd Single
日向坂46:ドレミソラシド ~短期間での成長を見届けてください~ ←今ココ

2019/10/2 release 3rd Single
日向坂46:こんなに好きになっちゃっていいの? ~あなたの返答は…~

コメント