次回新着記事予定:検討中
【アバロンミュージックスクール】
アバロンミュージックスクールアバロンミュージックスクール

工藤晴香:KDHRemix ~ぐるぐると迷い込んだ迷宮~

工藤晴香:KDHRemix邦楽レビュー
邦楽レビュー

工藤晴香 (くどう はるか) リミックス・アルバム「KDHRemix」。

前作「Under the Sun」から6カ月半。タイトルそのままに、前作のカップリングで見せた延長となるリミックス・アルバム。

ボーカロイドっぽい声があってこそ企画されたのだと思いますが、仮に彼女のファンであっても必聴な1枚かというと、全くそうではない内容です。

KDHRemix 収録曲概要

「KDHRemix」収録曲は以下の通り。

  1. MY VOICE [ナユタン星人 Remix]
  2. GROOVY MUSIC TAPE [いよわ Remix]
  3. 君へのMHz [tofubeats Remix]
  4. KEEP THE FAITH [TeddyLoid Remix]
  5. Memory Suddenly[☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm) Remix]
  6. メルティランドナイトメア
  7. Don’t Stop KDHR DJ Mixed by TeddyLoid

既存曲をリミックスする。邦楽では減りましたが、海外では今も頻繁に行われる手段。ただし、今作ような内容の提示ではなく、別ver.といった感じが多め。

また、多くの方が感じていることでしょうけれど、オリジナルを間違いなく超えられないのがリミックスのある意味の定め。今作もまさにそんな感じです。

その上でよく分からないのが、「Under the Sun」でのカップリング2曲をそのまま収録していること。これについては、正直手抜き感が否めません。

また、あとがきで後述しますが、彼女のやりたいことがリミックスではないことが分かる部分があるのもマイナスポイント! 迷走を感じずにはいられません。

メルティランドナイトメア

はるまきごはん feat.初音ミク のカバー「メルティランドナイトメア」。(6曲目)

ボーカロイドはあまり詳しくないですが、興味深い世界観が描かれた曲。どうしようもできないからこその切なさが残るのが、聞いていて心に残ります。

先天的なフューチャー
案外そんなフューチャーだよ

「future = フューチャー = 未来」。希望を描きたいところですが、その多くは実に平凡であるのも未来。特に待っているだけでは、変わらないのが必然です。

曲頭に希望を打ち砕くような表現が、すごく面白く感じてしまいます。

愛したって君は目をさます
ゼロになって ゼロになって

すっと一緒に入れたらいいのに、君は「nightmare = ナイトメア = 悪夢」から目を覚ます。しかも、せっかく積み上げたものがそこで”0″になってしまう…。

「Melty land = メルティランド =とろける土地」。形がなくなる感じでもあり、夢で見た内容は大抵は忘れちゃいますから、表現としてなるほどなと。

夢の中だけで会える存在でありながら、毎回”0″から。しかも目覚めれば君は僕の存在を忘れてしまう…。なんとも言えない寂しさが、いい感じです。

また、打ち込み主体でありながら、その他のリミックス曲とは異なる表現の形。後述もしますが、彼女が表現したいことがこの曲で見えている気がしました。

だからこそというか火を見るより明らかに、アルバムの中でダントツに面白い表現になっているのも特徴です。

あとがき

冒頭にも記述しましたが、彼女がボーカロイドっぽい声だからこそ企画に上がったのかな? という1枚。確かに似合いはするのですが、内容はよくないです。

YouTubeでの視聴トレーラーのコメントを見ると肯定的なコメントが多いですが、本音と言うより、よくある声優ファンの悪い面が見えた気がしました。

声優さんのラジオを聞いていると多いのですが、とりあえずなんでも褒める形。涙が出た、感動した、最高ですみたいに等、より付加価値を付けて大げさに…。

けなす必要はもちろんないのですが、内容以上に評価するのはよろしくないかなと。褒められる方は悪い気はしないし、これでいいんだと勘違いしちゃいます。

全てとは言わずとも今回の内容のようなリミックスが出てきた時や、実験的とアーティストが発言している時は、十中八九は迷走をしている時なので…。

かつてビジュアル系が衰退したのは、正にこれ! 見た目がナチュラルで、過度に音がポップになっていくのを良いよ! といいつつ、実際は離れていくという。

加えてカバーで唯一のリミックスではない、「メルティランドナイトメア」。これを聞くと、彼女が表現したいのはリミックスとは異なるように感じました。

加えて今作は単純にリミックス・アルバムというより、22年3月30日に1枚目のフルアルバム控えているからこそ、前哨戦のような意味合いが強いかも…。

それでもビジュアルも良く面白い存在だけに、この無駄な寄り道はいらんかなと。フルアルバムが彼女の本筋だと思いますので、盛り返しを期待しています。

 

以上、『工藤晴香:KDHRemix ~ぐるぐると迷い込んだ迷宮~』でした。



Amazon【工藤晴香】関連商品

工藤晴香 関連記事

2020/3/25 release 1st Mini Album
工藤晴香:KDHR ~あなたに私が歌う理由を聞いて感じてほしい~

2020/10/7 release 2nd Mini Album
工藤晴香:POWER CHORD ~これが私ならではの濁りがない音~

2021/7/7 release 1st Single
工藤晴香:Under the Sun ~ここに生まれ落ちたのだから~

2022/1/26 release Remix Album
工藤晴香:KDHRemix ~ぐるぐると迷い込んだ迷宮~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Roselia (ロゼリア)

相羽あいな (あいば あいな)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント