日向坂46:ドレミソラシド ~短期間での成長を見届けてください~

日向坂46:ドレミソラシド (Special Edition) 邦楽レビュー

日向坂46のセカンド・シングルである「ドレミソラシド (Special Edition)」。

CDでは3曲目が異なる4バージョンありますが、配信ではSpecial Editionとして、4バージョンがまとまっての収録となっています。

ですから、単純に聞きたい! という方には、断然に配信ver.がオススメです。

日向坂46は「けやき坂46」が改名したグループで、46、48グループの中でも正統派のアイドルの曲のイメージが強いです。

今回は曲調は多彩ですが、かわいらしいイメージの曲が多いですよ。変化だけでなく、成長も感じられる内容になっています。

1曲ずつの色を分けてきた

「ドレミソラシド (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. ドレミソラシド
  2. キツネ
  3. My god
  4. Cage
  5. やさしさが邪魔をする
  6. Dash&Rush

前作「キュン」はストーリがあるような収録曲が曲名にも現れていましたが、今作は曲調が多彩だけでなく、曲名にも違いが出てきました。

曲名からどんな曲なんだろう? と感じさせるものになっていますよね。同じ路線を続けるて行くのではなく、色を分けてくるというのは面白いです。

“ファ”がないのがいい感じ

今回のシングルのタイトル曲の「ドレミソラシド」。

曲名からはどんな曲なのか想像できない曲ですが、聞いてみるとかわいらしいアイドルの曲になっています。

片思いが内容の曲ですけが、女性の片思いではなく、男性から見た時の片思いの曲ですよね。男性の目線を歌うからこそ、より曲が面白くなっています。

ドレミ…。と音階を3連符で歌詞に使う曲は多くありますが、この曲の使い方は印象的です。聞いていて思わず楽しくなる曲ですね。

つながりがある目線が変わる曲

タイトルからではどんな曲なのか想像ができない「キツネ」。

聞いてみると分かるのですが、「ドレミソラシド」からのつながりがある曲です。三連符や目線は女性に変わりありますが、一緒にいるカップルかなと。

同じカップルで「ドレミソラシド」は男の子の思い、「キツネ」は女の子の思いと考えると、聞いていいると曲がより面白みがまします。

若い頃をだと、同年代でも女の子の方が大人だと思える感じです。実際はつながりはない曲かもしれませんが、つながりであって欲しいと思える曲ですね。

やさしいミディアムバラード

シンプルだけど耳に残るミディアムバラードの「やさしさが邪魔をする」。

タイトル曲になる曲ではないのかもしれませんが、今回のシングルの中で1番気になって何回も聞いてしまうのがこの曲です。

変化の中で避けられない失恋の曲で、まだこれからも一緒にいたいけどしょうがないよねというのは、タイトル通りやさしさが邪魔をするですよね。

やさしさがなければこれからも一緒にまだいたいのに…。というな女の子の気持ちが伝わってくるような曲です。秋元さん、歌詞がやっぱりステキ!

ドレミソラシド あとがき

前作「キュン」からわずか3カ月強でリリースされたシングルですが、変化が見られる内容でより楽しんで聞くことができました。

今までには意図的に外していたかもしれませんが、「Cage」なんかは欅坂46で採用してもいいような曲ですね。

派生のグループなんであっておかしくない曲なのですが、新鮮に思いました。

今作の「ドレミソラシド」を聞いてもなんとなく感じますが、秋元さんが46グループを優先にする感じは分かるような気がします。

今の現状の活動で見るならば、多分好みが46グループですよね。特に正統派アイドル路線の日向坂46は好きなのが伝わってくる気がしました。

 

短期間のでリリースで違いを見せてきた日向坂46は、面白いです。今回の「ドレミソラシド」を聞いてから、前作「キュン」を聞くと、また楽しめますよ。

メンバーの個性がもっと曲にも現れるようになったら、もっと面白いグループになるでしょうね。これからの活動が楽しみです。

 

以上、『日向坂46:ドレミソラシド ~短期間での成長を見届けてください~』という記録でした。

日向坂46 関連記録

2019/3/27 release 1st Single
日向坂46:キュン ~正統派アイドルのときめきを聞いてみませんか? ~

コメント